みんなの広場

九電本店前ひろば・青柳通信(2015年10月号)

1日2日3日4日5日6日7日8日9日10日
11日12日13日14日15日16日17日18日19日20日
21日22日23日24日25日26日27日28日29日30日
31日

戻る

青柳行信です。10月31日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1655目報告☆

呼びかけ人賛同者10月30日合計4020名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています

★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまです。
来んしゃい金曜 脱原発 今回で 173回です。
使用済み核燃料のこと、運転時に排出されるトリチウムの被害、
事故の際の避難のこと、 心配なことが沢山あります。
人の命と健康を蝕む発電システムは使用すべきではありません。
あんくるトム工房
来んしゃい金曜 脱原発  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3681
辺野古の工事    http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3682

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆「何人も自己の事件を裁けない」 ローマ法以来の確言も無視
      (左門 2015・10・31-1191)
※「防衛省の申請を同じ内閣の国交相が審査する」などまさに、
違法行為以外の何ものでもない」(志位共産党委員長、赤旗、
10・30)で明言して糾弾。オール沖縄の願いがどうであれ、多く
の国民がどうであれ、アメリカの良識がどうであれ、戦争をして武
器が売れると儲かる伏魔殿の御託宣にのみ忠実である。この事
を隣から隣へ伝えて、まっとうな国民世論で追い詰めましょう!

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 青柳さんが今年の5月に、大牟田で講演された記
録を読みました。とても感銘を受けた一つに、
「再稼働は始まるかもしれませんけれど、それほどの危
機感は持っていないのです。敗北感をもつ必要はない。
我々は勝利していると思っていますよ」
という件があります。本当にそうだと思います。
「我々は勝利している」けれども、安倍内閣や九州電力
が、権力を使って足掻き続けているだけだと思います。
ですから、私も危機感は全くなく、彼らをどうやってやっ
つけるのか、淡々と闘いを日々楽しむことができているの
だと思います。将に、元気の出る名言です。

☆ 万歳!と ホークス祝う 我はまた 
    両拳を天へと 原発許さじ!  

★ 福岡市の福島久子 さんから:
(川柳)
 ☆ 猫人気アメリカのポチも返上だ

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<後藤政志先生が水蒸気爆発の論文を公開>を報告します。
全文内容はこちらへ⇒ http://tinyurl.com/naqlso5

『論文公開 『科学』2015年9月号掲載、岩波書店許諾 高島武雄 後藤政志「原子炉
格納容器内の水蒸気爆発の危険性」以下URLよりPDFをダウンロード可能です。ぜひ読
んでください。
https://drive.google.com/file/d/0B78Zj1ROeNA-aGpPMlNyV0p5WkE/view?usp=sharing

★ 田中一郎 さんから: 
10.29集会 当日の録画・記録
(1)20151029 UPLAN「避難の権利」を求める全国避難者の会設立記念集会 -YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=yZuDg1xD3c4

(2)「避難の権利」を求める全国避難者の会設立集会 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=-CdNIw4wTRE

★ 舩津康幸 さんから: 
10月30日夕方の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号37.まで)
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/p3ga6tg
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

現時点で検索できた記事を紹介します。(10.30.18:41)
きょうは、「原発避難者が全国組織結成」という記事を冒頭に紹介します。
その後、川内(せんだい)原発、九電とつづけます。伊方関連の記事も続いています。(8.と12.の記事)
下方に、「(宮城県)<汚染牧草>処理めど立たず「希望の牧場」に」という見出しもあります。(32。の記事)

それでは、先ず、この記事からはじめます。
1.◎◎●「原発避難者が全国組織結成 支援継続求める」朝日デジタル2015年10月30日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12041981.html?rm=150
全文「東京電力福島第一原発事故で福島県や近隣から各地に避難した個人や、避難先で支援団体などを組織した約130人が29日、東京に集まり、初の全国横断組織「『避難の権
利』を求める全国避難者の会」を結成した。
政府は帰還困難区域を除く避難指示区域について、2017年3月までに避難指示を解除する方針。福島県も同じ時期に、避難指示区域以外からの自主避難者への住宅無償支援を打
ち切る構えだ。避難者の会は、避難指示区域からの避難者とも協力し、国や自治体に支援策の継続や、東電に賠償継続などを求めていく。
共同代表に選ばれた、介護サービス業の中手聖一さん(54)は、福島市から家族で札幌市に自主的に避難している。中手さんは「低線量でもリスクはある。特に支援の薄い自主避
難者は貧困か帰還しての被曝(ひばく)生活の二者択一を迫られる」と話す。連絡先は中手さんの携帯電話(080・1678・5562)へ。」

川内(せんだい)原発関連、
2.●●●「川内原発2号機出力100%、11月1日フル稼働」読売新聞2015年10月30日
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20151030-OYS1T50049.html「九州電力は30日、再稼働した川内(せんだい)原子力発電所2号機(鹿児島県薩摩川内市、出力89万キロ・
ワット)の出力が100%に達したと発表した。11月1日に原子炉の最大能力で運転するフル稼働に移り、中旬に営業運転に入る計画だ。?
・川内2号機は10月15日に再稼働し、21日に発電と送電を開始。その後、段階的に出力を高めていた。30日は午前9時半に95%から上げはじめ、同11時25分、
100%に到達した。出力は100%超の運転が認められており、九電はその後も出力を上げ、原子炉の能力を最大限に引き出す。
・フル稼働後も、原子力規制委員会が原子炉の状態を検査する。九電は11月中旬に最後の検査を受けて合格し、営業運転に移行することを目指している。2号機が営業運転に入れ
ば、原発の新たな規制基準の下では川内1号機に続き2基目となる。」

3.●●●「重大事故想定し避難訓練 川内原発直近の中学校で」西日本電子版2015年10月30日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/73823/1/

9.(北海道)「小泉・細川両元首相、函館で大間原発建設中止訴え」TBS系(JNN)?10月30日(金)6時42分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20151030-00000013-jnn-soci

海外、
33.「ドイツが挑む「脱原発」とエネルギー革命」ナショナル ジオグラフィック日本版10月30日(金)10時21分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151030-00010002-nknatiogeo-sctch
長い記事「ドイツは今、「エネルギーベンデ」と呼ばれるエネルギー政策の大転換に取り組んでいる。気候変動による惨事を回避するには、すべての国がいずれはこうしたエネル
ギー革命に取り組まなければならないというのが、科学者たちの見方だ。
世界の工業大国の先陣を切り、大転換に着手したドイツでは、発電量に占める風力・太陽光など再生可能エネルギーの割合が急増。2014年には、10年前の3倍に当たる約27%に達し
た。・・・・・」(以下は検索してどうぞ)

35.「<小出裕章さんに聞く>改訂された廃炉工程表は本当に実現可能か」アジアプレス・ネットワーク10月30日(金)10時38分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151030-00010000-asiap-soci

37.「原爆症認める判決 原告が控訴断念を申し入れ」NHK10月30日 13時26分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151030/k10010288201000.html

★ たんぽぽ舎 さんから:
全文内容はこちらへ⇒ http://tinyurl.com/o84njp2
2015年10月30日(金)地震と原発事故情報-3つの情報をお知らせします

1.許すな!避難解除=帰還促進、賠償金を打ち切り、
   20ミリシーベルトを強制する棄民政策
   11/4東京電力本店合同抗議にご参加を!
      呼びかけ:「経産省前テントひろば」、「たんぽぽ舎」
2.脱原発の国民的意志の表明は、原発がある限り止むことはない
   東京高裁不当判決に対する「経産省前テントひろば」の声明
3.新聞より3つ

★ 前田 朗 さんから: 
静岡の笹沼弘志さんが、「意見書:沖縄県知事による辺野古埋め立て承認取消処
分に対する国土交通大臣の執行停 止決定について」をブログにアップしました。
http://sansabri.at.webry.info/201510/article_1.html

★ 札幌の小林 さんから: 
沖縄に行っている女性からの報告をお伝えします。
(日記メモ)
今朝は機動隊のバス20台の中、更に激しさをます。最前列のおばあがチェアごと、抜かれる。
椅子をつかんむ私の指が折れそうな攻防が何度かあり、とうとう持っていかれた。
次は私。呆気なく抜かれる。どうして涙が出るんだろう。悔しい!機動隊20台には無力なんだろうか?
昨日より、こちら側の人数は増えているが。
抜かれた後も押し戻しがあり、左手首の少し上をフェンスに押し付けられ、打撲。腫れてきたが、湿布を貼ったら治ると思う。
一人機動隊に喉仏を絞められた、とかで、今、救急車が来た。一緒で失神させる技を使うらしい。
横にいた若い女性が声をかけてくれ、冷たいペットボトルを渡してくれた。
ありがたい!その後も、車両の下に潜り込んだり、車両前に飛び出したり、
テレビで見るこうえいが今、目の前で展開されている。

【今こそ辺野古現地の運動を孤立させない圧倒的な全国規模の辺野古連帯行動を本土・全国・全世界で展開しよう!】
全国で辺野古反対行動 来月中旬、シールズが計画
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-162988.html

----集会等のお知らせ------

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
日時:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
場所: 福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
案内チラシ http://tinyurl.com/q8by28h

●「さよなら原発!福岡」例会 ●
11月10日(火)18時30分~
福岡市人権啓発センター
福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第15回口頭弁論期日12月18日金)午後2時 佐賀地裁
 原告総数 9944名 (10/30日現在)
HP: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」●  
10.6 九州電力本店との交渉経過報告
全文内容・写真付 http://tinyurl.com/pw6q6nj HP:
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
新チラシ http://tinyurl.com/nf3xg6a

●原発いらない!九州実行委員会●
HP: http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」P●
HP: http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>
    ----テント紹介・原発チラシ配布出来る方ご協力!----

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************



戻る

青柳行信です。10月30日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1654目報告☆

呼びかけ人賛同者10月29日合計4020名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】10月29日1名。
高木孝子
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまです。
辺野古の件、政府は ごり押しですね。
原発も ごり押し。 戦争法もごり押し。
これはもう、ファシズム。それ以外の何物でもありません。
佐賀空港の自衛隊利用の話しも異常です。まるで 日本全体を米軍の基地にするよう
です。
話しは変わりますが、ソフトバンクが優勝しました。
おめでとうございます。
あんくるトム工房
ソフトバンク優勝  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3680

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆アメリカにアピールをするためなのだ 埋め立て強行の琉球処分は
☆比嘉元市長やはり「間違っていた」のです 現にレイプが進行中です
      (左門 2015・10・30-1190)
※①《辺野古着工 米にアピール グアムで菅長官 翁長知事「強行
に憤り」》(朝日、本日)。第一回目は仲井真弘多前知事が「琉球自己
処分」をした裏切り行為に便乗して、今回はアベ政権の琉球処分だ。
②97年に移設を容認した、貴方の行為を追認してもらったかのよう
に語っておられますが、日米両政府による、この強姦行為を招いた事
をどうして肯定できますか?。最後にあなたが「本当に沖縄でなければ
いかんのかと思うと時もあるよ」と呟かれたそうですが、「この時」を逃
がさず「呟き」を「思索」に深め、翁長知事の思想に到達すべきです。
今からでも遅くはない!!!

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
細かい数値を並べてきましたが、これらの数値を使って、次の
項目の計算などができます。

 ・水素分子1個が燃焼する熱エネルギー
 ・ウラン原子核1個が分裂した時の放出エネルギー
 ・核分裂エネルギーは、水素分子の熱エネルギーの数十億倍
 ・玄海原発の1基の電力量に必要な、ウランやプルトニウム
  などの必要量
 ・ナガサキ型の原爆の材料であるプルトニウムの必然的な発
  生とその量

 これらの計算を、九州玄海訴訟原告「ちくしの会」の例会で、
2回にわたって行いました。この学習によって、原発の事故が
起こらないでも、その膨大なエネルギーによる想像を超える破
壊力の発生と、発電所内外に常時放射線が拡散される必然性、
処理の見通しが不可能な廃棄物の蓄積などが浮かび上がり、人
類と共存できない核発電の凶暴性が理解できます。近いうちに、
これらのテキストが詳しく見れるように工夫したいと思います。  

★ 福岡市の福島久子 さんから:
(川柳)
 ☆ はしゃぎ過ぎ! 戦闘機にまで乗るソーリ
m
★ 舩津康幸 さんから: 
10月29日夕方の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号29.まで)
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/odszlzf
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

現時点で検索できた記事を紹介します。(10.29.18:23)
きょうも、被曝労働や原発被害地域での放射線被曝関連の記事が複数あります。(13.14.15.)
先ず、九州関連の記事からはじめます。

1.「九電労組、賞与要求見送り 今冬、黒字でも実現困難」【共同通信】2015/10/29 11:58
http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015102901000988.html

1’.「<九州電力>労組 ボーナス支給要求を3年連続で見送る方針」毎日新聞?10月29日(木)12時24分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151029-00000043-mai-bus_all

1”.「九電労組 「生活支援金」増額を要求へ」西日本電子版2015年10月29日 12時20分 更新
http://qbiz.jp/article/73783/1/

過去にこのような記事がありました、
1”’.「(今日の記者モノ)九電が「賞与」を出さぬワケ」西日本電子版2014年03月18日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/33892/1/

九州の電力、
2.(熊本県)「再生エネ 地産地消目指す 熊本の地場10社 南関に太陽光発電所」西日本電子版2015年10月28日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/73071/1/

原発立地・周辺地域、
3.(北海道)「小泉、細川氏が函館訪問 大間原発訴訟で市長と懇談」共同通信2015/10/29 13:40
http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015102901001143.html

<中略>
被曝労働、
13.●●●「「被曝労災認定第1号」で見えたフクシマの真実〈週刊朝日〉dot.?10月29日(木)7時10分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151029-00000001-sasahi-soci

原発事故被害地域、
14.●●●「男子90倍以上の甲状腺がん発生を見ぬふりの環境省-知見はいつまで積み重ねるのか?」まさのあつこ(ジャーナリスト)? 2015年10月29日 5時24分配信
http://bylines.news.yahoo.co.jp/masanoatsuko/20151029-00050922/
<後略>

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<九州に大手新電力会社あらわる>を報告します。

今日の青柳通信で舩津康幸さんから「西部ガス、30日に電力小売り登録申請 既存
顧客にセット販売」西日本電子版2015年10月29日」とお知らせしていただいておりま
したが、毎日新聞の26面にも「西部ガス:一般家庭向け電気販売、30日に申請
へ、西部ガスは28日、2016年4月の電力小売り全面自由化に合わせ、一般家庭
向けに電気の販売を始めると正式に発表した。30日に事業者登録を経済産業省へ申
請する予定。」の記事が掲載されています。

http://mainichi.jp/select/news/20151029k0000m020042000c.html

西部ガスは、2015年01月19日のスマートジャパンでも「北九州に160万kWの天然ガス
発電所、2020年から順次運転開始へ。九州の北部を中心に事業を展開する西部ガスが
大規模な火力発電所の建設計画を着々と進めている。最新のコンバインドサイクル発
電方式を採用して、4基で160万kWの電力を供給する予定だ。隣接地にLNG基地と太陽
光発電所が稼働中で、電力とガスを合わせたエネルギーの拠点を拡大する。」

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1501/19/news025.html

と報道されているように、北九州市の響灘に川内原発2基分のLNGのガスコンバイ
ンド発電所の建設を計画しています。今はまだ西部ガスは自社の発電所の発電能力は
僅かしか所有していませんが、そのうちに大容量の発電能力を持つように成ると思わ
れます。響灘沖には各社により大容量の洋上風力発電所の建設が計画されており、こ
れからの日本将来のエネルギー問題を考えると、大容量の洋上風力発電所の建設が必
要ですが洋上風力発電所は風の吹き具合によって発電量にむらができるので、バック
アップ電源として、LNGのガスコンバインド発電所は必要と思われます。現在再稼
働が始まっている川内原発の原子力発電所は過酷事故の発生により、西日本が壊滅す
る可能性が有るわけですから、家庭用の電気代が高いか安いかの判断だけでは無く、
原発の再稼働をなくする電力の選択が必要ではないかと思われます。

★ たんぽぽ舎 さんから:
全文内容はこちらへ⇒ http://tinyurl.com/qcvdesd
【TMM:No2625】
2015年10月29日(木)地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします
                                転送歓迎
━━━━━━━
★1.金曜官邸前・国会前に通う鳥居さんからのお手紙、小高地区のボランティアにて。
   福島とこの官邸前を結ぶ人、のお一人。
     10月23日第169回金曜官邸前・国会前抗議行動の報告
             にしざきやよい(たんぽぽ舎ボランティア)
★2.テント日誌10月28日(水)経産省前テントひろば1509日
  10月26日(判決当日)の様子から  (I・K)
★3.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
 ◆自主避難者を切り捨てることは「正義」を切り捨てること
             (連続学習会第4回)10月31日(土)
★4.新聞より3つ
 ◆ 伊方原発再稼働 審査、避難…まだ多難 (10月27日産経新聞より抜粋)
 ◆核と人類 パグウォッシュ会議を前に 抑止より脅威を語ろう
                  (10月29日東京新聞「社説」より)
 ◆ 伊方原子炉停止間に合わぬ恐れ
   高知大岡村教授地震リスク指摘 大洲で講演会
(10月19日愛媛新聞より抜粋)

★ 大沢明 さんから: 
・暗黒裁判がありました!
アメリカと一緒で、「ファシズム国家」に、向かっているようです。安倍政権は、法を無視した「警察国家」を、目指しているのでしょう。
九電前のテント(ひろば)も注意が必要に思います。今後、さらに国民無視の政策が実行されて行くように思います。(ご報告)
脱原発テント裁判
http://tanakaryusaku.jp/2015/10/00012276

ーーーーーーーーー
>権力者が何でもできる国になりました。
>独裁に抗するには真実を明らかにしていく他ありません。
(尤もな意見です!)

判決理由待ち続け1時間半、あげくにゴボウ抜き、この国は本当に法治国家なのか? 裁判長が判決理由を述べなかったため、控訴人、弁護士、傍聴者が「判決理由を聞きたい」と待
ち続けたところ、1時間30分後に強制排除となったのである。
 国が経産省前の脱原発テントの代表に対してテントの撤去と損害賠償請求を求めていた控訴審の判決が、きょう午後、東京高裁であった。
 一審判決は国の訴えを認めテントの撤去と損害賠償3,200万円の支払いを命じていた。被告のテント代表らは判決を不服として控訴していた。
 東京高裁で最大規模の102号法廷(98席)は傍聴者で満席となった。高野伸裁判長は「控訴を棄却する」と判決主文だけを告げると そそくさ と引き揚げて行った。わずか3秒だ。
ーーーーーーー
・こちらでも告発しています。
http://www.labornetjp.org/news/2015/1026shasin

国民の「抵抗権」を無視する裁判所~テント裁判、控訴審で不当判決
      佐々木有美
 地下鉄桜田門の駅を降りて裁判所に向うと、機動隊の装甲車が2台、ものものしく停まっている。その他にも警察車両が4台、その先には、私服警官が30人以上、多数の制服警官が
たむろしていた。10月26日、経産省前テントひろば裁判の控訴審判決の日の情景だ。
↓手前の背広はすべて私服警官
 裁判所の前には200人を超える支援者が集まっていた。福島県双葉町の亀屋幸子さん(写真上)は、「テントがなかったら立ち直れなかった。私の第一の故郷は双葉町、第二の故郷
はテントひろばだ。故郷をなくさないでほしい」と渾身の訴えをした。

★ 安間 武 さんから: 
-------------------------
 集会・アクション
-------------------------
■ デモ抗議開催情報まとめ (戦争・安倍政治等)【2015年10月28日 更新】
http://www57.atwiki.jp/demoinfo/

■ 日本全国デモ情報 (マガジン9)【2015年10月27日 更新】
http://www.magazine9.jp/demoinfo/

-----------
■ 沖縄
----------
◆【号外】辺野古、本体工事に着手
(琉球新報 2015年10月29日)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-162425.html

◆「植民地扱いだ」政権に怒りと反発 辺野古埋め立て着手
(朝日新聞 2015年10月28日)
http://www.asahi.com/articles/ASHBW5TW0HBWTIPE022.html

◆辺野古移設 政府のやり方強引すぎる
(西日本新聞 2015年10月28日)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syasetu/article/203803

◆辺野古環境監視委 運営を別業者に委託へ
(沖縄タイムス 2015年10月29日)
https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=139166

◆辺野古移設:振興費直接支出へ 菅氏、3区長と懇談
(毎日新聞 2015年10月26日)
http://mainichi.jp/select/news/20151027k0000m010106000c.html

----------
■ 原発
----------
◆高浜原発再稼働方針受け福井県は 「安全の最終確認を行う」と関電へ
(福井新聞 2015年10月29日)
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/82552.html

◆海側の遮水壁完成 福島第1汚染水対策 開口部閉じる 東電が発表
(しんぶん赤旗 2015年10月27日)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-10-27/2015102715_02_1.html

◆社説:伊方原発再稼働へ 既成事実化は許されぬ
(秋田魁新報 2015年10月28日)
http://www.sakigake.jp/p/akita/editorial.jsp?kc=20151028az

◆伊方原発 佐田岬半島の先端側の住民避難が課題
(NHK News 2015年10月26日)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151026/k10010282811000.html

◆大分の不安置き去り  伊方再稼働同意
(大分合同新聞 2015年10月26日)
http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2015/10/26/131959827
----集会等のお知らせ------

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
日時:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
場所: 福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
案内チラシ http://tinyurl.com/q8by28h

●「さよなら原発!福岡」例会 ●
11月10日(火)18時30分~
福岡市人権啓発センター
福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第15回口頭弁論期日12月18日金)午後2時 佐賀地裁
 原告総数 9920名 (10/22日現在)
HP: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」●  
10.6 九州電力本店との交渉経過報告
全文内容・写真付 http://tinyurl.com/pw6q6nj HP:
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
新チラシ http://tinyurl.com/nf3xg6a

●原発いらない!九州実行委員会●
HP: http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」P●
HP: http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>
    ----テント紹介・原発チラシ配布出来る方ご協力!----

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月29日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1653目報告☆

呼びかけ人賛同者10月28日合計4019名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさま
28日のNHKためしてガッテンの長寿ホルモンについての番組は
興味深いものでした。身体を動かすこと、特に下腹に力を入れて
腹筋を鍛えること、肩甲骨の周りをよく動かすことなどでした。
まさに、九電前のテントを設営したり、片づけたりする作業は、長寿ホルモンの
分泌を促すものですね。
道理で、この数年 大きな風邪を引いたこともありません。
 沖縄についての政府の横暴は目に余るものがあります。
怒りを持って、安倍内閣を打倒しましょう。
あんくるトム工房
沖縄に見る国の無法ぶり  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3679

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆規制委に「運転できる状況でない」と引導渡されし「もんじゅ」の末路
☆ためらはず廃炉の道を急ぐべし 「文殊の智慧」を総動員して
☆法律をゲームの如くもてあそび辺野古を埋めると植民地根性
☆偏差値の高き者らの六法ゲーム 知のみ走りて情も意もなく
☆学生と学者のシンポ盛んなり 首相が国外逃亡の間も
      (左門 2015・10・29-1189)
※「一首」では収まりきれない多事多端なので5首を・・・・。①本来の
「文殊菩薩」に登場ねがいましょう!。②法律を私利私欲のために駆
使する悪知恵の輩。真実の「情」と正義のための「意地」が今こそ緊要。
「時間が経てばわすれる」という姑息な根性の首相の思惑は大外れ!
「アベ政治許さない」の「シンポ」は階層も思想も広まり・深まり進歩中!

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 今朝は、近くのJR駅頭で、元気な声で「おはようございます、
戦争法の廃止のために、連合政府を創りましょう」と、何百人か
に訴えながらビラを渡しました。寒い朝でしたが、汗がでました。
 さて、核分裂によるエネルギーが、どれほど凄いことか証明す
るために、あのフクシマの水素爆発から話を進めます。
 2011年3月12日午後3時36分、福島第一原発1号機で水素大爆発
が起こりました。水素ガスは、私たちの日常生活など、様々な分野
で応用・利用されています。中学校の理科の授業で、「水素ガスを
1モルを燃焼させると、286(kj)の熱が発生する」と……。

 ☆  原発は 大量水素の 発生源 大爆発の 確率大なり

★ 福岡市の福島久子 さんから:
(川柳)
 ☆ 一億と言い国民を震えさせ

政治家の言う「丁寧」って「雑」のこと?  に呼応して
綾子さんから来た川柳
 ☆ アベの言う「平和」とは「戦争」のこと

★ 熊川果穂(西南学院大学法学部) さんから:
来月11/1(日)に西南学院大にて、
小熊英二さんの初監督作品である「首相官邸の前で」の上映会+トークシェアを行います。
皆さまのご参加よろしくお願い致します。
PDF版のフライヤー http://tinyurl.com/oo64cy2

*「首相官邸の前で」福岡上映会詳細*
日時:11月1日(日)17:00開場、17:20上映開始(上映後トークシェアあり)
場所:西南学院大学2号館3階304教室
料金:一般700円、学生以下無料
ゲスト:中沢けい(法政大教授/作家)
※当日は中沢さんの著作「ヘイトスピーチ・ダイアローグ」の物販もあります。

★ 舩津康幸 さんから: 
10月29日朝の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号52.で)
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/pc53up5
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

おはようございます。
現時点で検索できた記事を紹介します。(10.29.5:57)
原発事故被害地域での「子供がセシウムを吸い込む”被ばく”イベントが福島で決行された!」という記事(30.)は是非お読みください。

1.「九電、上半期販売電力が2年連続マイナス」西日本電子版2015年10月29日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/73739/1/

九州の関連記事2つ、
2.(九州)「西部ガス、30日に電力小売り登録申請 既存顧客にセット販売」西日本電子版2015年10月29日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/73741/1/

3.(九州)「電力参入でTポイントと提携 ナンワエナジー、九州初」西日本電子版2015年10月29日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/73740/1/

原子力ムラの完全復活の様相です、
4.●●●「原子力規制委、電力トップとの意見交換継続へ」西日本電子版2015年10月29日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/73754/1/
<後略>

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<愛媛県伊方原子力安全専門部会は過酷事故対策問題を殆ど検討していない>を報告します。

原子力規制委員会による7月15日の伊方原発の原子炉設置変更許可後、愛媛県伊方
原子力安全専門部会が何回か開かれていますが、過酷事故対策問題を検討しているの
は7月22日と8月12日の原子力安全専門部会の2回のようです。愛媛県伊方原子
力安全専門部会は、地震対策問題については非常に熱心に検討を行っていますが、そ
の検討内容は私には専門外なので、あまり良く理解できません。しかし、コアキャッ
チャーの設計などは私の専門なので、過酷事故対策問題は良く分かります。

7月22日愛媛県伊方原子力安全専門部会議事録

http://www.ensc.jp/pc/user/HOUDOU/h27/o270722/gengiji.pdf

吉川榮和京都大学名誉教授委員はこの日は欠席されていますが、過酷事故対策問題の
質問が7項目出ており、それに対する杜撰(ずさん)な回答で、この日の審議は終了
しています。奈良林直北海道大学大学院工学研究科教授は原子力規制庁の担当官に助
け舟を出すだけで、問題の追及は行っていません。ただ、奈良林委員の助け舟のよう
な質問に対して、19ページに「キャビティに水を張りに行きますと、キャビティ水
位はある程度なければいけませんが、今度はキャビティ水位が高すぎると水素爆発が
起こるというのが当然でてきますので、そのうらはらの関係なのかなと思ってまし
て、我々が審査の中でどこまでみたかということについて、確認をさせてください。
いまの記憶ですとちょっと自信がないということでありますので、間違えたことをご
説明できないと思いますので確認させてください。」とあるのは水蒸気爆発の事で水
素爆発は誤りと思います。これは、議事録の書き間違いかも分かりませんが、原子力
規制庁の担当官は伊方原発のパブリックコメントの回答では、論旨において水蒸気爆
発を水素爆発と論じているので、水蒸気爆発と水素爆発の区別がわかせないと推定さ
れます。

8月12日愛媛県伊方原子力安全専門部会議事録

http://www.ensc.jp/pc/user/HOUDOU/h27/o270812/gengiji.pdf

吉川榮和京都大学名誉教授委員が、「AP1000 の場合ですと原子炉容器の格納、コン
クリートの間のキャビティの部分に水を注水するような仕組みで全部充たすような形
にしております。」と珍しく、「溶融核燃料等の冷却と保持を圧力容器内で行う戦略
(In-Vessel Melt Retention, 略称はIVR)」の専門的な知識を持ち出されて質問さ
れているが、原子力規制庁担当官は「格納容器底部水張りとコアキャッチャーは同
じ」と無知識をさらけ出しています。愛媛県伊方原子力安全専門部会は過酷事故対策
問題を殆ど検討せずに、原子力規制委員会による伊方原発の原子炉設置変更許可を適
正と結論したようです。

★ 細井ティヴィーシャワリン さんから:
 <緊急※本日 朝にもテント強制撤去か>
経産省前テントひろばです。
すでに御承知のように、一昨日、テントひろば裁判の控訴審の不当判決が出され、
本日10月29日13時から記者会見、そのまま14時頃から抗議行動を行う予定ですが、
下記の通り、昨日、撤去執行許可が発令されました。
夜間や白昼は避けると思われますが、あまりに強引かつ性急さ、手回しのよさから最悪の場合、
本日にも強行が危惧されます。

万が一の際はシャワリンTV(※28夜から30金朝まで、とりあえず)
http://twitcasting.tv/showering00/
等で緊急生中継を致します。
また可能な方は明日以降、できるだけテントひろばにお集まり頂き、
中継、撮影などなど、ご協力、宜しくお願い致します。

★ 味岡修 さんから:
全文内容はこちらへ⇒ http://tinyurl.com/o24tph4
経産省前テントひろば1508日 テント日誌10月27日(火)
テントの闘いは続く、やはり1500日通過点である
脱原発を実現するためには「勝った、負けたに一喜一憂しないこと。しぶとく、粘り強く、多方面を向いた運動を続けることが必要」(河合弁護士)。「テントは組織ではないか
ら、疲れたときには休むことも。これからも楽しくがんばって行こう」(渕上さん)。26日のテント裁判報告会で、弁護団長の河合さんと、被告の一人とされた渕上さんは、こう話
した。

この日、東京高裁は、原告経産省側の主張を全面的に認め、テント側の主張をことごとく退け、控訴棄却という厳しい判決を下した。テント撤去仮執行(一審判決)も生きている。
これから、弁護団からの仮執行停止申し立てがどう扱われるか、最高裁への上告審がどうなるか、とても楽観できる状況でない。しかし、「世界を見渡せば、『反原発』は必ず勝
つ」(河合団長)。だから「あと10年長生きして、原発が無くなる世の中を見たい」と、もうひとりの「被告」正清さんは、報告会で言った

「高裁判決を受けて」経産省前テントひろば記者会見
日時:2015年10月29日(木)13時~14時
場所:経産省前テントひろば(東京都千代田区霞が関1-3-1、070-5062-4196)
主催:経産省前テントひろば(Blog:http://tentohiroba.tumblr.com/)
発言予定:(敬称略)
鎌田慧(ルポライター、テント応援団)
内藤光博(専修大学教授・憲法学)
テント弁護団:宇都宮健児、大口昭彦
経産省前テントひろば:淵上太郎、正清太一、他
問合せ:木村雅英(080-5062-4196、kimura-m@ba2.so-net.ne.jp)

★ たんぽぽ舎 さんから:
全文内容はこちらへ⇒ http://tinyurl.com/pnt3d48
【TMM:No2624】
2015年10月28日(水)地震と原発事故情報-3つの情報をお知らせします
                           転送歓迎
━━━━━━━
1.テント日誌10月26日(月) 経産省前テントひろば1507日
   「経産省前テントひろば」設置は福島第一原発事故に対する無責任な
   対応と原発再稼働を進める国・経産省への抗議と異議申し立てだ
   『本件控訴をいずれも棄却する』これが本日の判決である
                         三上 治
2.追伸
   10月24日発信【TMM:No2621】
   ★1.六ヶ所再処理工場が急には動かぬ事情
                  山田清彦 (青森県三沢市)
3.新聞より4つ

★ 色平哲郎 さんから: 
「私たちはいま、権力の暴走を目の前で見せ付けられるという歴史的瞬間のただ中にある」
http://www.kanaloco.jp/article/127964
「時代の正体」批判について(5)

★ 梶原 さんから: 
おはようございます。
ブログの更新記事の紹介です。
◆「格差問題」と「格差の消滅」
http://ameblo.jp/46493236/entry-12089017884.html
◆「人権問題」と「人権の尊重」
http://ameblo.jp/46493236/entry-12089376461.html
ほとのどの社会問題は同じ根っ子で繋がっています。
換言すれば、これらは同時併行的に解決されていくということでもあるのです。

----集会等のお知らせ------

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
日時:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
場所: 福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
案内チラシ http://tinyurl.com/q8by28h

●「さよなら原発!福岡」例会 ●
11月10日(火)18時30分~
福岡市人権啓発センター
福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第15回口頭弁論期日12月18日金)午後2時 佐賀地裁
 原告総数 9920名 (10/22日現在)
HP: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」●  
10.6 九州電力本店との交渉経過報告
全文内容・写真付 http://tinyurl.com/pw6q6nj HP:
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
新チラシ http://tinyurl.com/nf3xg6a

●原発いらない!九州実行委員会●
HP: http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」P●
HP: http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>
    ----テント紹介・原発チラシ配布出来る方ご協力!----

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月28日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1652目報告☆

呼びかけ人賛同者10月27日合計4019名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまです。
27日 天神での「女たちは許さない 戦争法」に参加しました。
まだまだ 無関心な方も見受けられます。
若い方にも 危険な戦争法の姿を知ってもらいたいと思いました。
東南アジアにでしゃばる戦争国家アメリカに追随するのは危険なことです。
御用放送NHKの内容にも疑問を覚えます。
あんくるトム工房
でしゃばる戦争国家  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3677
テラ・カフェ・憲法  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3678

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆防衛省と国土省との八百長で 憲法を破る亡国省なり
      (左門 2015・10・28-1188)
※国土交通省・石井大臣=公明党の応援組織・創価学会
の教義の中で重視する「謗法の罪」があります。「仏法を謗
ること、転じて無理なこと」とあります。今回は「憲法に背く」
ことになります。国交省の石井大臣は法に従って出来レー
スを避けるべきでした。このような「無理・無法」をするから、
宮城県議選のように、選挙民から見放されます。民の声を
聞いて応えた共産党は倍増でした。歴史が見えますね!

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
原子核を構成する、陽子の質量 =いろんな風呂に、いっぱいだ
  指数で表すと 1.6726218x10の-27乗(kg)
   同じく   中性子の質量=いろんな四駆に、梨いっぱい。
指数で表すと 1.6749274x10の-27乗(kg)
 ついでに、念のため、電子についても基礎的な数値を記します。
    電子の質量は=悔いは無いんさパニックに
指数で表すと?9.1093829x10の-31乗(kg)
陽子や中性子と比較すると、およそ1800分の1でとても小さい。
電子がもつ電気量(電荷)=イチローはツーワン7回碌々打てず。
指数で表すと1.6021766×10の-19乗(c)←クーロン
このような数値を、語呂合わせで記憶しておくと、とても便利です。

 ☆  電子とは 性はマイナス 電流の子
      イチローはツーワン 7回碌々打てず 

★ 福岡市の福島久子 さんから:
(川柳)
 ☆ 政治家の言う「丁寧」って「雑」のこと?

★ 大沢明 さんから:
青柳行信様
昨日は<九電本店前ひろばテント>お邪魔しました。
原発問題は、すぐに解決するものではありませんよね。
社会問題の中心的課題ですが、戦後日本人の在り方が、問われているようにも思います。
集団的自衛権や戦争法案、特定秘密保護法、沖縄基地問題、TPPと全てが、リンクしています。
社会で起こる政治的諸問題を通して、日本や世界がどのように在るべきなのか?
全ての国民が、普通に話せる良い機会だと思います。
近い内にまた、寄らせていただきます。

人間社会には、やはり根底に「愛と感謝」が必要ですね。
困難な社会情勢の中にあっても、常に喜びを持って、前進していきたいですね。
共に、頑張りましょう。
これからも宜しくご指導、お願い致します。

★ 舩津康幸 さんから: 
10月27日夕方の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号43.で)
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/pgugopy
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

現時点で検索できた記事を紹介します。(10.27.19:42)
きょうも、伊方原発再稼働同意をめぐる記事が多数あります。
●国会も開かないで、金をばらまきに出かけているこの方「カザフスタンの原発建設に協力・・」(36.)という短い速報記事が下方にあります。
●他にも規制委のとんでもない所業(7.)など許せない記事がきょうも多数あります。
それでは、川内(せんだい)原発関連記事からはじめます。

1.「川内原発差し止め即時抗告審 年明け審尋へ」(鹿児島県)」KYT鹿児島読売テレビ10/26 19:32 ※動画有
http://www.kyt-tv.com/nnn/news8726902.html
「川内原発の再稼働に反対する住民12人が、運転の差し止めを求め仮処分を申し立てている即時抗告審は26日、福岡高裁宮崎支部
で、裁判官、九電側、住民側の3者による非公開の協議が行われた。住民側は過去2回の協議で、双方が口頭で主張や意見を述べる審尋を開くよう求めていたが、
●九州電力側は、書面で十分として審尋の必要はないと主張。
◎裁判所は住民側の要望を受け入れ、2016年1月20日に審尋を開くことを決めた。
◎原発なくそう!九州川内訴訟の森雅美弁護団長は、「お互いの意見を聞いてみようという姿勢は示してくれた。裁判所が問題があると認めれば運転は止められるので、手を緩めず
やっていきたい」と述べた。このほか、住民側は2つの補充書を提出し、「九電が用いている手法では、今後起こりうる最大の地震動を算定するには不十分」などと主張した。」

2.「川内原発抗告審、1月に初審尋」産経新聞2015.10.27 07:02更新
全文「九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の周辺住民らが再稼働差し止めを求めた仮処分申し立ての即時抗告審で、裁判所と住民側、九電側による非公開の協議が
26日、福岡高裁宮崎支部(西川知一郎裁判長)であり、抗告審の初審尋が来年1月20日に指定された。住民側の弁護団が明らかにした。」

3.(鹿児島県・薩摩川内市)「ヨウ素剤配布会を来月15日に」NHK鹿児島10月27日09時35分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/5055987201.html?t=1445933263593

九電は、
4.●「鹿児島・川内原発:特定施設設置、九電が年内申請へ」毎日新聞2015年10月27日14時43分 ※有料設定
「九州電力は、川内(せんだい)原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)で、テロ対策として新規制基準で設置が義務づけられている「特定重大事故等対処施設」(特定施設)の設置申請を
年内に原子力規制委員会に提出する・・・・・」

5.●「「伊方方式」判断慎重、川内より厳格なモデルケースに 九電「丁寧な対応は不変」」西日本電子版2015年10月27日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/73570/1/

玄海原発関連、
6.「玄海原発、審査再開へ補正書類 九電が11月提出へ」朝日デジタル2015年10月27日10時58分
http://www.asahi.com/articles/ASHBV4GDRHBVTIPE01D.html

●規制委がとんでもない、再稼働に前のめり、
7.●●●「美浜3号機、審査集中へ=関電は大飯、高浜も要求-規制委」時事通信2015/10/27-18:06
全文「原子力規制委員会は27日、関西電力の八木誠社長と面談し、美浜原発3号機(福井県)の審査に注力する方針を示した。3号機は来年11月までに審査を通過し、40年超
の延長運転認可を得ないと廃炉を迫られる。
・一方、八木社長は「バランス良く効率的な審査をお願いしたい」と繰り返し要請。美浜3号機に加え、来年7月までの審査通過と延長運転の認可を目指している高浜原発1、2号
機(同)や、大飯原発3、4号機(同)も同時並行で審査を進めるよう求めた。」

原発立地・周辺地域、
8.(愛媛県知事)「伊方再稼働同意で中村知事、経産相らと面会2015年10月27日(火)」愛媛新聞
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20151027/news20151027941.html

地元紙では、
9.(愛媛)「原発反対の声、これからも 市民団体」朝日デジタル2015年10月27日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASHBV51YCHBVPFIB00T.html

9’.◎◎(愛媛県)「知事が伊方再稼働同意 将来に禍根を残す拙速な判断だ」愛媛新聞2015年10月27日(火)
http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017201510278970.html

10.【核心】「福島の教訓 置き去り 伊方再稼働 知事同意」東京新聞2015年10月27日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kakushin/list/CK2015102702000131.html
<後略>

★ 上杉英樹(千葉県在住の読者) さんから:
青柳 様
愛媛県知事のリコールは出来ませんでしょうか。

★ 小倉 正(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク) さんから:
10月26日朝にも伊方原発をとめる会のメンバーが集まり、夕方には100人規模
の集会となりました。
 <映像>
朝から愛媛県庁前に抗議行動グリーン市民ネットワーク高知の人たち&伊方原発
をとめる会1
http://twitcasting.tv/togura04/movie/211499452
朝から愛媛県庁前に抗議行動グリーン市民ネットワーク高知の人たち&伊方原発
をとめる会2
http://twitcasting.tv/togura04/movie/211501546
朝から愛媛県庁前に抗議行動グリーン市民ネットワーク高知の人たち3
http://twitcasting.tv/togura04/movie/211503262
朝から愛媛県庁前に抗議行動グリーン市民ネットワーク高知の人たち4
http://twitcasting.tv/togura04/movie/211507085
 この4件でちょうど12時まで続きました。
知事への抗議行動26日夜
http://twitcasting.tv/togura04/movie/211560669

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<九州電力株式会社の託送料金認可審査に対するパブコメを提出>を報告します。

2016年4月1日の家庭用電力の自由化が迫ってきていますが、九州電力の託送供
給等約款認可申請書の内容があまりにも酷いので、黙って見過ごすことは到底できま
せんでした。そこで、10月30日24時が提出期限のパブリックコメントを今日提
出しました。

** 受付番号 201510270000356825

託送供給等約款認可申請書の28ページからの料金の項目において、低圧で供給する
電力料金の積算根拠の説明が全く無く、申請金額のみの表示しかされていない。ま
た、低圧で供給される託送料金は電力料金に占める比率が非常に大きく、また新電力
会社が参入できない九州電力の独占事業であり、現在の低圧で供給される電力と同じ
ように総括原価方式が適用され、新しく認可される託送料金は、積算根拠を示して、
公聴会を開催したのち、決定すべきである。「総合資源エネルギー調査会 基本政策
分科会 電力システム改革小委員会 制度設計ワーキンググループ(第3回)‐配布
資料の事務局提出資料~小売全面自由化に係る詳細制度設計について(2)~平成2
5年10月21日(月)」の33ページに平成24年7月の東京電力の託送供給約定
変更届け出書類等の出典の<託送料金(原価)に含まれる割合>が示されている。ま
た、34ページに九州電力の低圧料金8.27円/kWh、高圧料金3.73円/k
Wh、特別高圧料金1.91円/kWhが説明されている。この資料から、低圧料金
は高圧料金、特別高圧料金に比べて極めて割高で有り、また電力料金に占める比率が
非常に大きい事が分かった。それから<託送料金(原価)に含まれる割合>の中には、
「使用済み燃料再処理費(即発電分)(3.4%)」、「電源開発促進税(12.
6%)が含まれている。本来ならば、これらの原価は原発電力の発電原価に含まれる
べき項目を、原発の発電原価を低く見せるための偽装である。今、横浜市都築区のマ
ンションが傾いた問題で、基礎工事の杭の施工データが偽装されていたことと、その
偽装を見逃した行政の責任が大きな社会問題になっている。

 原発の再稼働を行う為に、これから莫大な金額に増加してくる「使用済み燃料再処
理費(即発電分)や電源開発促進税をこのような偽装を行って、新電力を使用する市
民から吸い取るような申請は許される事では無い。

★ たんぽぽ舎 さんから:
全文内容はこちらへ⇒ http://tinyurl.com/oj4xq5r<
【TMM:No2623】
2015年10月27日(火)地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします
                    転送歓迎
━━━━━━━
1.全国のみなさま
   11月1日の松山大集会で、お会いしましょう
   9/19安全保障関連法案国会での山本太郎議員の叫び-DVD化
     広瀬 隆
2.紹介【なぜ岩手県に原発がないか】
   村長は「村民が望まないことはしない」…結果として田野畑村は
   (原発立地)候補から外れた
     上岡直見〔環境経済研究所(技術士事務所)〕
3.社会の高度化がもたらす犠牲者増の皮肉
   文明の便利さと引き換えに…
   「警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識」コラムその125
      島村英紀(地震学者)
4.新聞より3つ
  ◆「ふるさと奪わないで」「町に活気」
   伊方3号機同意 揺れる住民
   「再稼働考え直せ」県庁前訴え
     (10月26日東京新聞夕刊7面より抜粋)
  ◆被ばくの恐怖  鎌田 慧
    (10月27日東京新聞朝刊29面「本音のコラム」より)
  ◆原発広報施設に四国電マネー 愛媛県、伊方町が設置 揺らぐ中立
   1/3出資■運営の4割寄付
     (10月27日東京新聞朝刊1面より抜粋)

★ 吉田典子 さんから: 
林芙美子著「戦線」を読んでいると、銃後の人達が貪り読んだ気持ちが、わかります。
戦場で拾った夫の妻宛の手紙の全文、兵士の死に際に立ち会った時の事。
この人が書かなければ、肉親は知らぬままになったかもしれない、そんな話が書かれているのです。

砲弾が跳び交う戦場での経験は、書き手が女性だからこそ苦痛や不安に涙を溢した事も、スンナリ書けて通ったのです。
男性だったら見栄もあるから書けない事も、女性ならドシドシ言って構わない訳です。
痛い苦しい不自由だと書いても、それが悪いとは思われなかったから、作品が残ってるのです。

そういう意味では、女性が従軍作家となったのは、十二分に良い事だったと、思います。
女性でなければ、目に留まらない事も、ある訳だし。
本当の事を言えば、男女の別なく跳び交う砲弾も死ぬのも、怖くて当たり前です。

その本音を 「男は言うもんじゃない」
という価値観があるなら、同じ場にいて女性が本音を垂れ流すのは、いい事だと思うのです。

それにしても、打ち上げ花火の音にも身構える化けニャンには、従軍作家だの記者だの看護婦だのは、絶対、無理ニャン!!
だから、化けニャンは戦争しないで問題を解決する方法を、考えます。
例えば、アメリカならば「大草原の小さな家2017」
では、日本なら?

★ 前田 朗 さんから: 
「奇妙なナショナリズム」研究に学ぶ(7)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/10/blog-post_27.html
明戸隆浩「ナショナリズム批判と立場性――『マジョリティとして』と『日本人と
して』の狭間で」山崎望編『奇妙なナショナリズムの時代』

また、下記に加筆しました。

「奇妙なナショナリズム」研究に学ぶ(3)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/10/blog-post_7.html

----集会等のお知らせ------

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
日時:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
場所: 福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
案内チラシ http://tinyurl.com/q8by28h

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第15回口頭弁論期日12月18日金)午後2時 佐賀地裁
 原告総数 9920名 (10/22日現在)
HP: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」●  
10.6 九州電力本店との交渉経過報告
全文内容・写真付 http://tinyurl.com/pw6q6nj HP:
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
新チラシ http://tinyurl.com/nf3xg6a

●原発いらない!九州実行委員会●
HP: http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」P●
HP: http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>
    ----テント紹介・原発チラシ配布出来る方ご協力!----

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月27日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1651目報告☆

呼びかけ人賛同者10月26日合計4019名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまです。
アフガンで 大きな地震がありました。
地震の予知は 今の科学ではできていません。
日本でも 関東や南海トラフで いつ起こるかわからない地震に
不安を抱えたままです。
そんな中で、原発の再稼動に愛媛県知事はGoサインを出したそうです。
まったく無能としか言いようのない知事ですね。
あんくるトム工房
アフガンでもおおきな地震  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3676

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆一方ならず四方に生きる人々の声も聞かずに伊方再稼働
☆地産地消の知恵と努力に目もくれず 地獄の釜を再稼働する
☆生き物を滅ぼすデブリを日夜出して 「安全」と言ふ無神経怖し
☆耳栓で民の声をば遮断して 「天の声」のみ聞くイヤホーン
☆一首では治まり切らぬ一大事 国の破綻の繕い難ければ
      (左門 2015・10・27-1187)
※反対する住民の冷静な声に知事も町長も耳を傾けるべきだが、
原発ムラの要請に屈服しての逃げ口上しか言えない。※地産地
消のエネルギーで原発にも石油にも頼らない地域がでてきている
のに。※知事の任期内では勿論、孫・曾孫たちにツケを丸投げす
る知事や町長は、本当に何を考えているのか?人間性喪失政治
屋だ!※憲法学者も法律家も「憲法違反」と言っているのに防衛
相と国土省との八百長芝居で辺野古工事をやるという???!

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
故人の作家・井上ひさしさんの「難しいことを易しく、易しい
ことを深く、深いことを面白く…」という名言を知っているか
らこそ、ものを書くときこの言葉にいつも悩まされる。貧弱な
感性が怖気させています。
今日は先ず、原子の世界の主な微小な数値を紹介しておきまし
ょう。基礎的な数値ですが、「小さいなあ」と感じてもらうだ
けで結構です。

原子核を構成する、陽子の質量=いろんな風呂に、いっぱいだ
  0.00000000000000000000000000016726218
(kg)
   同じく   中性子の質量=いろんな四駆に、梨いっぱい。
0.00000000000000000000000000016749274 (kg)
 
これらの数値の短歌的、おばせ流覚え方紹介

 ☆ 陽子さん 性はプラスで 質量は 
       いろんな風呂に 一杯だ

 ☆ 中性の 子どもと言えど ひとりまえ 
いろんな四駆に 梨一杯


★ 福岡市の福島久子 さんから:
(川柳)
 ☆ 川柳が趣味なら中谷ゆるく行け

★ 梶原 さんから: 
青柳さん、おはようございます。
ブログは随時更新していましたが、
こちらでメールをするのをしばらく忘れていました。
以下、ブログの更新記事になります。
◆「利権問題」と「利権問題の解決」
http://ameblo.jp/46493236/entry-12088628256.html
普段の仕事に関する利権から、
フリーエネルギーや大麻の台頭にまで関するテーマです。

★ 舩津康幸 さんから: 
おはようございます。

経産省前のテントの裁判の判決を伝える記事です、
●「経産省前の「脱原発テント」、2審も撤去命令」読売新聞?10月26日(月)20時17分配信
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151026-OYT1T50094.html?

●「経産省前“脱原発テント” 2審も撤去命令」日本テレビ系(NNN)?10月26日(月)19時35分配信 ※映像有
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20151026-00000078-nnn-soci

●「二審も撤去命じる=脱原発の経産省前テント―東京高裁」時事通信?10月26日(月)18時19分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015102600688

10月26日夕方の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号35.で)
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/q3qrlp9
現時点で検索できた記事を紹介します。(10.26.19:18)
きょうは、伊方原発再稼働同意をめぐる記事が多数あります。
また、「原発避難の権利確立」に関する記事(2.)、「38%が被ばく1ミリSv以上 福島原発事故時救援者」の記事(12.)など多岐にわたります。
はじめに、政府のとんでもない対応を報じる記事からはじめます。

1.●●●「公募意見の9割が「原発多すぎ」 電源構成で異論「黙殺」」東京新聞2015年10月26日 朝刊 ※グラフ等有
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201510/CK2015102602000124.html

1’.「【核心】廃炉問題「法律順守を」 原発政策矛盾 疑問の声」東京新聞2015年10月26日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kakushin/list/CK2015102602000132.html

2.◎◎「原発避難の権利確立を 全国組織、29日に設立集会」東京新聞2015年10月25日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201510/CK2015102502000113.html

原発立地・周辺地域、
3.「伊方原発3号機再稼働 愛媛県知事が同意 新基準で2例目」東京新聞2015年10月26日 14時07分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015102690140747.html

3’.●●●(愛媛県)「伊方原発:3号機再稼働 愛媛県知事が同意」毎日新聞2015年10月26日11時19分
http://mainichi.jp/select/news/20151026k0000e040133000c.html?fm=mnm

3”.●●●「愛媛知事「絶対安全ではないが」 伊方再稼働へ同意」朝日新聞デジタル?10月26日(月)14時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151026-00000032-asahi-pol

3”’.●●●(愛媛県)「伊方原発:愛媛知事「さらなる安全対策を」四国電力社長に」毎日新聞2015年10月26日11時44分
http://mainichi.jp/select/news/20151026k0000e040160000c.html?fm=mnm

3””.●●●(愛媛県)「<伊方原発>愛媛知事、過酷事故で進退懸けるのは「当然」」毎日新聞?10月26日(月)12時33分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151026-00000035-mai-soci

4.「伊方原発 佐田岬半島の先端側の住民避難が課題」NHK10月26日 18時18分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151026/k10010282811000.html

5.◎「<伊方原発>反原発団体「再稼働反対の県民の声、聞かれず」」毎日新聞?10月26日(月)12時15分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151026-00000034-mai-soci
「四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)について、愛媛県の中村時広知事が26日、再稼働同意を表明したが、松山市の愛媛県庁前では、反原発団体などの約40人が同日午前8時ごろから約1時間半、「中村知事は再稼働を認めるな」などと
声を張り上げた。
・「伊方原発をとめる会」の和田宰(つかさ)・事務局次長(63)=松山市=は「知事は(判断について)『白紙』と言い続けたが、実際には『再稼働に同意しない』という選択肢はなかった」と憤った。「原発さよなら四国ネットワーク」の小
倉正さん(54)=同=は「再稼働に反対する県民の声は聞かれず、内容についての真剣な議論は行われなかった」と悔しさをにじませた。
・高知市を午前5時に出発し駆けつけた「グリーン市民ネットワーク高知」の外京(げきょう)ゆりさん(66)は「伊方原発の再稼働には高知でも反対の声が強い。もし知事が同意しても反対行動を続け、決意を覆したい」と話した。」

6.◎「<伊方原発>死の直前まで「核と人間は共存できない」」毎日新聞10月26日(月)13時47分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151026-00000043-mai-soci
「◇反対運動リーダー・近藤誠さん、死の直前まで信念貫く
愛媛県の中村時広知事が四国電力伊方原発3号機(同県伊方町)の再稼働に同意した26日、県庁前での抗議行動に反対運動のリーダー的存在だった近藤誠さんの姿はなかった。1号機の計画段階から半世紀近く運動に携わったが、今月15日に
68歳で世を去った。近藤さんは死の直前まで「核と人間は共存できない」と訴えていた。
「四電の皆さんを含めて原発のない社会をつくりたい。それしか子孫を守る方法はない」
今月11日、伊方原発前での再稼働反対集会。病床から駆けつけた近藤さんは椅子に座り、向かい合う四電職員に語りかけるようにスピーチをした。この4日後、肝不全で亡くなった。・・・・
・「原発がなくなるまで、声を上げ続けてほしい」。近藤さんは死の1週間前、長年の同志で「八幡浜・原発から子どもを守る女の会」代表の斉間(さいま)淳子さん(72)=愛媛県八幡浜市=を呼び、思いを託した。斉間さんは「無念そうだっ
た」と惜しむ。
・近藤さんの最後のスピーチを聞いた「原発さよなら四国ネットワーク」の大野恭子さん(63)=松山市=は「体力と気力を振り絞った遺言だった。思いを継ぐことに力を尽くしたい」と話した

関連、政府が、
7.●●●「<伊方原発>菅官房長官「知事の理解は極めて重要」」毎日新聞?10月26日(月)12時39分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151026-00000036-mai-pol

対岸の大分県の新聞にも、
8.◎「「命と暮らしに関わる」 反対の市民団体抗議」大分合同新聞10月26日夕刊1面
http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2015/10/26/131836654

8’.◎「大分の不安置き去り  伊方再稼働同意」大分合同新聞10月26日夕刊1面
http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2015/10/26/131959827
「・・・・・・伊方原発から大分県佐賀関半島までは45キロ。事故の規模や風向き次第では大分に放射性物質が飛来する可能性もある。福島を見ても、重大事故が起きれば影響は長期間、広範囲に及ぶことは明らか。同意手続きで蚊帳の外に置か
れた大分など「周辺県」の住民の不安は置き去りのままだ。」
<中略>
34.「福島原発が崩壊した日に生まれた子供と家族の数奇な物語、鳥羽潤が難役に挑む」シネマトゥデイ10月26日(月)1時8分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151026-00000001-flix-movi

35.【社説】「核と人類 パグウォッシュ会議を前に 世界を動かした死の灰」東京新聞2015年10月26日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2015102602000135.html

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<2016年4月からの家庭用電力の自由化について思う事(1)>を報告します。

<家庭用電力費用の主要な構成部分>いま、我が家では電力は九州電力から購入して
いますが、27.8円/kW位になっており、そのうち再エネ賦課金は0.8円/k
Wになっています。再エネ賦課金は税金のようなもので、どこの電力会社から電力を
購入しても同じ金額になると思われます。そして、九州電力からの電力の購入費用は
直接には、27.0円/kW位と思われます。この費用の内主なものは、発電費用
と、送電費用と、電力費徴収費用から構成されると思います。九州電力は今は赤字な
ので、利益費用はあまりかかっていない様に思われます。 発電費用は、それぞれの
発電方式により変わると思いますが、平均をすれば10.0円/kW位と思われま
す。

http://digital.asahi.com/articles/DA3S11573079.html

 送電費用は3.0円/kW位と思われます。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD120CS_S2A610C1TJ0000/

『東電、送電網使用料を10%下げ 新規事業者向け 今秋にも、参入活発化へ託送料
は新規発電事業者の企業向け電気料金のうち、通常2割程度を占める。2008年度以降
は1キロワット時あたり2.25~4.24円だったが、1.99~3.89円に下げる。』

http://www.nuketext.org/yasui_soudenhiyou.html

『東京電力の場合、公開されている2002年度の損益計算書によると、送電費として
4001.76億円、変電費用として2118.17億円かかったことになっています。この年の電
力販売量は2819億kWhですから、単純に計算して送変電費用として1kWhあたり約
2.17円かかっていることになります。』

そうすると家庭用電力費徴収費用は14.0円/kW位と思われます。家庭用電力は
1ケ月の電気購入量が1万円前後で、徴収先数が膨大なので、大変な費用が掛かって
いると思われます。

 今、50kW/h以上の大口契約の電気の購入は電力費徴収費用が著しく安価なの
で、既に自由化がされています。新電力会社は10.0円/kW以下のできるだけ安
価な民間工場自家発電力を買い取り、電力会社に3.0円/kW程度の送電費用を支
払い、安価な電力費徴収費用より売電収入から少しの利益を上げていると思われま
す。

********

しかし、紹介されている竹村英明氏のブログでは、『低圧が9円前後、高圧が4円前
後、特別高圧が2円前後となっています。「低圧が9円前後」、この価格差の原因が
何であるかも、本件申請書からは読み取れません。』とあります。 私の試算『家庭
用電力費徴収費用は14.0円/kW位』は大間違いでした。 低圧が9円前後とい
う電力会社の申請は、来年4月からに予定されている家庭用の電力の自由化があまり
意味のない事になることを審議していることについてのパブコメのようです。どうし
てこれほど大事なパブコメの締め切りがもう直前に迫ってきているのか気が付かな
かったのか、恥ずかしいのですが大急ぎで調べてパブコメを提出したいと考えていま
す。

★ 田中一郎 さんから:
10/26のいろいろ情報(メール転送を含む)=全部重要:(1)経
産前テント裁判判決、(2)小泉純一郎吠える(原発、これ全部ウソだ)、(3)福
島原発事故IAEA報告、(4)許せますか20mSv、(5)イベント情報 他
 いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-2500.html

★ たんぽぽ舎 さんから:
全文内容はこちらへ? http://tinyurl.com/nzwmlmv
【TMM:No2622】
2015年10月26日(月)地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします
                           転送歓迎
━━━━━━━
1.不当判決!残念な判決 糾弾!
   テントを撤去せよと1日2万円なにがしを払え・判決
   今後、最高裁へ上告する 非暴力・不服従で闘う
      柳田 真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)
2.「事故が起きた場合に危険な原発をなぜ、動かすのだ!」
   『放射能から命と国土を守り、平和憲法を守り活かす
   情報発信No.49(10月23日号)』より
     清水 寛(たんぽぽ舎会員)
3.10/29「避難の権利」を求める全国避難者の会
   設立記念集会 つながろう!はじめの一歩
   ~たしかめあおう足跡、そして未来へ~
    宇野朗子 (福島市より京都へ避難中)
4.新聞より2つ
  ◆原発避難 権利確立を 全国組織、29日設立集会
              (10月25日東京新聞30面より)
  ◆10月26日の朝日新聞に意見広告(1頁)が掲載されました。
   見出しと日程の紹介のみにとどめます。
   『3・11のあと日本は、原発ゼロでやってきた。これからも。
    原発は、安全で、一番安く、クリーン。これ、全部うそだ。』
   小泉純一郎講演スケジュール

----集会等のお知らせ------

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
日時:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
場所: 福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
案内チラシ http://tinyurl.com/q8by28h

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第15回口頭弁論期日12月18日金)午後2時 佐賀地裁
 原告総数 9920名 (10/22日現在)
HP: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」●  
10.6 九州電力本店との交渉経過報告
全文内容・写真付 http://tinyurl.com/pw6q6nj HP:
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
新チラシ http://tinyurl.com/nf3xg6a

●原発いらない!九州実行委員会●
HP: http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」P●
HP: http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>
    ----テント紹介・原発チラシ配布出来る方ご協力!----

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月26日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1650目報告☆

呼びかけ人賛同者10月25日合計4019名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
25日は イベントで盛りだくさんでした。
午前中は自治体フォーラムの講演を聞きにいきました。
憲法学者の金子勝さんのお話し。政治を変えるには 統一戦線が必要というお話し。
午後は モンゴルの歌とお話し。夕刻は みんなでデモでした。
あんくるトム工房
みんなでデモ  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3675
統一戦線を組もう  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3674

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆浜矩子『アホノミクスの向う側』と 平和経済学の指南書を出す
      (左門 2015・10・26-1186)
※正式名は『みんなで行こう アホノミクスの向う側――平和の経
済学を目指して 正義と平和が出会う時そこに日本国憲法がある』
という画期的な内容だ。牧師(同志社大卒)として一言補足したい。
副題の言葉は、旧約聖書の詩編85・11)「慈愛と真実が出会い、
正義と平和は口づけし」から取られていると見る。同志社大学教授
の浜さんは、この預言をご存じの上で経済学を築いておられると思
う。かもがわ出版:12月中旬発売が待ち遠しい!同じ題の講演会
は11月28日。6時より、京都アスニー、先着400名。聞きたい!

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 これ書いてるときは、まだ日曜日だ。だから今日はお休みだあ~。
 というのはいい訳で、原子核の小さな小さな陽子や中性子などの
質量はどう表わしたら良いのか? 反対にこれらの膨大な個数や放
 出エネルギーをどう表わしたら良いのか? 

数学で学んだ指数や分数を使っていくと簡単だが、私の原稿をメー
ルに載せて青柳様のテント村に送ると、青柳様はそれをコピペ
して、全国向けに編集し、それをメールで送信する。それをメール
で受け取る4000以上の全国の方々が、様々なパソコンで開く、
メールを開くソフトもいろいろ…。こうして何回もの送信と変換で、
文字が化けて正しく伝わらない。数学の式が一番文字化けしやすい。
これが原稿を書く時の私を苦しめ続けた根本原因だ。
 
 事故が起こらないでも、「原子力発電の凶暴性」を明らかにして、
 根本的に理解できるようにしたい。
今日は、その考察の一日として、 お休み~だ。 

★ 福岡市の福島久子 さんから:
(川柳)
☆ 「アベ政治を許さない!」 が「対案」だ

★ 宮崎 黒木 さんから: 
下記全文はこちらに⇒ http://tinyurl.com/q3tswjw

* 原発避難の権利確立を 全国組織、29日に設立集会
東京新聞 2015年10月25日 朝刊

 東京電力福島第一原発事故の避難者らが「『避難の権利』を求める全国避難者の会」を結成し、二十九日に東京で設立集会を開く。強制避難と自主避難の壁を越え、全国に散ら
ばった避難者のネットワークをつくり、政府や自治体に、避難の権利を保障する立法や支援策を求めていく考えだ。
 
* 原発被ばく労災/安全より効率の実態正せ
神戸新聞 社説 2015/10/25

 東京電力福島第1原発の事故処理に従事し、白血病にかかった作業員の男性が労災と認定された。
 事故対応により、被ばくと作業員の病気に因果関係があるとされて労災が適用されるのは初めてだ。

* フクイチ周辺にだけ発生する“怪しい霧”に“異様な日焼け”が警告するものとは
週プレNEWS 10月25日(日)6時0分配信

福島第一原発事故から4年半――。『週刊プレイボーイ』本誌では当時の総理大臣・菅直人氏とともに、“フクイチ沖1.5km”の海上から見た事故現場の現状をリポートし
たーー。

★ 田中一郎 さんから:
翻弄される福島県:原子力ムラが支配する日本の将来の姿は今の福島県だ=損害
賠償・補償の踏み倒しや不当な減額を許さず、被害者・福島全県民200万人の巨大集
団訴訟を起こそう、福島県以外の被害県もそれに続こう!!
 いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/200-eb48.html

★ 味岡修 さんから:
経産省前テントひろば1505日 テント日誌10月24日(土)   

本日、10月26日(月)はテント裁判の判決日 結集を!
当日の行動予定
13時30分 テントひろば前集合
14時   東京高裁(地裁)前集会
15時   判決(102号法廷)
15時30分 記者会見(裁判所内)
16時   報告集会 衆院第二議員会館 多目的会議室
     (判決と今後の取り組みを中心に)

★ 土井鮎太(映画「はての島のまつりごと」) さんから: 
皆さま

与那国島のドキュメンタリー映画「はての島のまつりごと」を作った土井です。
当映画を29日(木)は八女(おりなす八女)、31日(土)には福岡(福岡市立中央市民センター)で上映します。

映画は、沖縄最西端の国境の島である与那国島に自衛隊が配備されるということで、その問題に揺れ動く島の様子を、島の人々の営みを通して、配備が決まるまでの3年間を追いか
けたドキュメンタリーです。
いま日本では、集団的自衛権行使容認などを含む安保法案が成立し、これまでの自衛隊のあり方が大きく変わろうとしています。
そういった時世にあって、この「はての島のまつりごと」は、与那国島という小さな島におこっている出来事ながら、日本がこれまで歩んできたかもしれない過去の姿と、さらに、
これから進もうとしている未来の姿を、重層的に感じることができるものだと思います。というのも、この映画はただ自衛隊配備問題を追っているわけではなく、島の人たちが大切
にしてきた島の自然や文化、精神、日々の営みを映し出しているからです。都会ではすでに失ってしまったものが、与那国島には今なお残っていて、それを守るためにどうすべき
か、この映画と与那国島が問うているのです。

この機会に少しでも多くの方に映画をご覧いただければ幸いです。会場でみなさまにお会いできるのを楽しみにしています。

▼10月29日(木)

・会場:八女市民会館おりなす八女 はちひめホール
・時間:18:30上映? ※監督舞台挨拶あり


▼10月31日(土) 

・会場:福岡市立中央市民センター【ホール】
・時間:①9:50上映? ※上映後 監督×亀山ののこ(フォトグラファー)トーク
②13:30上映? ※上映後 監督×後藤富和(弁護士)トーク

----集会等のお知らせ------

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
日時:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
場所: 福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
案内チラシ http://tinyurl.com/q8by28h

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第15回口頭弁論期日12月18日金)午後2時 佐賀地裁
 原告総数 9920名 (10/22日現在)
HP: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」●  
10.6 九州電力本店との交渉経過報告
全文内容・写真付 http://tinyurl.com/pw6q6nj HP:
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
新チラシ http://tinyurl.com/nf3xg6a

●原発いらない!九州実行委員会●
HP: http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」P●
HP: http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>
    ----テント紹介・原発チラシ配布出来る方ご協力!----

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月25日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1649目報告☆

呼びかけ人賛同者10月24日合計4019名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
 
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
日本の軍事費を見るとどんどん増えています。
アメリカと一緒になって、世界に自衛隊を派遣する準備がととのえられている
感じが強くします。
アメリカの国債を見ても、日本を見ても、赤字の国です。
そんな国が世界で武力を行使すれば、ますます赤字が増大するばかりです。
戦争する国には絶対にしたくありません。
あんくるトム工房
アメリカ国債、思いやり予算  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3673

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆楢葉町の原発被害者が原爆の被害者と語る 共通の闇
      (左門 2015・10・25-1185)
※《ノーモアヒバクシャ訴訟原告団長の山本英典さん:避難
解除の楢葉町へ戻ったが、「周りは真っ暗という話しで長崎
にピカドンが落ちて、焼け跡に音がなくなった・・。そういう状
態をつくりだした国とぜひたたかっていきましょう」(赤旗10・
22)。政府がやっていないことを「やった」かのように喧伝す
るための避難解除。復興庁を被災地に置いてやるべし!!

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
核分裂で欠損した質量と、放出するエネルギーQとの関係を解く
のに、大いに役立つのが、かの有名な(アイン・シュタイン)さ
んの(相対性)原理と言い、革命的な大発見でした。
「質量は、エネルギーと同等である」との原理を発見し、これを
正式には「特殊相対性理論」と名付けられました。具体的には、
質量1(kg)の物体は、光の速さ300000(km)を2乗したエネルギー
(j:ジュール)に相当すると。式で書けば
 物体1(kg)のエネルギー=300000000X300000000
=90000000000000000(j)=90000000000000(kj)
 1(j)は0.24(cal)。これを掛けると、2160000000000(kcal)
たった1kgの物体が、膨大なエネルギーを秘めているという訳です。 

☆ ウランとは 天王星を 語源とし 地球破壊の 先兵なるや 

☆ シンゾウは 外の国へと 逃亡中 我らの税を バラバラと撒き 
 
★ 福岡市の福島久子 さんから:
(川柳)
☆ 震災の時刻のままに時計あり

★ 舩津康幸 さんから: 
10月25日朝の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号40.で)
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/ncln65f
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu
※次の新聞記事紹介は10月26日夕方以降になります。

おはようございます。
現時点で検索できた記事を紹介します。(10.25.4:09)
伊方原発関連の記事が続いています。
被曝労働に関する記事が4.にあります。

川内(せんだい)原発では、
1.「川内原子力発電所2号機の状況について《日報》」九州電力株式会社(10月24日10時現在)
「[発電機出力] 50%出力保持中」
http://www.kyuden.co.jp/var/rev0/0048/9869/news_2_151024.pdf

金曜官邸前行動、
2.「声あげ再稼働止める 官邸前で抗議行動」しんぶん赤旗2015年10月24日(土)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-10-24/2015102401_04_1.html

2’.「【金曜日の声 官邸前】原発事故後、子育て不安」東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/kinyoubinokoe/list/CK2015102402000204.html

3.「「IAEA報告証拠に」 原発事故、各地裁へ要請」千葉日報2015年10月24日 11:05
http://www.chibanippo.co.jp/news/national/284725

4.(重要)「第一原発元作業員の53歳、作業11か月で3つのがんを同時発症」週刊女性PRIME10月24日(土)11時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151024-00019765-jprime-life

原発立地・周辺地域、
5.(佐賀県)「玄海町で全国棚田サミット」NHK佐賀10月23日 18時36分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5085967421.html?t=1445707395593

・・・玄海原発がある町の一面、原発は不似合です!!
<後略>

★ 永島(脱原発・放射能汚染を考える北摂の会) さんから:
青柳行信 さま  日々ご苦労様です。

大阪では、橋下維新から大阪を取り戻す為に、自民党・公明党の
地方議員を含めた反維新派が一体となって闘おうとしています。
安倍自民党からの妨害と、公明党中央の抑制をはねのけて、勝利
出来るかは、市民の運動の盛り上がりによります。九州の皆さんも
他府県の皆さんも、大阪在住の親戚・友人によろしくお伝え下さい。

「脱原発・放射能汚染を考える」のニュースNo109ができました。
http://tinyurl.com/o82r7hk

原発再稼動は、規制委員会による「新規制基準に合格」という判定だけで、
次々と進められようとしています。この「新規制基準」は規制委ですら
「安全を保証していない」という代物で、世界の基準と較べても劣位のもの
です。
 米国の規制委員会は、避難計画を審査し、その確立を稼働条件として
いるのに、日本では机上の避難計画が審査も受けずに「作成」されたことに
されています。
電力は原発なしで充分に供給され、原発を使用しない
「新電力」の方が安く供給しています。関電からの電力契約の流出が続いて
います。原発再稼働に固執する電力会社に未来はありません。

今号から選挙終了まで、「橋下維新への批判」欄を拡大します。皆で協力して、
橋下維新の候補を落選させましょう。市長には柳本氏を、府知事には栗原氏
に投票しましょう。大阪市民、府民に、訴えていきましょう。

関電本社前での抗議行動は、10月は3度行なわれます。
次は30日の19時からです。ぜひ集まって声をあげましょう。

★ 宮崎 黒木さん さんから:
下記全文内容はこちらに⇒ http://tinyurl.com/p5hfujq

避難中の11歳男子が「アベ政治を許さない」とデモに参加した姿に涙!
――木内みどり×広瀬隆対談【前篇】

ダイヤモンド・オンライン 10月24日(土)8時0分配信

 『原子炉時限爆弾』で、福島第一原発事故を半年前に予言した、ノンフィクション作家の広瀬隆氏。
このたび、新著で「タイムリミットはあと1年しかない」とおそるべき予言をした著者と、女優の木内みどり氏が初対談! 
木内みどり氏は、原発問題に関して、各種市民集会の司会を務めている。

★ 久保田 さんから:
福岡県・佐賀県の原子力防災関連部署 etc に関して・・

双方、直接担当者に面会しましたが、原子力発電所の安全基準
に関する知識は乏しく、原子力規制庁に丸投げの状態です。
全国知事会では、これらの問題に関して、会議が開かれています。

原子力発電所の安全対策等に対する提言~全国知事会
http://www.nga.gr.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/3/150820genteigen.pdf

今後は、直接交渉の相手を、九州電力 → 福岡県・佐賀県に
移行する必要があります。(玄海・原子力発電所)

主要、交渉テーマは3つ

1・安全保障 (放射線管理区域)、避難計画等
放射線管理区域(5msv/y <)への、一般住人の立入りは
法的に禁止されているが、現在の日本は、政府の違法行為
(人権侵害)が、強制的に行われている件。

電離放射線障害防止規則 (労働安全衛生法 ~厚生労働省)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S47/S47F04101000041.html

2・火山
原子力規制委員会・火山モニタリング会議(H 27.07)で
火山モニタリング(雲仙)は、日本全体で検討するべきと提言。
しかし、九州電力は独断で、川内原子力発電所の、再稼動を
決行した件。

原子力規制委員会・火山モニタリング提言、H 27.07 
http://www.nsr.go.jp/data/000116982.pdf

3・地震、津波
原子力規制委員会、震源を特定しない地震動の基準は、  
平成 25年 3月迄

兵庫県南部地震 (阪神大地震)
新潟県中越地震
新潟県中越沖地震
能登半島地震
福岡県西方沖地震

平成以降の最大級 (Mw 6.6 ~ 6.9)5大、直下型地震
を含めていたが、4月、以降の地震ガイド等は、説明無しに
5つ全て削除して、極めて不正である件。

原子力規制委員会(震源を特定しない地震動)基準、H 25.03
http://www.nsr.go.jp/data/000050725.pdf

★ 味岡修 さんから:
経産省前テントひろば1504日 テント日誌10月23日(金)
続く金曜官邸前抗議行動から
<一部掲載>
一時期からみれば数は少なくはなっている。それがどうした、ということだろうが、金曜官邸前抗議行動は続いている。よく知られるようになった茱萸坂(国会東リと)と正門前で
の2か所では集会が開かれ、安倍政治への批判の声をあげている。経産省前テントもそうだけれど、1960年代型の政治決戦型ではなく、持久戦型の運動だから、予想を超えて持続して
いるのである。茱萸坂を訪れ、原発反対の声を挙げた人は数えきれないし、膨大にいる。毎週の抗議行動に欠かさず参加している人もいれば、一度だけで姿を見せない人もいるだろ
う。それは多様であるが、ここに参加した人の多くは、その後は足が遠のいても原発に無関心になったわけではないと思う。何らかの形でそれはこころ(意識)に残っているだろう
し、機会あればまた加わろうと思っているし、別の運動の形態やスタイルを考えているのかもしれない。こころには原発のことがあり、脱原発運動の裾野を形成しているのであり、
この裾野は一基や二基の再稼働で変わるわけではない。口惜しい思いをしてはいるだろうが、機会あればそれは表面にでてくるにちがいない。国民の原発に対する意識の層という基
盤はゆるぎなくあるのだ。ぼくらはこのことに自信を持って行っていいのである。

★ 国際環境NGOグリーンピース さんから: 
━━━━━
虹の戦士号 辺野古へ
     ━━━━━━

11月上旬、虹の戦士号が、沖縄・辺野古の海にやってきます。

サンゴが悠久の時をかけて創り上げた豊かな生態系に5300種類以上の
生き物たちがくらす「命の海」。
ラムサール条約や国際自然保護連合(IUCN)など国際社会からも保護が
求められている海。
それなのに、米軍新基地建設のために埋め立てられようとしている海。

虹の戦士号は、世界の海で、人の目の届きにくいところで起こっている
環境破壊の現場から真実を発信するために、個人の寄付によって活動する
グリーンピースの船です。
1977年の初代就航以来、核実験場での抗議活動、放射能汚染から避難する
住民の輸送、違法漁業調査など、あらゆる海で活躍してきました。

----集会等のお知らせ------

●「玄海原発再稼働をSTOP!させるには」の学習会●
日時:2015年10月25日(日)午後2時~4時40分
場所:福岡市早良市民センター視聴覚室
案内チラシ http://tinyurl.com/qevtqnk

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
日時:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
場所: 福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
案内チラシ http://tinyurl.com/q8by28h

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第15回口頭弁論期日12月18日金)午後2時 佐賀地裁
 原告総数 9920名 (10/22日現在)
HP: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」●
 10.6 九州電力本店との交渉経過報告
全文内容・写真付 http://tinyurl.com/pw6q6nj
HP: http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
新チラシ http://tinyurl.com/nf3xg6a

●原発いらない!九州実行委員会●
HP: http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」P●
HP: http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>
    ----テント紹介・原発チラシ配布出来る方ご協力!----

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月24日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1648目報告☆

呼びかけ人賛同者10月23日合計4019名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】10月23日1名。
   匿名者
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまです。 きのうは ブログのURLを添付するのを忘れていました。
最近、ときどき、ボーとした、行為や物忘れがでてきています。
危ないことです。 
人間だれしも 間違いを起こすものです。
誰かが間違っても、歯止めのきく対策をしておくことが大事です。
アベは 間違っても 間違っているとは言いません。
逆に有頂天になっているところが、なお恐ろしいところです。
アメリカのシモベ・安倍を早く降ろしましょう。
あんくるトム工房
来んしゃい金曜脱原発   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3672
くい打ちの話し     http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3671
ノーベル賞作家の問題提起  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3670

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆今はただ改憲の思ひ絶えなむと 人づてならで言ふよしもがな
      (左門 2015・10・24-1184)
※《首相の改憲戦略”白紙” 参院で争点化回避。官邸幹部は「憲
法改正の必要性で首相と一致する橋下徹・大阪市長とでなければ、
憲法改正はできない」。・・・・維新の党は分裂状態で、政界引退を
表明している橋下氏の動向も不透明だ》(朝日、本日)。維新の党
という「人づて」で思いを伝えようとしたが、安保国会でボロが出過
ぎ、恥ずかしくて・怖くて臨時国会も開けない。首相国外逃亡中! 

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 ウランU235原子核が分裂して、別の二つの原子核AとBが
できたとき、合計質量が少し減少している話をしました。これ
を「質量欠損」と言います。この欠損分(質量)が原子核から
の放出エネルギーに変化した正体でした。
 物理学の「エネルギー保存の法則」に基づいて、式風に表す
と、次のようになるのではないでしょうか。
  原子核Uの質量=原子核Aの質量+原子核Bの質量
+放出エネルギーQ
 欠損した質量と、放出するエネルギーQとの関係を解くのに、
大いに役立つのが、かの有名な(     )の(     )
原理と言い、革命的な大発見でした。しかし、その計算式は極
めて簡単でびっくりもので、誰でも容易に計算できます。
 
 ☆ フクシマの 水素爆発 大事故だ 真下の原子炉 その50億倍

 ☆ 民主党さん 市民の信頼 もう一度 野党結束の 原子核になれ 

★ 福岡市の福島久子 さんから:
    <川柳>
 ☆ 6本も矢を用意して悪くなり

★ ハンナ&マイケル さんから:
(再稼働阻止全国ネットワーク)から来られていました
鹿児島薩摩「川内の家」が10月でたたまれ、「川内の家ニュース」も80号で最終回、というお知らせが届き、一つの時代が終わったという思いで、感無量です。岩下さん、本当に長
い間ありがとうございました。

ニュースは、いつもポイントをおさえた、すっきりした編集で読みやすく、時々コピーして友人に配布させていただき重宝しておりました。川内の家も、一度は訪問をと願っており
ましたが、果たせないままで、残念です。一定の役目を無事終えての撤収ですから、しかたないですね。

こうなったら次は九電前テントもいよいよたたむことになるのかと、思ったら、最終号には「次に九電が狙っているのは、3号機の増設です。」とあるじゃありませんか! これ
じゃ、九電前テントの役割はますます重要になりそうですね。これからも、場所は変わっても、脱原発の運動を共に続けていきましょう。

★ 舩津康幸 さんから: 
舩津 康幸 さんのコメントを転送します:
10月23日夕方の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号28.で)
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/pg9c5oe
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

現時点で検索できた記事を紹介します。(10.23.18:46)
伊方原発関連の記事が続きます。
それでは、玄海原発・九電関連の記事からはじめます。

玄海原発関連、
昨日の1.関連、地元紙では、
1.●●●「山口知事 定例会見ピックアップ」佐賀新聞2015年10月23日 10時14分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/242282
「佐賀県の山口祥義知事は22日の定例会見で、・・・・・・
■玄海原発再稼働
Q:佐賀新聞の県民世論調査で福島原発事故以降、僅差ではあるが初めて再稼働容認が反対を上回った。一方、地元同意の範囲は、現在の立地自治体の玄海町と県よりも広げるべき
という声が8割を超えた。
A知事:規制委員会がしっかりした審査を行い、
●●県民の理解を前提に再稼働するという方針は変わらない。今の段階で世論調査の結果に左右されることはないが、県民の思いはしっかり認識しながら対応していく。地元同意の
考え方も、県としては県民の意見や考え方を受け止め、しかるべき場面で国に訴えていくことが大事だと思っている。これまでも述べてきたが、(原子力政策は)一義的には国の責
任を明確にすることが重要だ。」

九電が、
2.●●●「玄海再稼働に注力-九州電力が下期経営幹部会議」電気新聞2015/10/23
http://www.shimbun.denki.or.jp/news/main/20151023_02.html

被曝労働について、
3.◎◎●「被ばく労災 健康管理と補償を手厚く」信濃毎日新聞 10月23日(金)
http://www.shinmai.co.jp/news/20151023/KT151022ETI090006000.php
全文「東京電力福島第1原発事故の収束作業で被ばくした後、白血病を発症した男性が、厚生労働省に初めて労災認定された。
東電によると、事故後に同原発で作業に当たった人は今年8月末までに約4万5千人。労災の認定基準の「年間の被ばく線量5ミリシーベルト以上」に当たる作業員は約2万1千人
に上る。
・白血病の発症要因はさまざまで、認定のハードルは高い。申請をあきらめる人も少なくない。
・収束作業は危険性が高く、終了時期も見通せない。今後、発症する人が増える可能性がある。労災制度の周知と、国による手厚い補償が欠かせない。
●今回の認定は、作業員の救済体制を充実させる第一歩にすぎない。作業員が契約期間を終えて現場を離れた後も、国と東電は検診などで長期的に健康管理し、発症した場合は補償
していくべきだ。
●課題はほかにも多い。労災の認定基準があるのは白血病のみだ。
厚労省は事故後、胃、食道、結腸、ぼうこう、咽頭、肺の6種類のがんについて、「累積の被ばく線量が100ミリシーベルト以上」で発症するリスクが高まるとの検討結果を公
表。労災補償する「考え方」を示しているものの、労災認定の明確な基準にはなっていない。
●申請があった場合、認定作業が混乱する可能性がある。これまでに8人ががんで労災を申請したものの、3人は認められず、1人は申請を取り下げた。9月には胃がんなどを発症
したのに労災認定されなかった元作業員が、東電に損害賠償を求め提訴している。
早急に基準を整備するべきだ。その際には基準が適正かどうか、ほかのがんの危険性はないのか、もう一度検証することが必要だ。
◎作業員の安全管理を徹底することも求められる。
国は労働安全衛生法に基づき、原発作業員の被ばく線量の上限を「5年で100ミリシーベルトかつ年50ミリシーベルト」と定めていた。事故後にはこの基準では作業員の確保が
難しくなるとして、特例で限度を累積250ミリシーベルトに引き上げた。
●英医学誌には最近、欧米の原子力施設で働く30万人を対象にした疫学調査の結果が発表され、100ミリシーベルト以下の低線量被ばくでも線量に応じ、死亡リスクが増えると
された。
作業員の被ばく線量は会社が管理手帳に記録し、管理しているけれど、ずさんさを指摘する作業員は多い。東電や関連会社は現場の被ばく線量の低減対策に取り組むことが欠かせな
い。」

原発立地・周辺地域、
4.●愛媛県の伊方原発について、四国の各紙も報道しています、
「伊方原発3号機 町長「再稼働を容認」 愛媛知事は来週にも」高知新聞2015年10月23日08時06分??
http://203.139.202.230/?&nwSrl=346176&nwIW=1&nwVt=knd

4’.「愛媛知事、週明けにも同意へ/伊方再稼働」四国新聞2015/10/23 10:23
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/20151023000201

4”.「「伊方原発、町民にもなじみ」町長容認、住民には不安も」朝日デジタル2015年10月23日13時12分
http://www.asahi.com/articles/ASHBJ563THBJPTIL01G.html
<後略>

★ たんぽぽ舎 さんから:
下記全文内容はこちらに⇒ http://tinyurl.com/o9cuh76
【TMM:No2620】
2015年10月23日(金)地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします
                           転送歓迎
━━━━━━━
1.「文書管理簿」を3年間も隠していたのに説明責任を果たさない規制委
   ~透明性が売りといいながら居丈高に逃げる田中委員長~
   原子力規制委員会は原発再稼働推進委員会!その70
      木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク)
2.「世界各地で繰り返される「地震弱者」の悲劇 ひとごとではない日本」
   「警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識」コラムその124
    島村英紀(地震学者)
3.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
  ◆河合弁護士が語る「全国で展開される原発裁判の現状」
   10月31日(土)14時から 会場:ワクワクプラザ町田
4.新聞より
  ◆「原子力艦事故 5マイクロシーベルトで避難」
   原発並み基準に 防災相検討   (10月23日東京新聞2面より)
5.テント日誌10月22日(木)
   経産省前テントひろば 1503日
   お土産にみかんをいただいた   (I・K)

★ 林田英明 さんから:
 学生主体のSEALDsとは何だろう。安保法制に立ち向かう彼らの心情やスタイルを、
牛田悦正さん、是恒香琳さんとの話から眺めてみてはいかがでしょうか。
福岡のFYMにも共通するものを感じます。
「レイバーネット日本」へのアップは以下の通りです。
http://www.labornetjp.org/news/2015/1021hayasida

★ 前田 朗 さんから: 
本日の講演です。
講演・学習会
「表現の自由を守るためにヘイト・スピーチを処罰する」
http://www.hanknet-japan.org/k20151024.htm

★ 坂井貴司 さんから: 
 10月25日から、NHKスペシャル「新・映像の世紀」が放送されます。
これは見逃せない番組です。

 ただし、気になる所があります。レーニンを恐怖政治を始めた人物であるとし
ていることです。これはスターリンのことではないでしょうか。」

 NHK総合  NHKスペシャル
 「新・映像の世紀 第1集 百年の悲劇はここから始まった」
 http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20151025

 放送日:10月25日(日) 放送時間:午後9時00分~10時13分

----集会等のお知らせ------

  ★ 10.6 九州電力本店との交渉経過報告★
全文内容・写真付 http://tinyurl.com/pw6q6nj (A4 12ページ)
※交渉経過報告冊子注文希望の方 y-aoyagi@r8.dion.ne.jp (青柳迄)
住所〒       名前     冊子数
Tel:    E-mail:       費用は自由カンパ

●「玄海原発再稼働をSTOP!させるには」の学習会●
日時:2015年10月25日(日)午後2時~4時40分
場所:福岡市早良市民センター視聴覚室
案内チラシ http://tinyurl.com/qevtqnk

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
日時:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
場所: 福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
案内チラシ http://tinyurl.com/q8by28h

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第15回口頭弁論期日12月18日金)午後2時 佐賀地裁
 原告総数 9920名 (10/22日現在)
HP: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
新チラシ http://tinyurl.com/nf3xg6a

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>
      テント紹介・原発チラシ配布出来る方ご協力!

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月23日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1647目報告☆

呼びかけ人賛同者10月22日合計4018名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】10月22日2名。
  長野良郎 匿名者
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
川内の1号機、2号機が動いたと思ったら、次は玄海、伊方と広がって
行く気配です。 とても残念なことです。
腹立たしくもあります。
住民のたたかい、原発労働者のたたかい、さまざまな分野で闘っていくことが
大事ですね。

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆あはれとも言ふべき人は此処にゐて 「もんじゅ」の知恵の輪解く業もなく
      (左門 2015・10・23-1183)
※文科省の田中知委員:「これまでと同じ対応を繰り返しても成果を期待す
るのは無理がある。原子力機構に、もんじゅの運転管理をゆだねる及第点
に達していない」。更田委員長代理も「規制当局として、安全上の問題なの
で、いつまでも待っていいものではない」(赤旗、22日)と宣告された。
最早廃炉決定・実施しかない。それは「もんじゅ」だけではなく、全原発だ!

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 ウラン235の原子核を分裂させるには、原子核に到達可能な、
電気的に中性な中性子が有効でした。ウラン235の原子核1個を
分裂させたら、どのくらいのエネルギーが放出されるか?
 原子番号92のウラン235は、92個の陽子と(235-92)=143個の
中性子とが、がっちりと結び合って原子核をつくっています。
例えば、私たち235人がかたまって、外側から引き離されないよ
うにするためには、隣どうし力強く手を握り合い抱き合った
りします。すなわち、結合を守るために凄いエネルギーが必要
です。235個もの陽子と中性子とがしっかり固まりあうためには、
もの凄く巨大なエネルギーを内部に秘めていることが推測され
ます。これが、原子力発電の電力の源泉です。
 理屈っぽくなったなあ。もうちょっとだけお付き合いを!

☆ 知ったかぶり どこまで続くか 屁理屈は
        原発許さじ じ~っと忍耐
☆ 秋晴れに テント村へと いそいそと
        交渉経過の 百冊渡せり

★ 川瀬正博(電力労働者九州連絡会議) さんから:
青柳行信代表
九電本店前ひろばの皆さま

 毎日毎日、九電本社への「原発直ちにやめよ!」の行動に改めて敬意を表します。
 先日12日の「川内再稼働中止を求めての抗議のリレートークには、
参加できず済みませんでした。
 先日19日、九州電力の瓜生社長へ「川内2号機の10.15再稼
 働強行」に対する抗議文書↓(約1800字)を送付しました。
http://tinyurl.com/og24os7

通り一片の抗議文では社長が目を通さないと思い、約1800字の
A4・2枚の文章を作成しました。

反対多数の国民世論を直視せず、「社員のモチベーション(意欲)」
に一番苦労したという瓜生社長は、原子力事業者としての社会的責任
を全く果たしていないこと。住民の不安と疑問および不信の声に正面
から向き合っていないことを強調し、安全性は言うに及ばず全てに見
切り発車の再稼働の暴走に抗議しています。
・川内1号機の即時停止と2号機の再稼働を中止し、安全性や再稼働の
 必要性について、民主的な公開の場で正々堂々と議論をせよ!
・「3E(安定・経済・環境)プラスS(安全)」の原発優位性は既に
 福島事故で完全に破綻している!
・再稼働強行は、九電の存廃どころか日本の破滅につながりかねない!

★ 舩津康幸 さんから: 
舩津 康幸 さんのコメントを転送します:
10月23日朝の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号53.で)
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/nm7jtod
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

おはようございます。
現時点で検索できた記事を紹介します。(10.23.5:53)
原発事故被害地域で、福島県の自主避難者への新たな動きが報じられています。(16.16’)
伊方原発関連の続報もあります。(9.~9”’.)
今朝は、玄海原発関連の記事からはじめます。

玄海原発関連、
1.●●●(佐賀県)「知事、玄海原発再稼働を容認」NHK佐賀10月22日18時47分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5085905111.html?t=1445540539272
全文「九州電力・玄海原子力発電所3号機と4号機の再稼働に向けた国の審査が進む中、山口知事は「再稼働の方針で考えている」と述べ、国が原発の安全確保や事故の際の避難な
どに責任を持つことを前提に再稼働を容認する考えを示しました。
九州電力・玄海原子力発電所3号機と4号機をめぐっては、再稼働に向けた国の原子力規制委員会による審査が進み、九州電力は、再稼働に必要な、設備の設計に関する認可などを
受けるために、およそ230人の体制で、書類の作成などを本格化しています。
●こうした動きを受けて、佐賀県の山口知事は記者会見で、「再稼働の方針で考えている」と述べ、国が原発の安全確保や事故の際の避難などに責任を持つことを前提に玄海原発の
再稼働を容認する考えを示しました。
また、再稼働の前提となる「地元の同意」をめぐり、立地している玄海町だけでなく、周辺の自治体も範囲に含めるべきとする意見があることについて山口知事は、「県民の思いを
受けとめてしっかりと伝えていくが、一義的には国が責任を持つべきだ」と述べ、まずは国が範囲を示すべきとする考えを改めて強調しました。」
・・・・国に責任を押し付けて・・・・。

2.(佐賀県)「黒川小で原発事故訓練 安全確実に 69世帯参加、課題共有」佐賀新聞2015年10月22日 11時18分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/241974

原発のある町のこんな一面、
3.(玄海町)「23日から玄海町で全国棚田サミット 美しき棚田 保全や地域活性化を議論」佐賀新聞2015年10月22日 14時49分 ※写真有
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/242015
「棚田の保全や、棚田のある地域の活性化を考える「第21回全国棚田(千枚田)サミット」が23、24の両日、玄海町で開かれる。全国の棚田のある自治体や保全活動に取り組
む団体などから約660人が参加する。日本の棚田百選に選ばれている同町の「浜野浦の棚田」を全国に発信しつつ、美しい景観をいかに維持・管理していくか意見を交わ
す。・・・・・・」
・・・・ひとたび、原発事故が起きれば、このような光景は将来につなげなくなるでしょう。
<中略>
海外、
41.●●「低線量被ばくでも 原発作業員のがん死亡リスク増加」【共同通信】2015/10/21 19:38
全文「欧米の原子力施設で働く30万人以上を対象にした疫学調査で、100ミリシーベルト以下の低線量被ばくでも線量に応じてがんによる死亡リスクが増えたとする分析結果
を、国際チームが21日までに英医学誌BMJに発表した。
・国連科学委員会などは被ばく線量が100ミリシーベルトを超えると発がんリスクが高まるが、100ミリシーベルト以下では明確なリスク上昇を確認できないとの見解を示して
いる。
●チームは100ミリシーベルト以下でも白血病のリスクが上昇するという調査結果を既に発表しているが、今回新たに肺や胃、肝臓など白血病以外のがん全体でリスクの上昇を確
認したという。」

41’.●●「長期低線量被ばくでもがんリスク高まる、研究」AFP=時事?10月22日(木)15時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151022-00000030-jij_afp-int
<後略>

★ 久保田 さんから: 
■ 原子力防災に係る福岡県民の安全確保に関する協定書 
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/uploaded/life/67711_14133546_misc.pdf

福岡県、及び糸島市、並びに福岡市は、地域防災計画の的確かつ
円滑な実施を推進し、一体となって福岡県民の安全及び安心を
確保することを目的に、九州電力株式会社と玄海原子力発電所に
係る協定を次のとおり締結する。

本番(玄海・原子力発電所)の、再稼動手続きが始まりました。
交渉窓口は、福岡県庁・福岡市役所となります。

主要論点は4つ

1・安全保障 (放射線管理区域)、避難計画等

放射線管理区域(5msv/y <)への、一般住人の立入りは
法的に禁止されているが、現在の日本は、政府の違法行為
(人権侵害)が、強制的に行われている。

避難計画等も、全く不充分である。

電離放射線障害防止規則 (労働安全衛生法 ~厚生労働省)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S47/S47F04101000041.html

2・地震、津波

原子力規制委員会、震源を特定しない地震動の基準は、? 
平成 25年 3月迄

兵庫県南部地震 (阪神大地震)
新潟県中越地震
新潟県中越沖地震
能登半島地震
福岡県西方沖地震

平成以降で、最大級クラス (Mw 6.6 ~ 6.9)
5大、直下型地震を含めていたが、

平成 25年 4月、以降の地震ガイド等は、理由の説明無しに
5つ全て削除しており、極めて不正な基準である。

原子力規制委員会(震源を特定しない地震動)基準、H 25.03
http://www.nsr.go.jp/data/000050725.pdf

3・火山

原子力規制委員会・火山モニタリング会議(H 27.07)で
火山モニタリングは、日本全体で検討するべきと提言。

しかし、九州電力は独断で、川内原子力発電所の、
再稼動を決行した。

原子力規制委員会・火山モニタリング提言、H 27.07 
http://www.nsr.go.jp/data/000116982.pdf

4・緊急安全対策 (免震棟、ベントフィルター etc)

九州電力は、免震棟、ベントフィルター etc を完成させる
前に独断で、川内原子力発電所の、再稼動を決行した。

九州電力 H 24.07
http://www.kyuden.co.jp/press_120731-1.html
以上、詳細な検証を、宜しくお願いします。敬具。 (2015.1022)

★ たんぽぽ舎 さんから:
下記全文内容はこちらに⇒ http://tinyurl.com/najy785
たんぽぽ舎です。【TMM:No2619】
2015年10月22日(木)地震と原発事故情報-3つの情報をお知らせします
                           転送歓迎
━━━━━━━
1.四国電力、伊方原発3号機再稼働抗議の行動報告
   「伊予のミカン畑、伊予の魚を奪うな!」
      山田純一(再稼働阻止全国ネットワーク 事務局)
◆申し入れ及び質問書(四国電力へ)
2.朝ドラファンのイチ庶民ではありますが、官邸前・国会前から、
   99パーセントの底力、見せてやりまっせ。
    (10月9日第168回金曜官邸前・国会前抗議行動の報告)
       にしざきやよい(たんぽぽ舎ボランティア)
3.新聞より2つ
 ◆もんじゅ「廃炉も検討」 規制委「点検漏れ 改善なく深刻」
(10月22日 東京新聞より)
 ◆がん死亡リスク原発作業員増加 被ばく100ミリシーベルト以下でも・・・
   欧米30万人調査 (10月22日 東京新聞より)

★ 田中一郎 さんから:
.自由人権協会が「辺野古埋立承認取消に関する国の対応は違法」と声明
swiminkのブログ
 http://ameblo.jp/swimink/entry-12084363145.html
 http://www.jclu.org/file/20151013seimei.pdf

・沖縄県知事による公有水面埋立承認の取消しに関する会長声明|東京弁護士会
 http://www.toben.or.jp/message/seimei/post-415.html

.宜野湾市民が沖縄知事提訴 辺野古取り消し「権限を乱用」 (沖縄タイムス)
- Yahoo!ニュース
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151021-00000002-okinawat-oki

★ 色平哲郎 さんから: 
  <翁長知事一問一答 知事帰国講演 琉球新報  2015 年 9 月 25 日>
http://ryukyushimpo.jp/news/prentry-249410.html

----集会等のお知らせ------

  ★ 10.6 九州電力本店との交渉経過報告★
全文内容・写真付 http://tinyurl.com/nppamkc (A4 12ページ)
※交渉経過報告冊子注文希望の方 y-aoyagi@r8.dion.ne.jp (青柳迄)
住所〒       名前     冊子数
Tel:    E-mail:       費用は自由カンパ

●「玄海原発再稼働をSTOP!させるには」の学習会●
日時:2015年10月25日(日)午後2時~4時40分
場所:福岡市早良市民センター視聴覚室
案内チラシ http://tinyurl.com/qevtqnk

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
日時:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
場所: 福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
案内チラシ http://tinyurl.com/q8by28h

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第15回口頭弁論期日12月18日金)午後2時 佐賀地裁
 原告総数 9920名 (10/22日現在)
HP: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
新チラシ http://tinyurl.com/nf3xg6a

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>
      テント紹介・原発チラシ配布出来る方ご協力!

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月22日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1646目報告☆

呼びかけ人賛同者10月21日合計4016名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
 
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
原発作業者が 労災認定を受けました。
これを機に 多数の作業者が 認定を受けられるようになることを
望みます。
そして、人間を犠牲にして発電するシステムをなくしてしまうことを
願っています。
あんくるトム工房
原発作業者 労災認定  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3669

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆アベノトリ鳴きつる方を眺むれば 千兆円のツケぞ残れる
      (左門 2015・10・22-1182)
※かつて小渕首相が「私は世界一の借金王だ」と嘯いたこと
があったが、その後も歴代の首相は同じ借金王だ。もし世界
の債権者が取り付けたら即日破綻だ。それが無いのは日本
国民の勤勉と信用の高さだ。ところが、その信用を自分が築
いたと錯覚して、シンゾウ君はやりたい放題だ。年金の通知
が来た。給付は減らされ、天引き徴取は増える。このような
やり方を「苛斂誅求」というのだ。「苛政は虎よりも猛し」とも。

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 小さな小さな原子核の世界に飛び込んでいけるのは、電気
的に中性の中性子です。電子はマイナスの電気をもっている
から、原子核の周りをスピン運動している、同じマイナスの
電気をもっている電子たちから、反発されてしまう。プラス
の陽子だと、原子核にがっちり固まっている陽子たちのプラ
ス電気に反発されて届かない。陽子とほぼ同じくらいの質量
をもった重い中性子は、外周のはるかにちっぽけな電子を跳
ね飛ばして、原子核に到達して分裂反応がし易いのです。
さて、今日の発問は? ウラン235の原子番号は92です。
陽子の数はいくら? そして、中性子の数はいくら? 
これが判ると核分裂エネルギーが、百均の電卓で計算がで
きます。

☆ 九電との 交渉経過を 纏め上げ 12頁A4の 冊子完成

☆ 再稼働 有りでも無しでも 労働者 被爆の終日 生贄犠牲

★ 舩津康幸 さんから: 
10月21日夕方の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号27.で)
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/pcluswl
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

現時点で検索できた記事を紹介します。(10.21.18:29)
先程、福島で地震がありましたが、異常はないと。(12.)伊方原発でも新たな動きがありました。(6.)
※きょうも原発労災認定に関する重要な記事が中段に多数あります。(9.~9””’.)
今朝、川内(せんだい)原発で発送電開始と報じられました。きょうはその記事からはじめます。

◆川内原発2号機の様子を伝えるニュースは地元の全テレビ局だけでなく福岡のテレビ局でもありました。(TVの記事は略)
1.「川内原発2号機で発送電開始 11月中旬に営業運転へ」朝日デジタル2015年10月21日13時10分 ※有料設定
http://www.asahi.com/articles/ASHBN65QTHBNTIPE02Z.html
「再稼働した九州電力川内(せんだい)原発2号機(鹿児島県薩摩川内市、出力89万キロワット)で21日午前11時、発電と送電が始まった。新規制基準下で初めて再稼働した
川内1号機に続いて、原発からの電気が九電管内の家庭や企業に送られた。・・・・・
九電は21日中に出力を30%まで上げる予定。段階的に出力を上げて、11月1日にフル稼働となる見通しだ。原子力規制委員会の最終的な検査をへて、同中旬に営業運転へ移る
予定。」(以下、有料)

1’.「川内原発2号機、発送電を開始 九電、新基準で2基目」西日本2015年10月21日 11時36分 更新
http://qbiz.jp/article/73216/1/?utm_campaign=nnp_article&utm_souce=nnp&utm_medium=nnp_web
「・・・・川内原発中央制御室では21日、原子力規制委員会の検査官3人が見守る中、運転員ら70人が作業に当たった。午前11時、運転員が発電機と送電線をつなぐ遮断器の
スイッチを入れ、送電を開始した。川内原子力総合事務所の藤原伸彦所長は「営業運転までほっとはできない。緊張感を持って慎重にやるべき事をやっていく」と述べ
た。・・・・・・・・・」

2.◇九電、※この記事は、福岡方面の紙面には今朝の朝刊までもありませんでした。
(佐賀)「九電、原発説明会拒否の理由と実態は」朝日デジタル2015年10月18日15時00分 ※佐賀版に掲載か?
http://digital.asahi.com/articles/CMTW1510184200004.html?rm=982
<中略>
原発施設、
6.●●「経産相、伊方3号機を視察 地元の再稼働手続き最終段階に」日本経済新聞 電子版2015/10/21 11:41 ※有料設定
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB20HEP_R21C15A0MM0000/
<中略>
◆原発労災認定
9”.◎「被曝で労災認定、広がる契機に 白血病の元原発作業員語る」朝日デジタル2015年10月21日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12026086.html?rm=150

9”’.◎「元福島原発作業員が白血病を発症して「労災」認定――「今後増える」と弁護士が予想」弁護士ドットコムニュース
https://www.bengo4.com/roudou/1101/n_3839/

9””’.◎◎【社説】「被ばく労災 廃炉の担い手こそ守れ」東京新聞2015年10月21日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2015102102000139.html
<後略>

★ 宮崎の黒木 さんから: 
下記全文内容はこちらに⇒ http://tinyurl.com/oe4p8p5
原発再稼働と安保法強行の裏に、何がひそんでいるのか?――秋山豊寛×広瀬隆対談【後篇】
ダイヤモンド・オンライン 10月21日(水)11時0分配信
● 日本の宇宙飛行士第1号は 米ソのシナリオで誕生! 
● 核による世界秩序を崩さない動き
● 原発反対と安保反対の趣旨は同じ
 秋山 そう。反対し続けましょう! 
 僕も11月に、福井県の高浜から小浜を通って大阪まで、1日20~30キロ、2週間かけて200キロくらいの行進をやろうという計画があります。これに参加するつもりです。
 原発銀座といわれる若狭湾と、京都市の距離は60~70キロ。もし、事故が起きれば、京都市内には大量の放射性物質が降り注ぎます。また被曝させられるなんて、冗談じゃない。
 安保反対運動も、安保法案が通った「9月19日」にちなんで、「戦争をさせない左京1000人委員会」は毎月19日に必ず街頭行動をやると決めました。
  僕もここ半年くらいはデモばっかりで、これが本当の「デモ暮らしー」だと思っています。
 広瀬 「デモ暮らしー」!  いい人生だ!  お互いに、がんばりましょう。われわれもこのままじゃ死ねない! (おわり)

★ たんぽぽ舎 さんから:
下記全文内容はこちらに⇒ http://tinyurl.com/pjra8b5
【TMM:No2618】
2015年10月21日(水)地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします
                           転送歓迎
━━━━━━━
1.品物(書籍ほか)をもらって下さる方を募集 その1
   たんぽぽ舎、現代思想社の倉庫整理で出た書籍類
  柳田 真(たんぽぽ舎・旧現代思想社代表)
2.九電交渉を振り返り、今後の闘いに向けた行動へと繋げてゆきたい
   九州電力本店との交渉経過報告冊子作成
     10/21☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1645目報告☆より
3.新聞より3つ
  ◆福島事故後被ばくで労災
   白血病基準「年5ミリシ-ベルト」超す線量 発症元作業員、初の認定
    (10月21日東京新聞朝刊1面より抜粋)
  ◆被ばく労災 廃炉の担い手こそ守れ
   (10月21日東京新聞社説より)
  ◆ヨウ素剤全戸配布 進まず 東海第二原発事故備え 茨城・東海村
   服用対象で誤解?説明会出席わずか
     (10月19日東京新聞6面より抜粋)
4.テント日誌10月18日(日)
   経産省前テントひろば 1499日
   伏され、隠されている原発情報の多い事に驚く (I・K)

★ 味岡修 さんから: 
経産省前テントひろば1500日 テント日誌10月19日(月)
テントの1500日は通過しつつある日々の中で
<一部掲載>
テントは原発の再稼働阻止を目的に設立された面は強い。現在。政府や業界は川内1号機・2号機の再稼働に踏み切り、この後も再稼働が続くことが予想される。僕らは民意など考え
ることのない、国家(官僚)独善の国家主義的政治の厚い壁に直面している。これは辺野古新基地建設にみられる政府の態度にも明らかだ。彼らは口を開けば法治によってという。
しかし、現代の法治は国民主権と表裏一体であり、民意を無視した法治はない。彼らの法治はアジア的、中国的な法治思想である。儒教からみれば異端であった法家の思想(アジア
的、中国的名法治の思想)は江戸時代に荻生徂徠に取り入れられ、官僚政治(支配)の隠れた背景となってきた。この法家の思想は一見合理的であり、近代の法思想と似ているが、
それが皇帝や官僚の法であること近代の法とは決定的に違う。国家のために、官僚のためにあるほうであり、国民主権は存在していない。安倍らの政府与党の政治家や官僚たちが法
治を口にしながら、憲法(国民主権)を無視しているはそのためである。この官僚や支配権力の背骨にある法家に思想は儒教とともに歴史的な基盤を持つものであり、この厚い壁と
僕らはぶっかっている。沖縄の自己決定という考えが象徴するように、伝統的な権力の思想との闘いはあちらこちらで登場している。国会周辺にやってくる人たちが憲法を守れとい
い、安倍政治を許さないというのも同じである。この壁を意識しつつテントを存続させる、その闘いを持続するしかない。これも。また1500日という日が僕らに刻んでいるものの一
つである。(三上治)

★ 江藤成一(フリーターユニオン福岡) さんから:
青柳様。先程は急に電話をかけて失礼いたしました。
近日中に開かれる一連の脱原発、反原発の講演会(中略)より一人でも多くの人達に脱原発、反原発の考えがひろまることを切に願います。
自民党内で原発反対の立場をとっていた河野太郎氏が安倍派に言いくるめられ原発推進派にくみしたという話を聞いているだけに尚更、以上のような考えを抱いてしまいます。(党内
で小泉進次郎氏が反対派、慎重派どちらにもくみさず推進派を批判する立場にいることがせめてもの救いではありますが…。)
講演会の成功を心より祈っております。御縁がありましたらまたお会いいたしましょう。

★ いのうえしんぢ さんから: 
いま、戦争ができる国づくりをすすめる安倍政権ですが…
戦争と人権侵害はいつの時代も同時にやってきます。
実際のところ、中央市民センターで「政治的な講演は禁止します
から」と職員とガードマンが講演内容を監視に来たという報告が
あってます!治安維持法で「弁士中止」と叫ばれた過去が現代に…?

8月に裁判が確定した「福岡サウンドデモ裁判」の争点である
「表現の自由」を守る事も、戦争への抵抗ではないでしょうか?
福岡サウンドデモ裁判原告団では、DJの重要性などを訴える、
意見陳述書を提出していただいた小倉利丸さんを迎えて、
表現の自由を考えるトークイベントを開催します。
どうぞご参加ください!!
 
        ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓   
★★★★★★★★★ ┃拡┃散┃希┃望┃ ★★★★★★★★★
        ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

┏┳┳┳┓   小 倉 利 丸 さ ん 講 演 会
┃┃┃┣┻┓  ~~~表現の自由をめぐる冒険~~~
┣┻┻┻┓┃   11月1日(日)13:30~16:30
┗┓  ┏┛ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ┃  ┃     ふくふくプラザ 視聴覚室

会場:福岡市市民福祉プラザ
ふくふくプラザ 視聴覚室
(福岡市中央区荒戸3丁目3番39号)
[アクセス:福岡市地下鉄空港線:唐人町駅から徒歩7分]

資料代:500円

講師:小倉利丸さん
日本の経済学者、評論家。専門は現代資本主義論、情報資本主義論。
ピープルズ・プラン研究所共同代表。法政大学卒、東京大学大学院
経済学研究科中退。元・富山大学経済学部教授。福岡サウンドデモ
裁判では、DJの重要性などを訴える、意見陳述書を提出した。

主催:福岡サウンドデモ裁判原告団
〒812-0053福岡市東区箱崎3-33-10サンフラワー箱崎402
(福岡地区合同労組 内)
http://demosaiban.blog.fc2.com/ Tel.092-651-4816
 
        ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓   
★★★★★★★★★ ┃出┃前┃講┃座┃ ★★★★★★★★★
        ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

       福岡サウンドデモ裁判出前講座

現在、サウンドデモ裁判原告団では出前講座をやります!

サウンドデモ裁判を起こした経緯と裁判のレポートが中心に
なるのはもちろんですが、この勝訴を原告だけのものでなく、
みなさんと共有しながら、戦争ができる国をすすめる現政権を
はねのける「道具」にしたいと思っています。
また裁判だけでなく「表現の自由~民主主義」「戦争と人権
侵害」といった部分にも触れます。

いのうえしんぢが報告者となって(たまには他の原告も?)
なぜ、デモで逮捕者も出てないのに、わざわざ国家権力にこちら
からケンカを売り、なぜ弁護士なしの本人訴訟で勝てたのか?
パワーポイントを使った90分の講演と動画をベースにしていますが、
もっと短い時間でも調整可能です。4、5人の小さな集まりでも構い
ません。
喋らせてもらえる集まり、場所を紹介してください!

----集会等のお知らせ------

  ★ 10.6 九州電力本店との交渉経過報告★
全文内容・写真付 http://tinyurl.com/nppamkc (A4 12ページ)
※交渉経過報告冊子注文希望の方 y-aoyagi@r8.dion.ne.jp (青柳迄)
住所〒       名前     冊子数
Tel:    E-mail:       費用は自由カンパ

●「玄海原発再稼働をSTOP!させるには」の学習会●
日時:2015年10月25日(日)午後2時~4時40分
場所:福岡市早良市民センター視聴覚室
案内チラシ http://tinyurl.com/qevtqnk

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
日時:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
場所: 福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
案内チラシ http://tinyurl.com/q8by28h

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  原告総数 9886名 (10/8日現在)
HP: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
新チラシ http://tinyurl.com/nf3xg6a

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>
      テント紹介・原発チラシ配布出来る方ご協力!

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月21日。

【転送・転載大歓迎】

  ★ 10.6 九州電力本店との交渉経過報告★
全文内容・写真付 http://tinyurl.com/nppamkc (A4 12ページ)

 私たち、「原発とめよう!九電本店前ひろば」「さよなら原発!福岡」「原発
いらない!九州実行委員会」は、九州電力原発再稼働に対し、この間一万人集会
を三回、九電本店交渉を何度も行ってきました。
 しかし、九州電力は、ついに川内原発1号機のみならず2号機まで再稼働して
しまいました。

次は、玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)の再稼働へ向けた準備を急いでいま
す。<九州電力は社員約230名を川内原発から玄海原発にシフトしました> 
 (2015年10月16日朝日新聞朝刊9面)

 九電交渉を振り返り、今後の闘いに向けた行動へと繋げてゆきたいと思い、
報告書を作成し、冊子に致しました。

<項目・タイトル>
[一]はじめに
[二]交渉と回答について
1.1項について…原子力規制委員会への川内原発許可の取り消しを求める
2.2項について…住民説明会を行わない問題について
3.3項について…原子炉格納容器内で水蒸気爆発は起こらないのか
4.4項について…川内1号機の試運転時の大問題
5.5項について…川内2号機の蒸気発生器の更新を行わないのか
[三]川内原発近くの方の抗議と要望、感想など

※交渉経過報告全文内容 冊子注文希望の方 
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp (青柳迄)
住所〒       名前     冊子数
Tel:    E-mail:       費用は自由カンパ
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1645目報告☆

呼びかけ人賛同者10月20日合計4016名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
  ★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
20日 天神パルコ前の戦争法をなくす女性たちの抗議行動に参加しました。
女たちは許しません。 安倍内閣打倒。 誰のこどもも殺させない。 
あんくるトム工房
女たちは許さない   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3668
沖縄関連の醜聞記事  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3667

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆九条の岩盤避けし柱ゆへ 歪みだらけの「積極的平和主義」
      (左門 2015・10・21-1181)
※三井物産と旭化成という日本資本主義の大手が信用を裏切
って、商業道徳をもひっくりかえす企業ハザードを重ねている。
かねがね指摘されていたところであったが、CAPITALムラが庇
い合ってきたのだが、もう逃げられない処まで堕落してしまった。
それはブラック企業だけではない。真逆のことを「平和主義」とい
うが、九条を避けたアベノミクスはまさに「傾城」状態だ。最後の
七文字は漢字が七つの、大字余り。

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 昨日の発問は、ウラン235の原子核1個が分裂して、全く別
な二つの原子核になったとき、その二つの原子核の合計質
量が、分裂前の質量より小さくなってるのはどうして?と
いうことでした。答えは、③の「何かに変化してしまった」
でした。質量が減少した分が、なんと高温度のエネルギ―
に変換してしまったのでした。これが核分裂エネルギーと
言われ、このエネルギーを悪用したのが、ヒロシマ型の原
子爆弾でした。
  さて、今日の発問は、どのようにして小さな小さな原子核
の世界に入って、核分裂を起こさせるにか、物体は何か?
①どこにでもあるような電子e(マイナスの電気)を使う
  ②原子核の中にある陽子p(プラスの電気)を使う。
  ③電気をもたない中性の中性子nを使う。
 
 ☆ 奇縁かな 核分裂の 誕生は 
           私と同じ 1939年生まれ
 ☆ 再稼働は ナガサキ型の 原爆の
         プルトニュウムの ぞくぞく生産

★ 福岡市の福島久子 さんから:
(川柳)
 ☆ この道はいつか来た道イケナイヨ

★ 神奈川県菅原 さんから:
先日、 あるテレビ番組で 「悪口は、言えば、言うほど、
相手に対する効果が薄れる(順応してしまう)」といった、順応の心理を扱って
いました。 しかし、
ひとりからひとりへつたわる、草の根の、平和の願いの言葉は、いずれ、芽吹
き、伸びゆくと思います。

★ 舩津康幸 さんから: 
10月20日夕方の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号
37.で) 記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/nhyjuhu
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

現時点で検索できた記事を紹介します。(10.20.18:57)
きょう、以下のような短い記事がありました。中段にはその続報があります。
(14.の記事)
「福島原発事故後の被ばくで労災認定」【共同通信】2015/10/20 15:09
全文「東電福島第1原発事故後作業で被ばくし、がんになった男性の労災認めら
れる。厚労省発表。」

また、こちらの新聞では見かけない原発事故避難者を様子を伝える記事にも目を
通してください。(18.19.20.など)
〇それでは、川内(せんだい)原発、九電、玄海原発関連と進めていきます。

1.●「川内原発2号機 21日発電送電開始」南日本放送 [10/20 14:07]
全文「九州電力は川内原発2号機の発電と送電を21日午前11時に開始すると
発表しました。原発の新規制基準のもとで発電と送電が再開するのは、1号機に
続き2基目です。川内原発2号機は、15日に再稼働し、核分裂が連続して起き
る臨界に達しています。
その後、発電用のタービンを起動し、調整を行ってきましたが、これまでトラブ
ルはなく、原子力規制委員会によるタービン性能検査でも問題はないということ
です。2号機は21日午前11時に発電と送電が開始されます。2号機から電流
が流れるのは4年1か月ぶりになります。その後、2号機は段階的に出力を上
げ、来月中旬に営業運転に移行する予定です。」

九電が
2.「松浦2号機の工期短縮 九電、自由化にらみ検討」西日本電子版2015年10
月20日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/73085/1/

3.「今日はどげな日ね? 【10月19日】九電、壱岐に大型蓄電池
(2012年)」西日本電子版2015年10月19日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/72678/1/

玄海原発関連、
4.「佐賀地・家裁新所長が就任会見「利用者重視の裁判所に」佐賀新聞2015年
10月20日 10時16分 http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/241182
「佐賀地方・家庭裁判所長に新たに就任した瀧華聡之(たきはなさとし)氏
(59)が19日会見し、「風通しの良い職場環境を整備し、利用者のわかりや
すさも重視したい」と抱負を述べた。・・・・
佐賀地裁では現在、玄海原発の差し止め訴訟など全国的な注目を集める裁判も進
行しており、「社会的関心も高く、原告の数などからしても特別な規模の事件」
と印象を語った。」

<中略>
14.◎●「福島事故後の被ばくに労災 白血病発症、厚労省が初認定【共同通
信】2015/10/20 16:24 http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015102001001735.html

<中略>
18.●●「<検証避難>被ばくリスク 重い選択迫る」河北新報2015年10月20日
火曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201510/20151020_63012.html

19.●●「<検証避難>判断負う親 自責に悩む」河北新報2015年10月20日火曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201510/20151020_53017.html

20.●(楢葉町)「(声)避難指示解除も我が家は解体」朝日デジタル2015年
10月20日05時00分
全文「無職 新妻宏明(福島県 56)
東京電力福島第一原発事故で福島県楢葉町に出ていた避難指示が、9月5日に解
除されました。しかし町では、長期間の放置で解体せざるを得なくなった家が多
く見られます。
私の自宅も4年半の間に雨漏りなどの湿気で荒廃したので、解体して建て替える
ことにしました。12月に解体します。
解体される家をいくつも見てきましたが、いざ自分の家となると感慨がありま
す。建て替えで家は新しくなりますが、多くの思い出が詰まった家はなくなって
しまいます。
●原発事故さえなければ、震災だけだったら、これほど早く荒廃することはな
かったと思います。今も普通に住み、お正月やゴールデンウィーク、お盆には子
供たちも帰って来て、にぎやかに過ごせただろうと思うと残念でなりません。
●新たなスタートと言い聞かせても、心の整理はなかなかつかないものです。避
難指示は解除されましたが、原発事故は今も私たちを苦しめているのです。」
・・・・●現地の素直な声です。汚染が続く限り平穏な生活には戻れないのです!!
<後略>

★ 宇野朗子 さんから: 
青柳様
ご無沙汰しております。京都山城より、うのさえこです。
FBなどで、九電前テントひろばの様子を時々拝見し、お元気そうなご様子
うれしく、また感謝しております。

川内原発再稼働、次は伊方へ、
福島では、猛烈な機関政策が進められる中で、
経産相が第二原発再稼働は東電判断でと発言するなど、
本当に、軍国化とともに狂気が静かに進行しているようで、
恐ろしい気持ちです。
でも大きな転換期は闇も深まるのだと、これを押し返す力を
きっと私たちはもっているのだと信じております。
さて、私たち避難者は、全国の避難当事者のつながりをつくっていこうと、
数名の有志で6月から準備を重ねてきました。
このたび、「避難の権利」を求める全国避難者の会が、
ようやく、設立の運びとなりました。
来る10月29日、参議院議員会館にて、設立記念集会を開きます。

広い空に散りばめられた星のように、全国に散らばっている私たちが、互いを見
つけあい、手をつなぎたい。
差し迫ったご案内にならざるをえず、ごめんなさい。でも、もしご参加いただけ
る方、いらっしゃいましたら、ぜひこのはじめの一歩をご一緒できたらと思いま
す。遠方で参加かなわない方、メッセージをぜひお寄せください。

また、この会がはじまろうとしていること、お知り合いの避難者の方にお伝えい
ただければ幸いです。

***************************
【10月29日】「避難の権利」を求める全国避難者の会
設立記念集会 つながろう!はじめの一歩
~たしかめあおう足跡、そして未来へ~
***************************
設立記念集会チラシ表 http://tinyurl.com/npdge3b
設立記念集会チラシ裏 http://tinyurl.com/ng3xnmz
設立趣意書 http://tinyurl.com/nwvkcf4

東京電力福島原発事故は、未曾有の放射能汚染を引き起こし、福島県のみなら
ず、東日本の広範な地域が影響を受けました。
事故から4年7か月、けれどもこの国の政府は避難を福島だけの問題にし、「原発
事故子ども・被災者支援法」を骨抜きにして、「避難の権利」をないがしろにし
てきました。避難指示解除・賠償打ち切り・帰還政策が、当事者不在のまま進め
られて行っています。それは大勢の避難者の生活破壊を引き起こしながら、〈被
ばくか貧困か〉の選択を強いること。私たちは決してそれを望みません。
「被ばくなき居住」「貧困なき避難」は、私たちの生きる権利であり基本的な人
権です。

「避難の権利」保障を求め、全国避難者の会を設立します。一人一人の力は小さ
くても、つながることでできることがきっとあります。
全国の避難者の皆さん、避難後帰還をした皆さん、手をつなぎ、私たちの声なき
声を形にしていきませんか?

設立記念集会 つながろう!はじめの一歩
≪日 時≫ 2015年10月29日(木)
13:30~16:30 (13:00開場、12:55~入館証配布)
≪会 場≫ 参議院議員会館 101会議室
≪内 容≫ 設立宣言 ~ 説明会
リレートーク ~知ることからはじめよう~
ディスカッション ~はじめの一歩~
≪費 用≫ 資料代として500円(未成年は無料)
≪定 員≫ 100名
≪申込み≫ こくち~ず、メールまたはFAX のいずれかでお願いします
こくち~ず https://ssl.kokucheese.com/event/entry/346227/
メール hinannokenri@gmail.com
FAX 011-398-9769
「1029申込み」と件名を入れ
①お名前(ふりがな) ②お住まいの都道府県(避難者の方は避難元→避難先、帰還)

③メールアドレスまたは電話番号 ④メッセージ をご記入ください。

【主 催】 「避難の権利 」を求める全国避難者の会
問合せ 080-1678-5562 中手

★ 会 場 の ご 案 内 ★
参議院議員会館(千代田区永田町2-1-1)
≪最寄駅≫永田町駅1番出口より徒歩2分(南北線、有楽町線、半蔵門線)
国会議事堂駅1番出口より徒歩7分(丸ノ内線、千代田線)
参議院議員会館に入場するには入館証が必要となります。
参議院議員会館に着いたら、まず、玄関右側のセキュリティチェックを受けてく
ださい。そのまま受付せずに、ロビーで、設立集会スタッフから、入館証を受け
取ってください。入館証は12:55から配布します

※メッセージで参加しませんか?!※
設立集会には参加できないけれど、メッセージで参加したい!というお声をいた
だきメッセージを募集することにしました。メールまたはFAXなどでお寄せくだ
さい。会場またはブログなどでもご紹介していきます
メール hinannokenri@gmail.com
FAX 011-398-9769
「1029メッセージ」と件名を入れ
①お名前(ふりがな) ②お住まいの都道府県(避難者の方は避難元→避難先、帰
還)、③連絡先
④公開の場合の匿名有無 ⑤メッセージ をお送りください。(10月27日締切)

▲準備会のブログもご覧ください▲
ブログにて最新情報等の更新がごらんいただけます。ぜひご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/hinannokenri/

〇会に設立時会員として加入されたい方々へ〇
まもなく入会申し込みのご案内が出来るようになります。避難者・帰還者の方々
はぜひブログ等をご覧ください。
また、hinannokenri@gmail.comにメールいただければ、準備が整い次第ご案内し
ます。

★ たんぽぽ舎 さんから:
下記全文内容 http://tinyurl.com/q8lc8ux
【TMM:No2617】
2015年10月20日(火)地震と原発事故情報-3つの情報をお知らせします
                        転送歓迎
━━━━━━━
1.住民の生命と暮らしの安全を保障しない、
   「川内原発の再稼働」の許可取り消しを!
   原子力規制委員会へ申し入れ 反原発自治体議員市民連盟
2.設立予定の「原子力民間規制委員会・東京(仮称)」による
   17項目の規制勧告
   10/24(土)「槌田講座」再開です! 槌田敦連続新講座シリーズ
      スペースたんぽぽ講座運営委員会
3.新聞より3つ
  ◆モントリオール映画祭招待「ナオトひとりっきり」
   中村真夕監督「原発事故のその後 海外でも高い関心」
    (10月19日東京新聞5面「文化」より抜粋)
  ◆新しい国へ  鎌田 慧
    (10月20日東京新聞29面「本音のコラム」より)
  ◆東電、切り崩し工作? 飯舘村ADR申立人に不当対応
  坂本充孝のふくしま便り
   (10月20日東京新聞4面「3・11後を生きる」より抜粋)

★ 柴田一裕 さんから: 
沖縄のことを教えてください / Let us know about Okinawa
初沢亜利 写真集

定価:3,800円+税|297×285mm|176ページ|並製
ISBN:978-4-86541-036-5
2015年8月 赤々舎

出版社サイト
 http://www.akaaka.com/publishing/books/bk-hatsuzawa.html
書評(WEBRONZA)
 http://webronza.asahi.com/culture/articles/2015082800005.html

基地問題をはじめとして、様々な抑圧と無責任な憧れを受け続けている沖縄を都
会に生まれ育った「内地人(ルビ:ナイチャー)」である著者が1年3ヶ月の間移
住し、撮影し続けた。美しい風景のなか、知らず知らずのうちに目を背けてきた
部分まで見つめることで沖縄を知ってゆくための一冊。

「日本にとって沖縄とは何か? 沖縄にとって日本とは何か?戦後70年を迎える
今、彼らの複雑な思いを受け止めつつ、日本と沖縄のより良い未来を共に模索し
ていく機会を提供できればと思う。我々の心一つで、対話への道はまだ開かれて
いる。」
 ――初沢亜利(本書所収「沖縄滞在を振り返る」より)

初沢亜利|Ari Hatsuzawa
1973年フランス・パリ生まれ。写真家。上智大学文学部社会学科卒業。イイノ広
尾スタジオを経て、写真家としての活動を開始する。第29回東川賞新人作家賞受
賞。写真集に、イラク戦争前後の市民の生活を撮影した『Baghdad2003』(碧天
舎)、東日本大震災翌日から一年を折った『True Feelings -爪痕の真情-』(三
栄書房)、北朝鮮写真集『隣人。38度線の北』(徳間書店)がある。

初沢さんの写真集としては、プロフィールの末尾にもある「隣人。38度線の北」
(徳間書店)もおすすめです。
 http://www.huffingtonpost.jp/2013/12/22/north-korea-neiborhood_n_4488081.html
 http://chosonsinbo.com/jp/2012/12/hatuzawaari/

----集会等のお知らせ------

●「玄海原発再稼働をSTOP!させるには」の学習会●
日時:2015年10月25日(日)午後2時~4時40分
場所:福岡市早良市民センター視聴覚室
案内チラシ http://tinyurl.com/qevtqnk

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
日時:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
場所: 福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
案内チラシ http://tinyurl.com/q8by28h

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  原告総数 9886名 (10/8日現在)
HP: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
新チラシ http://tinyurl.com/nf3xg6a

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>
      -テント紹介・原発チラシ配布出来る方ご協力!-

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月21日。

【転送・転載大歓迎】

  ★ 10.6 九州電力本店との交渉経過報告★
全文内容・写真付 http://tinyurl.com/nppamkc (A4 12ページ)

 私たち、「原発とめよう!九電本店前ひろば」「さよなら原発!福岡」「原発いらな
い!九州実行委員会」は、九州電力原発再稼働に対し、この間一万人集会を三回、九
電本店交渉を何度も行ってきました。
 しかし、九州電力は、ついに川内原発1号機のみならず2号機まで再稼働してしま
いました。次は、玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)の再稼働へ向けた準備を急い
でいます。<九州電力は社員約230名を川内原発から玄海原発にシフトしました>
   (2015年10月16日朝日新聞朝刊9面)

 九電交渉を振り返り、今後の闘いに向けた行動へと繋げてゆきたいと思い、
報告書を作成し、冊子に致しました。

<項目・タイトル>
[一]はじめに
[二]交渉と回答について
1.1項について…原子力規制委員会への川内原発許可の取り消しを求める
2.2項について…住民説明会を行わない問題について
3.3項について…原子炉格納容器内で水蒸気爆発は起こらないのか
4.4項について…川内1号機の試運転時の大問題
5.5項について…川内2号機の蒸気発生器の更新を行わないのか
[三]川内原発近くの方の抗議と要望、感想など

※交渉経過報告全文内容 冊子注文希望の方 y-aoyagi@r8.dion.ne.jp (青柳迄)
住所〒       名前     冊子数
Tel:    E-mail:       費用は自由カンパ
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1645目報告☆

呼びかけ人賛同者10月20日合計4016名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
 
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
20日 天神パルコ前の戦争法をなくす女性たちの抗議行動に参加しました。
女たちは許しません。 安倍内閣打倒。 誰のこどもも殺させない。 
あんくるトム工房
女たちは許さない   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3668
沖縄関連の醜聞記事  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3667

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆九条の岩盤避けし柱ゆへ 歪みだらけの「積極的平和主義」
      (左門 2015・10・21-1181)
※三井物産と旭化成という日本資本主義の大手が信用を裏切
って、商業道徳をもひっくりかえす企業ハザードを重ねている。
かねがね指摘されていたところであったが、CAPITALムラが庇
い合ってきたのだが、もう逃げられない処まで堕落してしまった。
それはブラック企業だけではない。真逆のことを「平和主義」とい
うが、九条を避けたアベノミクスはまさに「傾城」状態だ。最後の
七文字は漢字が七つの、大字余り。

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 昨日の発問は、ウラン235の原子核1個が分裂して、全く別
な二つの原子核になったとき、その二つの原子核の合計質
量が、分裂前の質量より小さくなってるのはどうして?と
いうことでした。答えは、③の「何かに変化してしまった」
でした。質量が減少した分が、なんと高温度のエネルギ―
に変換してしまったのでした。これが核分裂エネルギーと
言われ、このエネルギーを悪用したのが、ヒロシマ型の原
子爆弾でした。
  さて、今日の発問は、どのようにして小さな小さな原子核
の世界に入って、核分裂を起こさせるにか、物体は何か?
①どこにでもあるような電子e(マイナスの電気)を使う
  ②原子核の中にある陽子p(プラスの電気)を使う。
  ③電気をもたない中性の中性子nを使う。
 
 ☆ 奇縁かな 核分裂の 誕生は 
           私と同じ 1939年生まれ
 ☆ 再稼働は ナガサキ型の 原爆の
         プルトニュウムの ぞくぞく生産

★ 福岡市の福島久子 さんから:
(川柳)
 ☆ この道はいつか来た道イケナイヨ

★ 神奈川県菅原 さんから:
先日、 あるテレビ番組で 「悪口は、言えば、言うほど、
相手に対する効果が薄れる(順応してしまう)」といった、順応の心理を扱っていました。
しかし、
ひとりからひとりへつたわる、草の根の、平和の願いの言葉は、いずれ、芽吹き、伸びゆくと思います。

★ 舩津康幸 さんから: 
10月20日夕方の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号37.で)
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/nhyjuhu
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu
こんばんわ。
現時点で検索できた記事を紹介します。(10.20.18:57)
きょう、以下のような短い記事がありました。中段にはその続報があります。(14.の記事)
「福島原発事故後の被ばくで労災認定」【共同通信】2015/10/20 15:09
全文「東電福島第1原発事故後作業で被ばくし、がんになった男性の労災認められる。厚労省発表。」

また、こちらの新聞では見かけない原発事故避難者を様子を伝える記事にも目を通してください。(18.19.20.など)
〇それでは、川内(せんだい)原発、九電、玄海原発関連と進めていきます。

1.●「川内原発2号機 21日発電送電開始」南日本放送 [10/20 14:07]
全文「九州電力は川内原発2号機の発電と送電を21日午前11時に開始すると発表しました。原発の新規制基準のもとで発電と送電が再開するのは、1号機に続き2基目です。川
内原発2号機は、15日に再稼働し、核分裂が連続して起きる臨界に達しています。
その後、発電用のタービンを起動し、調整を行ってきましたが、これまでトラブルはなく、原子力規制委員会によるタービン性能検査でも問題はないということです。2号機は21
日午前11時に発電と送電が開始されます。2号機から電流が流れるのは4年1か月ぶりになります。その後、2号機は段階的に出力を上げ、来月中旬に営業運転に移行する予定で
す。」

九電が
2.「松浦2号機の工期短縮 九電、自由化にらみ検討」西日本電子版2015年10月20日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/73085/1/

3.「今日はどげな日ね? 【10月19日】九電、壱岐に大型蓄電池(2012年)」西日本電子版2015年10月19日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/72678/1/

玄海原発関連、
4.「佐賀地・家裁新所長が就任会見「利用者重視の裁判所に」佐賀新聞2015年10月20日 10時16分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/241182
「佐賀地方・家庭裁判所長に新たに就任した瀧華聡之(たきはなさとし)氏(59)が19日会見し、「風通しの良い職場環境を整備し、利用者のわかりやすさも重視したい」と抱
負を述べた。・・・・
佐賀地裁では現在、玄海原発の差し止め訴訟など全国的な注目を集める裁判も進行しており、「社会的関心も高く、原告の数などからしても特別な規模の事件」と印象を語った。」

<中略>
14.◎●「福島事故後の被ばくに労災 白血病発症、厚労省が初認定【共同通信】2015/10/20 16:24
http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015102001001735.html

<中略>
18.●●「<検証避難>被ばくリスク 重い選択迫る」河北新報2015年10月20日火曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201510/20151020_63012.html

19.●●「<検証避難>判断負う親 自責に悩む」河北新報2015年10月20日火曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201510/20151020_53017.html

20.●(楢葉町)「(声)避難指示解除も我が家は解体」朝日デジタル2015年10月20日05時00分
全文「無職 新妻宏明(福島県 56)
東京電力福島第一原発事故で福島県楢葉町に出ていた避難指示が、9月5日に解除されました。しかし町では、長期間の放置で解体せざるを得なくなった家が多く見られます。
私の自宅も4年半の間に雨漏りなどの湿気で荒廃したので、解体して建て替えることにしました。12月に解体します。
解体される家をいくつも見てきましたが、いざ自分の家となると感慨があります。建て替えで家は新しくなりますが、多くの思い出が詰まった家はなくなってしまいます。
●原発事故さえなければ、震災だけだったら、これほど早く荒廃することはなかったと思います。今も普通に住み、お正月やゴールデンウィーク、お盆には子供たちも帰って来て、
にぎやかに過ごせただろうと思うと残念でなりません。
●新たなスタートと言い聞かせても、心の整理はなかなかつかないものです。避難指示は解除されましたが、原発事故は今も私たちを苦しめているのです。」
・・・・●現地の素直な声です。汚染が続く限り平穏な生活には戻れないのです!!
<後略>

★ 宇野朗子 さんから: 
青柳様
ご無沙汰しております。京都山城より、うのさえこです。
FBなどで、九電前テントひろばの様子を時々拝見し、お元気そうなご様子
うれしく、また感謝しております。

川内原発再稼働、次は伊方へ、
福島では、猛烈な機関政策が進められる中で、
経産相が第二原発再稼働は東電判断でと発言するなど、
本当に、軍国化とともに狂気が静かに進行しているようで、恐ろしい気持ちです。
でも大きな転換期は闇も深まるのだと、これを押し返す力を
きっと私たちはもっているのだと信じております。
さて、私たち避難者は、全国の避難当事者のつながりをつくっていこうと、
数名の有志で6月から準備を重ねてきました。
このたび、「避難の権利」を求める全国避難者の会が、ようやく、設立の運びとなりました。
来る10月29日、参議院議員会館にて、設立記念集会を開きます。

広い空に散りばめられた星のように、全国に散らばっている私たちが、互いを見つけあい、手をつなぎたい。
差し迫ったご案内にならざるをえず、ごめんなさい。でも、もしご参加いただける方、いらっしゃいましたら、ぜひこのはじめの一歩をご一緒できたらと思います。遠方で参加かな
わない方、メッセージをぜひお寄せください。

また、この会がはじまろうとしていること、お知り合いの避難者の方にお伝えいただければ幸いです。

***************************
【10月29日】「避難の権利」を求める全国避難者の会
設立記念集会 つながろう!はじめの一歩
~たしかめあおう足跡、そして未来へ~
***************************
設立記念集会チラシ表 http://tinyurl.com/npdge3b
設立記念集会チラシ裏 http://tinyurl.com/ng3xnmz
設立趣意書 http://tinyurl.com/nwvkcf4

東京電力福島原発事故は、未曾有の放射能汚染を引き起こし、福島県のみならず、東日本の広範な地域が影響を受けました。
事故から4年7か月、けれどもこの国の政府は避難を福島だけの問題にし、「原発事故子ども・被災者支援法」を骨抜きにして、「避難の権利」をないがしろにしてきました。避難指
示解除・賠償打ち切り・帰還政策が、当事者不在のまま進められて行っています。それは大勢の避難者の生活破壊を引き起こしながら、〈被ばくか貧困か〉の選択を強いること。私
たちは決してそれを望みません。
「被ばくなき居住」「貧困なき避難」は、私たちの生きる権利であり基本的な人権です。

「避難の権利」保障を求め、全国避難者の会を設立します。一人一人の力は小さくても、つながることでできることがきっとあります。
全国の避難者の皆さん、避難後帰還をした皆さん、手をつなぎ、私たちの声なき声を形にしていきませんか?

設立記念集会 つながろう!はじめの一歩
≪日 時≫ 2015年10月29日(木)
13:30~16:30 (13:00開場、12:55~入館証配布)
≪会 場≫ 参議院議員会館 101会議室
≪内 容≫ 設立宣言 ~ 説明会
リレートーク ~知ることからはじめよう~
ディスカッション ~はじめの一歩~
≪費 用≫ 資料代として500円(未成年は無料)
≪定 員≫ 100名
≪申込み≫ こくち~ず、メールまたはFAX のいずれかでお願いします
こくち~ず https://ssl.kokucheese.com/event/entry/346227/
メール hinannokenri@gmail.com
FAX 011-398-9769
「1029申込み」と件名を入れ
①お名前(ふりがな) ②お住まいの都道府県(避難者の方は避難元→避難先、帰還)

③メールアドレスまたは電話番号 ④メッセージ をご記入ください。

【主 催】 「避難の権利 」を求める全国避難者の会
問合せ 080-1678-5562 中手

★ 会 場 の ご 案 内 ★
参議院議員会館(千代田区永田町2-1-1)
≪最寄駅≫永田町駅1番出口より徒歩2分(南北線、有楽町線、半蔵門線)
国会議事堂駅1番出口より徒歩7分(丸ノ内線、千代田線)
参議院議員会館に入場するには入館証が必要となります。
参議院議員会館に着いたら、まず、玄関右側のセキュリティチェックを受けてください。そのまま受付せずに、ロビーで、設立集会スタッフから、入館証を受け取ってください。入
館証は12:55から配布します

※メッセージで参加しませんか?!※
設立集会には参加できないけれど、メッセージで参加したい!というお声をいただきメッセージを募集することにしました。メールまたはFAXなどでお寄せください。会場またはブロ
グなどでもご紹介していきます
メール hinannokenri@gmail.com
FAX 011-398-9769
「1029メッセージ」と件名を入れ
①お名前(ふりがな) ②お住まいの都道府県(避難者の方は避難元→避難先、帰還)、③連絡先
④公開の場合の匿名有無 ⑤メッセージ をお送りください。(10月27日締切)

▲準備会のブログもご覧ください▲
ブログにて最新情報等の更新がごらんいただけます。ぜひご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/hinannokenri/

〇会に設立時会員として加入されたい方々へ〇
まもなく入会申し込みのご案内が出来るようになります。避難者・帰還者の方々はぜひブログ等をご覧ください。
また、hinannokenri@gmail.comにメールいただければ、準備が整い次第ご案内します。

★ たんぽぽ舎 さんから:
下記全文内容 http://tinyurl.com/q8lc8ux
【TMM:No2617】
2015年10月20日(火)地震と原発事故情報-3つの情報をお知らせします
                           転送歓迎
━━━━━━━
1.住民の生命と暮らしの安全を保障しない、
   「川内原発の再稼働」の許可取り消しを!
   原子力規制委員会へ申し入れ 反原発自治体議員市民連盟
2.設立予定の「原子力民間規制委員会・東京(仮称)」による
   17項目の規制勧告
   10/24(土)「槌田講座」再開です! 槌田敦連続新講座シリーズ
      スペースたんぽぽ講座運営委員会
3.新聞より3つ
  ◆モントリオール映画祭招待「ナオトひとりっきり」
   中村真夕監督「原発事故のその後 海外でも高い関心」
    (10月19日東京新聞5面「文化」より抜粋)
  ◆新しい国へ  鎌田 慧
    (10月20日東京新聞29面「本音のコラム」より)
  ◆東電、切り崩し工作? 飯舘村ADR申立人に不当対応
  坂本充孝のふくしま便り
   (10月20日東京新聞4面「3・11後を生きる」より抜粋)

★ 柴田一裕 さんから: 
沖縄のことを教えてください / Let us know about Okinawa
初沢亜利 写真集

定価:3,800円+税|297×285mm|176ページ|並製
ISBN:978-4-86541-036-5
2015年8月 赤々舎

出版社サイト
 http://www.akaaka.com/publishing/books/bk-hatsuzawa.html
書評(WEBRONZA)
 http://webronza.asahi.com/culture/articles/2015082800005.html

基地問題をはじめとして、様々な抑圧と無責任な憧れを受け続けている沖縄を都
会に生まれ育った「内地人(ルビ:ナイチャー)」である著者が1年3ヶ月の間移
住し、撮影し続けた。美しい風景のなか、知らず知らずのうちに目を背けてきた
部分まで見つめることで沖縄を知ってゆくための一冊。

「日本にとって沖縄とは何か? 沖縄にとって日本とは何か?戦後70年を迎える
今、彼らの複雑な思いを受け止めつつ、日本と沖縄のより良い未来を共に模索し
ていく機会を提供できればと思う。我々の心一つで、対話への道はまだ開かれて
いる。」
 ――初沢亜利(本書所収「沖縄滞在を振り返る」より)

初沢亜利|Ari Hatsuzawa
1973年フランス・パリ生まれ。写真家。上智大学文学部社会学科卒業。イイノ広
尾スタジオを経て、写真家としての活動を開始する。第29回東川賞新人作家賞受
賞。写真集に、イラク戦争前後の市民の生活を撮影した『Baghdad2003』(碧天
舎)、東日本大震災翌日から一年を折った『True Feelings -爪痕の真情-』(三
栄書房)、北朝鮮写真集『隣人。38度線の北』(徳間書店)がある。

初沢さんの写真集としては、プロフィールの末尾にもある「隣人。38度線の北」
(徳間書店)もおすすめです。
 http://www.huffingtonpost.jp/2013/12/22/north-korea-neiborhood_n_4488081.html
 http://chosonsinbo.com/jp/2012/12/hatuzawaari/

----集会等のお知らせ------

●「玄海原発再稼働をSTOP!させるには」の学習会●
日時:2015年10月25日(日)午後2時~4時40分
場所:福岡市早良市民センター視聴覚室
案内チラシ http://tinyurl.com/qevtqnk

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
日時:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
場所: 福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
案内チラシ http://tinyurl.com/q8by28h

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  原告総数 9886名 (10/8日現在)
HP: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
新チラシ http://tinyurl.com/nf3xg6a

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>
      テント紹介・原発チラシ配布出来る方ご協力!

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************



戻る

青柳行信です。10月20日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1644目報告☆

呼びかけ人賛同者10月19日合計4016名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】10月19日2名。
  今井重敏 田中正一郎
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
19日、今夜も 若者たちが天神パルコ前で 声をあげました。
戦争法は違憲。民主主義を守れ。憲法守らん首相はいらん。
ずっと 力強い運動を続けましょう。
あんくるトム工房
戦争法は違憲!  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3666

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆観艦式を「軍事オタク」と揶揄できぬ 兵器輸出の女衒と言ふべし
      (左門 2015・10・29-1180)
※「要するに軍事オタクの安倍総理」(永井久、朝日川柳、本日)ならば
笑って済ませるが、このオタク中々したたか。三菱重工製の航空母艦も
お世話しますよ!というシルクハットなのだ。「七つの海」に海賊を働いた
イギリス帝国主義のように、世界の海に出かけて日本海軍の威容を誇り
たいという「アンシャンレジーム(旧軍国体制)」への先祖返り。恐ろしや!

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 先日の発問の答は、A>B です。
 すなわち、ウラン235の原子核1個を、二つに分裂させた後、
それらの質量を測って合計したら、なんと1個のときの質量より
小さくなってるんですね。A-Bkg だけ少なくなっている。
さて、第三の発問です。A-B=m とすると、この差m はどこに
行ってしまったんでしょう? 「こんな簡単なことを発問して、
人を馬鹿にするな」なんて言わないで下さいね。長くは続けませ
んから…。さてさて?
1. 測定できないくらい粉々になった。
2. 燃焼して消滅してしまった。
3. 質量測定ができない何かに変化してしまった。

☆ アベシンゾー 遊び足りない? 幼き日 航空母艦に いま嬉嬉として
 
☆ アベシンゾー 軽人間の 模範かな 原発怖さも 知るよしもがな

★ 福岡市の福島久子 さんから:
☆普天間は危険。辺野古はもっと危険
☆普天間の危険にかこつけ辺野古かよ

★ 奥道直子(在ドイツ)さんから:
「希望住む町 - 絶望巣喰う地」
この9月の日本滞在に際し、まず初めに、昨秋初めて訪れた「女川町」に行きました。 「女川町」は2011年の大津波で壊滅的にやられた町です。 再訪した女川町には、この過去一
年のあいだに為された復興に向けた進展が一目瞭然に見て取れました。 4年間不通だったJR石巻線は全線開通し、その終点の女川町駅には、坂(ばん)茂氏の設計による「駅舎」と
「女川温泉」が併設された明るい建造物が建っていました。 その姿は、前方の女川の海に向かいウミネコが今しも羽を広げて飛び立つのをイメージしたものとのことです。 駅舎
の2階は女川温泉「ゆぽっぽ」になっており、3階は展望台で、そこからは新しくつくられたまだ若い桜の並木道を見下ろすことができました。 津波で家屋・家財の一切を海に呑
まれ、今なお仮設住宅に住む知人は、駅舎後方に見える高台の造成地を指さし、「あのクレーンの横地に家が建つのです。 親戚の土地を貰ったのです」、と教えてくれました。 
天災という悲しみに会ったけれどもこの町には将来に向けた「希望」がありました。 女川町にも原発がありますが、様々のことが幸いして事故に至りませんでした。

その約2週間後、約10km遠くにチカチカと点滅する福島第1原発の発信塔が見える「浪江町」を訪れました。 津波の被害まだ生々しく、その残骸の幾つかがなお残る荒涼とした風景
でした。 人っ子一人住んでいません。 海から400mほど離れたところに荒廃した「波江町立請戸小学校」が建っていました。 学校側の即断で校内にいた学童児・教師たち約100
名が近くの山に逃げて全員助かったことで知られている小学校です。 校舎に入りました。 時計の針はすべて「3時39分」をさしていました。 大津波が襲ってきた時刻です。 
二階の教室に入り、その黒板の中ほど下を指さし、此処まで水がきたのです、と案内人が説明してくれました。 帰りのバス窓から、弁護士河合弘之監督の「日本と原発」の中で彼
と海渡雄一弁護士が合掌している場面に登場する、四つ角に立つ「東日本大震災慰霊塔」が一瞬見えました。 また、広大な敷地に放射性物質による汚染物が入った黒袋が山積する
光景があちこちに見えました。 

同じ4年半が過ぎ、一方には希望が住む「女川町」があり、浪江町を故郷とする方々には極めて失礼な言い方だと思いますが、他方には絶望が巣喰う地があるように思いました。 
正しくは、絶望が巣喰っているのは福島原発であり、それが浪江町の悲惨を生んだのです。 この町も、天災の津波だけを受けたのであれば女川町のように今は復興に向け希望を
もっていそしんでいることでしょう。 両者の差異は、唯一、人災の原発事故によってもたされたものです。 田中俊一原子力規制委員長みずからが「安全であるとは言いません」
と吐露しなければならない原発をドミノ式に再稼動するとは、日本の国政は狂っているとしか思えません。

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<岩波の「科学」2015年9月号の高島武雄先生、後藤政志先生の「原子炉格納容
器内の水蒸気爆発の危険性」の論文公開>を報告します。

岩波の「科学」2015年9月号の高島武雄先生、後藤政志先生の「原子炉格納容器
内の水蒸気爆発の危険性」の論文が公開され、後藤政志先生よりPDFの公開資料を
いただきましたので、添付します。
http://tinyurl.com/owd5mav

“資料は[『科学』15年9月号掲載、岩波書店許諾]と必ず注記して使用の事。”

今、9月14日の名古屋高裁金沢支部大飯原発差し止め請求裁判控訴審や10月8日
の福井地裁高浜原発異議審査で「水蒸気爆発及び水素爆発の危険性」が全面的に争わ
れるようになりました。

 この裁判の準備書面9と準備書面15は殆ど同じもので、水蒸気爆発の項は「原子
炉格納容器内の水蒸気爆発の危険性」の論文の内容そのものです。

 準備書面は裁判用の資料で、一般の人にも分かりやすく説明されていますが、「原
子炉格納容器内の水蒸気爆発の危険性」の論文は本格的な論文なので、厳密な記述に
成っています。

 そして、10月8日の福井地裁高浜原発異議審査で陳述された「水蒸気爆発及び水
素爆発の危険性」には11月13日の裁判で、関西電力が反論しなければならなくなって
いますし、ここで、関西電力が反論できなければ、関西電力は高浜原発3、4号機の
再稼働ができません。

 パブリックコメントや原子力規制委員会の現地説明会、「原子力規制委員会への川
内原発許可の取り消しを求める異議申立て」で、「規制委員会が,原子炉圧力容器外
の溶融燃料―冷却材相互作用において,申請者が水蒸気爆発の発生の可能性は低いと
していることを妥当と判断したことは間違いである」という意見が続出しましたが、
原子力規制委員会や鹿児島県庁、九州電力は、回答に窮し始めたようで、問題点の指
摘には回答を行わず、どんどん非公開部分を増やしてきました。原子力規制委員会は
この異議申し立ての審議を非公開とし、8ケ月経っても何の審議も行わず異議申立て
が無かったことにして、川内原発の再稼働を認めました。

 そして、九州電力は、頑なに住民説明会を拒否し、この問題の回答をしません。

九州電力が回答しなくても関西電力が11月13日の裁判で答弁しそうなので、注目する
必要が有ると思われます。

★ 舩津康幸 さんから: 
10月19日夕方の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号31.で)
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/o8yv49s
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

週明け、現時点で検索できた記事を紹介します。(10.19.18:13)
※中段に、原発事故避難者に関する特集記事を河北新報が一度に4件公開しています。

川内原発の地元からも参加しています、
1.◎◎「原発問題全国連絡センターが交流集会 再稼働は許されない 核燃サイクル撤退を 対話で合意広げよう」しんぶん赤旗2015年10月19日(月)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-10-19/2015101901_04_1.html
わき市在住の伊東達也・同全国連絡センター筆頭代表委員は、震災関連死が1974人に上り「刻々と増えている」など東電福島第1原発事故による深刻な状況などを詳しく述べ、

〇脱原発首長会議は、
2.◎◎「伊方の避難計画「現実性ない」 福島で脱原発首長会議」【共同通信】2015/10/18 17:44
全文「現職、元職の首長らでつくる「脱原発をめざす首長会議」は18日、福島県南相馬市で記者会見を開き、四国電力伊方原発3号機をめぐり「避難計画に全く現実性がない」と
厳しく批判し、再稼働に反対した。
◎会議の世話人の一人、桜井勝延・南相馬市長は「住民の避難先が十分確保されているとは言えない」と指摘。東京電力福島第1原発事故による避難の長期化で、南相馬市では災害
関連死と認定される住民が現在も増えており、桜井氏は「再稼働を許さないのが一番の避難計画だ」と述べた。
◎茨城県東海村の村上達也元村長は「避難計画通りにできないことは、福島の事故で分かっているはず」と批判した。」

2’.「「脱原発首長会議」伊方再稼働に反対 首相らに申し入れへ」北海道新聞10/19 06:15 
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/politics/1-0192041.html

玄海原発関連、
3.「玄海原発1号機廃炉の基本工程決定、4段階で約30年」読売新聞2015年10月18日
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20151019-OYS1T50024.html
「九州電力は、営業運転開始から40年が経過し、廃炉が決定している玄海原子力発電所1号機(佐賀県玄海町)について、30年近くに及ぶ廃炉工程の基本的なスケジュールを決
めた。各施設の放射線量などに応じて工程を4段階に分け、各段階を約6~8年かけて進める。年内にもさらに詳細な「廃止措置計画」を策定し、原子力規制委員会に申請する方
針。
9月の佐賀県議会特別委員会で九電が明らかにした。放射性物質を扱わない2次冷却系設備を解体する第1段階を約6年、低線量設備を解体する第2段階を約8年、原子炉など高線
量設備を解体する第3段階を約7年、原子炉建屋の解体、撤去の第4段階を約7年と想定している。
廃棄物総量は約19万3800トンと想定。そのうち埋設処理が必要な放射性廃棄物は約2680トンで、中でも取り扱いに注意が必要な制御棒など高線量廃棄物を約120トンと
見込む。放射性廃棄物に含まれない19万1120トンは、一般の産業廃棄物として扱う予定。」
<後略>

★ 味岡修 さんから: 
経産省前テントひろば1499日 テント日誌10月18日(日)
   <一部:掲載>
(10月19日朝に提出した要請書)
東京高等裁判所第24民事部御中
高野裁判長様 陪席裁判官様

 平成27年第1309号土地明渡等請求控訴事件(テント裁判)について、
経産省前テントひろばを実際に使用し宿泊し当事者として参加した控訴人のひとりとして、お願い申し上げます。
 
経産省前テント広場の存続を認めてください!
 国からの損害金支払を却下してください!

私は次の理由で脱原発を実現したいと考えています。
1 核と命は共存できない
2 十万年以上も放射能を持つ使用済核燃料の保管・管理の方法も場所も未定(半世紀間も「トイレなきマンション」が未解決)
3 原発は安全でない(スリーマイル、チェルノブイリ、福島第一原発の事故)
4 原発は安くない(経産省が自由化に備えて原発の価格保証)
5 原発が無くても電気は足りている(約700日間日本の原発稼働ゼロ)
6 周辺を放射能汚染、特に温排水は海を温め汚染かつ取水で生物殺戮
7 被爆労働を強いる(事故が無くても)
8 核兵器の為の原発保持は憲法九条違反(石破発言など)
9 他国に危険な原発を輸出することは許されない(かつての公害輸出同様)
10 福島第一原発事故は全く収束していない
(放射能汚染水垂れ流し太平洋汚し続け、染水タンク増、デブリ不明、廃炉工程未知、小児甲状腺がん137名他がん患者・突然死・自殺増、野原に数十万のフレコンバッグ、19
万人の避難)

 一方、「安全だ、安い、無いと電力が足りない」と嘘をついてきた歴代政権も経産省もエネ庁も、東電福島第一原発事故の責任を一切とらないばかりか、引き続き原発推進政策を
続け、昨年4月には原発をベースロード電源とする「エネルギー基本計画」を閣議決定させました。引き続き国民を騙して原発を推進するつもりなのでしょう。
私たちはこのようなことを許せません。

 私たちはこのような経産省・資源エネルギー庁に対する異議申立、福島他の原発事故被害者の訴えをするために、経産省前テントひろばを設立しました。経産省前テントひろば
は、今や次の重要な役割を果たしています。
①霞が関の臍(へそ)(コンクリートジャングルにあるオアシス)
②経産省に突き付けられた匕首(あいくち)
③福島他の被害者が訴える場
④峠の茶屋、脱原発・再稼働反対の交流の場
⑤脱原発・再稼働反対を訴える表現の場

ところで、経産省前テントひろばが立って早や4年1カ月、この存在が何か悪影響を与えたでしょうか? 誰かに迷惑をかけたでしょうか?
そのようなことは全くなく、裁判所が撤去を認めれば多くの霞が関来訪者が寂しく思うのではないでしょうか。
素朴な国民の訴えの場を維持していただきたいと思います。

10月26日(月)テント裁判判決日 当日の予定
・ 13時30分 テントひろば前集合
・ 14時   東京高裁前集会
・ 15時   判決(102号法廷)
・ 15時30分 記者会見
・ 16時   報告集会 衆院第二議員会館 多目的会議室

★ たんぽぽ舎 さんから:
下記全文内容 http://tinyurl.com/qfyvt7s
【TMM:No2616】
2015年10月19日(月)地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします
                           転送歓迎
━━━━━━━
1.『10.11伊方原発ゲート前行動、
   そして10.12川内原発2号機再稼働阻止鹿児島集会へ』
   第29回「伊方集会」に参加して―報告
                沼倉 潤 (再稼働阻止全国ネットワーク)
2.「原発なしに暮らしていける、そのような地域、社会づくりを
   ともにぜひ進めていただきたい」
   近藤誠さん逝去4日前「魂の抗議アピール」伊方原発ゲート前…
   2015年10月11日(日)第29回伊方集会
   伊方原発ゲート前での近藤誠さんの発言(テープ起こし)
             堀内美鈴(伊方原発50km圏内住民有志の会)
3.来年3月頃には、タンクによる汚染水貯留は破綻する計算
   多くの報道機関はスルーしている
   タンク空き容量が減少一途の福島第一原発    春橋哲史
4.新聞より
  ◆もんじゅ点検漏れ 相次ぎ7回 機構の運営 規制委不安視
                  (10月19日東京新聞2面より抜粋)
★ いで さんから: 
10・18は100名の参加で集会とデモを行いました。
その後「戦争法を廃止する会」のデモ(130名)に合流しました。
<辺野古アクションのお知らせ>
・沖縄・名護市辺野古の新基地建設に反対するアピール行動。
・毎週火曜日、福岡天神パルコ前
・18時30分~19時30分迄
・横断幕、マイクアピール、ビラまき、プラカード掲示などです。
・連絡先(井手・080-1760-4767)

<沖縄・へリ基地反対協議会からの声明>
「翁長知事の埋め立て承認取り消しを支持する緊急声明」
http://tinyurl.com/ox7wd4p
2015年10月14日 ヘリ基地反対協議会(共同代表 安次富 浩)

----集会等のお知らせ------

●「玄海原発再稼働をSTOP!させるには」の学習会●
日時:2015年10月25日(日)午後2時~4時40分
場所:福岡市早良市民センター視聴覚室
案内チラシ http://tinyurl.com/qevtqnk

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
日時:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
場所: 福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
案内チラシ http://tinyurl.com/q8by28h

●ほんわかDAY 『標的の村』上映会+三上監督講演会&マルシェ●
上映10時/13時/16時半 三上監督の講演会14:45~16:15
マルシェ12:00~16:00
日:11月3日(火)
場所:光蓮寺(福岡県太宰府市宰府1-10-23)
西鉄電車「大宰府駅」より徒歩1分
(天満宮と反対方向)
参加費:前売 1000円 中高大学生 500円
当日 1200円 (小学生以下無料)
マルシェのみは無料
申し込み・問い合わせ:080-2740-3883(中川)
honwaka-day.2@docomo.ne.jp
https://www.facebook.com/events/713495625422225/

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  原告総数 9886名 (10/8日現在)
HP: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
新チラシ http://tinyurl.com/nf3xg6a

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月19日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1643目報告☆

呼びかけ人賛同者10月18日合計4014名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
 
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまです。
今朝(18日)のNHK日曜討論を聞いていました。
NHKの番組は まるで政府の広報機関に成り下がっています。
御用学者を集めて、政策の検討もしないし、持ち上げのコメント
ばかりです。
TPPで農家に6兆円の補助金を出すと言っていました。
そんなバラマキをするならTPPなど締結しないで、6兆円を経済振興に
回せばいいのです。 6兆円は 私たちの税金です。
あんくるトム工房
TPP農家支援に 6兆円  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3665

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆このたびは幣も取り敢へず辺野古海 珊瑚の錦カネ(賄賂)のまにまに
      (左門 2015・10・19-1179)
※ついに!出た辺野古基地関連の賄賂。《「普天間飛行場代替施設建設
事業に係る環境監視等委員会(環境監視委)」は「移設事業を科学的に審
議し、工事の変更などを国に指導できる専門家が、事業を請け負う業者側
から金銭支援を受ける構図だ」。4委員は・・・「寄付金は辺野古と関係がな
い」などと説明》(朝日新聞、本日)と言うが、誰が信じる?百人一首で菅家
が詠んでいるのは、人の穢れを清める「幣」を準備できなかったが、紅葉の
清らかさに免じてお許しくださいという謙虚さだが。学者らは開き直っている。

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 園児二人を一緒に体重計に載せたらAkgで、別々に測って
それを合計するとBkgだったら、途中でトイレに行ったり、
お菓子を食べたりしなければ、A=Bで等しいのが正解ですよ
ね。じゃあ、次の発問です。
 原子力発電に使うウラン235の原子核1個の質量がAkgの
とき、これを何らかの方法で二つに分裂させて、それらの質量を
測定して合計した質量をBkgとしたとき、次の内正解は?
      ① A<B   ② A=B  ③ A>B 

☆ 核分裂 日本列島 幾重にも 巨悪なエネルギー 渦巻いており

☆ 九電と 交渉経過の 冊子づくり アベに怒りて 終日格闘

★ 奥道直子(在ドイツ) さんから:
奥道直子(在ドイツ)
「稲穂重く黄金色に輝く田圃 - 土壌削り取られ力なく草ぼうぼうの田畑」
この9月、日本滞在中、釜石から西に花巻へ、そして花巻から南の仙台まで列車で旅をしました。 
その間、北上高地の山々を、そして奥羽山脈を背景に
「稲穂実った黄金色の田圃」の風景美に心奪われ、車窓から写真を撮り続けました。 

その約2週間後、福島原発事故で汚染され住み人なしの飯館村と浪江町を訪れました。 
同じ東北地方です。 沢山の田畑がそこにもありました。 
2種類の田畑の光景がありました。 
一つは、「除染作業中」という旗を数多くなびかせ、作業員たちが田畑の土壌を削り取っている、
あるいはその削り取られた土壌が入った黒袋が山積みされている光景。 
もう一つは、夏の日照りからでしょうか力なく伸びた背高い雑草で覆われた田畑。 
同じ東北地方でも一方は「稲穂重く黄金色に輝く実りの田圃」、
他方は「土が剥ぎ取られ裸の、あるいは草ぼうぼうとなった貧相な田畑」。 

福島原発事故は、私たち日本人の主食であるお米を、野菜を、家畜の牧草を
育てた土壌を放射性物質で汚染し、削り取らせています。 
削り取っても持って行き場のない可哀想な土壌をつくり出しました。 
この土壌・大地には、日本列島に暮した人々の歴史が、労働が込められており、
私たち日本人の先祖たちの命が死んで土に還ったものから成っている土壌です。 
否、人間を含む生きとし生けるものが土に還り、それらから成っています。 

私たちの命を養う供給源であると同時にその命が還ってゆく場の土壌が、穢れたもの、
おぞましいもの、邪魔者になったのです。 
このような現実を生み出した原発は、生命の存立に反します。 
そのような理由からも、原発の存在はどうもあっても許せません。

 ●昨日投稿文の「ふり仮名」以下のように訂正します:
 「学びて思わざれば罔し(くらし)、思いて学ばざれば殆し(あやうし)」
 「学んでも自分の問題としなければ理解したことにはならない。 
 問題意識を持っても学ばなければ危ない」、という意味です。

★ 金信明 さんから: 
イ・ジンソプさんの小倉での講演会と鹿児島中央駅東口広場で行われた
川内原発2号機再稼働反対集会とデモの様子をユーチューブに上げました。
どうぞご覧ください。

10/11小倉講演会
https://youtu.be/qBGjtMn1A-A

10/12鹿児島中央駅東口広場川内原発2号機再稼働反対集会とデモ
https://youtu.be/NIV13qvZalo

★ 宮崎 黒木さんから: 
下記内容全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/nzlp7wb

記録に「残す」ウクライナ、記録に「残さない」日本、どっちが優秀か?――秋山豊寛×広瀬隆対談【中篇】
ダイヤモンド・オンライン 10月17日(土)11時0分配信
● 関西SEALDs代表の 泣かせるセリフ
● 悔しいけれど、 テレビは「時代の太鼓持ち」
 広瀬 秋山さんが、今のように積極的な活動を始めた「きっかけ」は何ですか? 

● 目の前で起きている「事実」を 後世に伝えよう
 秋山 もう1つは、現実に起こっていることを記録に残していくことが大切な務めだと思います。
 チェルノブイリ事故から5年後の1991年、現地を取材したとき、ウクライナの医者が放射線の影響で死産した胎児を標本にして、保存しているのを見ました。
(つづく)

*3号機も高濃度汚染源…ベント後、北西に放出か
読売新聞 10月19日(月)3時10分配信

*<脱原発の首長会議>伊方の再稼働反対、近く申し入れへ
毎日新聞 10月18日(日)21時45分配信
 ◇安倍首相と中村時広・愛媛県知事に

----集会等のお知らせ------

●「玄海原発再稼働をSTOP!させるには」の学習会●
日時:2015年10月25日(日)午後2時~4時40分
場所:福岡市早良市民センター視聴覚室
案内チラシ http://tinyurl.com/qevtqnk

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
日時:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
場所: 福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
案内チラシ http://tinyurl.com/q8by28h

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  原告総数 9886名 (10/8日現在)
HP: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
新チラシ http://tinyurl.com/nf3xg6a

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月18日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1642目報告☆

呼びかけ人賛同者10月17日合計4014名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
 
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
戦争法廃止、原発を止める、沖縄の基地をなくす、等々
たたかいの拠点はたくさんあります。
すべての野党が一致できる点で 協力してまとまっていけば
自民・公明を打ち負かすことができると思っています。
17日は中国東北地方(満州)から帰国した方々の手記を読みました。
一家を殺され、又は置き去りにされ、中国人の養父母に育てられた
方々の手記です。「戦争は二度としてはならない。」
皆さんの心からの願いです。
あんくるトム工房
戦争はしてはいけない  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3664

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆《国が国に「不服審査」をする異常》法も理もなきアベノ独裁
      (左門 2015・10・18-1178)
※「行政不服審査法は、行政庁の違法・不当な処分や公権力
行使に対し、国民に広く不服申し立ての道を開くことです」(ジャ
ーナリスト・青木理さん)。まさに、「公私混同」ここに極まれり!
御用学者がシャベルと「学者が言った」と言いながら、批判され
ると「学者が決めることではない」とダダッ子ぶりは再三批判し
て来たが、もう、ここまで来ると「開いた口が塞がらないのだが、
この開いた口から、批判の矢を連射しましょう!!!

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 3年ほど前に、九州玄海訴訟「ちくしの会」で、「原子力発電の
狂暴性を根本から問う」というテーマで、2回にわたって授業?を
しました。初めに「保育園で二人の園児が体重計に乗り、合体体重
を測りましたらAkgでした。その後、一人ずつ測って合計すると
Bkgでした。次の三つの回答で正しいのは?」と発問しました。
あなたの答はどれですか?
 ①AはBより小さい ②AとBは等しい ③AはBより大きい

 ☆ 川内の 再稼働要員 福岡へ 玄海ゆるすな 真実一路
 
 ☆ テント村 多彩な人の 集まりて 知恵のかたまり 九電を圧す

★ 福岡市の福島久子 さんから: 
青柳さんありがとうございました。

原発の事故起きたのに再稼働
いやいや
原発の事故起きたから再稼働

★ 仮面ライダー さんから:
《気ままに川柳》
〈悪酔いしない『国民連合政権』呑みましょう!〉
〈いいね!青柳メール・短歌・詩・川柳・科学に焼酎も!〉

★ 奥道直子(在ドイツ) さんから:
青柳行信様、
「学びて思わざれば罔し(あやうし)、思いて学ばされば殆し(くらし)」
毎日の報告、ありがとうございます。
川内原発第2号機再稼動についてはこちらドイツでも報道されています。
国民過半数の脱原発の願いを無視する愚かな安倍政権が再稼動を「粛々と」進めるのを知ることは、私のように遅くして原発問題に目覚めた人間には、「ああ、やっぱり駄目なの
か」との諦めにつながりがちです。 そして、ある知人が言った言葉、「そんな運動しても空しいだけですよ」、であるとか、また、他の九州の知人は、「奥道さん、僕は反対運動
はしないんですよ。もう一度、福島と同じような事故が起きないと駄目なんですよ、いくら反対しても」、などと空恐ろしい言葉をつい思い出してしまいます。

 この9月、日本に滞在しました。 女川町を訪れ「原発PRセンター」を訪問し、女川原発を浜から、女川湾を走るフェリー船上から睨んできました。 また、福島原発事故で半永
久的に居住不可能となり無人化した土地、飯館村および浪江町の地を踏み見学する機会を得ました。 その際に案内して下さった半世紀近く反原発運動をしている二人の方が私の質
問に次のように応えた言葉を、川内原発再稼動ニュースと共に繰り返し思い出しています。 

私の問いは、「長年の多くの落胆・失望・困難な経験にもめげずに今まで反対運動を続けてこられたその原動力は、エネルギーはどこから来るのですか?」でした。 二人とも一
言、「それは学習です」、と言い切りました。 私はこの回答を次のように解釈しました。 

つまり、 これは変だ、との問題意識を持ったら、変だ、と感じ思ったことについて勉強する、つまりその分野の本を読み、答えを得ることにより漠然と感じた疑問が言語化され、
確信となる。 それに対する反論に出会ったら、さらなる学びを通しその反論を退ける根拠を得る。 そうすることにより、最初に得た確信はより強固なものとなる。 自分が正し
いと思う確信は、いつかは日の目を見る、と言う希望につながり、ひいては世に発言し、行動する原動力となる、というように解釈しました。 

そして更に思い出すことは、ある冊子で読んだ論語の一句、「学びて思わざれば罔し(くらし)、思いて学ばされば殆し(くらし)」、です。 その意味は、専門家の本を読んで客
観的知識をいくら沢山得ても、つまりいくら学んでも、それをみずから考えて自分の言葉としなければ、つまり自分の問題としなければ、よく分かっていないのと同じことだ。 ま
た、たとえあることについていくら思いをめぐらしても、つまり問題意識を持っても、学ばなければ、つまりその分野の専門家の本を読んだりして客観的知識を得た上で行動しなけ
れば危険だ、ということです。 ということで、川内原発第2号機が再稼動されたことに対し、青柳通信から得る情報をも活用し、共に学び励まし合い、客観的知識によって原発の
存在に否! とますます強く反論できるようにならなければ、と考える次第です。 ただ問題は、「安保法制案強行採決」の次第を見ても分かるように、「知性欠如」の安倍内閣に
は論理が通じないという現実です。

★ 舩津康幸 さんから: 
10月17日夕方の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号16.で)
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/p5t7lvj
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu
※※明日は休みます。再開は、10月19日夕方以降です。

おはようございます。
今朝の西日本新聞朝刊5面下方に以下の記事があります。
●「川内2号機19日にも発送電」西日本2015年10月18日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/73008/1/
全文「九州電力は17日、再稼働した川内原発2号機(鹿児島県薩摩川内市、出力89万キロワット)の蒸気タービンを起動させ、発電と送電に向けた準備に入った。
2号機は発電機の部品を交換したため、8月に再稼働した1号機に比べると発電開始前の検査項目が増えている。発送電は21日に始める予定だが、九電は工程が順調に進めば、最
速で19日まで前倒しが可能としている。
発送電開始後は出力を段階的に上昇。原子力規制委員会の最終的な検査を経て、11月中旬の営業運転を目指す。」

こんばんは。
それでは、川内(せんだい)原発関連からはじめます。
1.「主張 川内原発2号機 無用な再稼働ドミノをやめよ」しんぶん赤旗2015年10月17日(土)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-10-17/2015101701_05_1.html
「・・・・
この冬も電力は賄える
九州電力は2号機を再稼働する直前、経済産業省にこの冬の電力の需給見通しを提出しました。2号機を再稼働しなければ電力が賄えなくなるというのではありません。1号機1基
だけでも、他の電力会社からの応援や融通なしで、安定供給の目安となる、需要に比べた供給の予備率3%を確保できる見通しです。電力は賄えており、再稼働の根拠はありませ
ん。・・・・・
〇再稼働は撤回しゼロこそ
全国の原発が次々停止するきっかけになった東京電力福島第1原発の大事故はいまだに収束の見通しが立たず、住み慣れた故郷に帰れない被災者は10万人を超します。再稼働を急
ぐべきではないという世論は圧倒的多数です。
 安全も保証せず必要でもない原発再稼働は被災者の声も圧倒的な国民世論をも踏みにじるものです。川内原発などの再稼働は撤回し、停止中の原発はとめたまま「原発ゼロ」に進
むことこそ、被災者と国民にこたえる道です。」

昨日の金曜官邸前行動は、
2.「再稼働強行政権に抗議 官邸前行動」しんぶん赤旗2015年10月17日(土)7
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-10-17/2015101715_02_1.html

2’.「【金曜日の声 官邸前】原子力 制御できない」東京新聞2015年10月17日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/kinyoubinokoe/list/CK2015101702000223.html

原発立地・周辺地域、
3.(佐賀県)「唐津の7離島、安全な避難課題 原発事故時 熱中症対策、高齢者誘導で 放射線防護施設整備77%」佐賀新聞2015年10月17日 09時51分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/240326
<中略>
参考資料、
14.「元総理・菅直人が福島のホットスポットへ!「今もまだ屋根から汚染水が流れ続けているのは理解に苦しむ」」週プレNEWS?10月17日(土)6時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151017-00054988-playboyz-soci
<後略>

★ たんぽぽ舎 さんから:
下記内容全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/ptqhlkv
たんぽぽ舎です。【TMM:No2615】
2015年10月17日(土)地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします
                           転送歓迎
━━━━━━━
1.「皆さん、福島はいつか収束すると思いますか?」
   「フィンランド:オンカロでは10万年安全に保管できますか?」
   10/14倉澤治雄さん(科学ジャーナリスト)講演
   「未来への負の遺産~原発ゴミはどこへ行く?」
      渡辺マリ (たんぽぽ舎講座運営委員)
2.落選運動の戦略【4】
    上岡直見〔環境経済研究所(技術士事務所)〕
3.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
  ◆10/19大間原発はいらない!スタンディングデモ
   場所:電源開発本社前 12時から13時 主催:大間原発反対関東の会
4.新聞より2つ
  ◆「原発は危険」最後まで 4日前には伊方反対集会へ 声絞り「廃炉を」
   特報面「別冊 南海日日新聞」連載 近藤誠さん死去
     (10月17日東京新聞24面「こちら特報部」より抜粋)
  ◆原子力 制御できない
    (10月17日東京新聞1面「金曜日の声 官邸前」より)

★ 工藤逸男 さんから:
「玄海原発再稼働をSTOP!させるには」の学習会
案内チラシ http://tinyurl.com/qevtqnk
Ⅰ 講 演
  「鹿児島での反原発、再稼働反対のたたかい」 
鳥原良子さん(川内原発建設反対連絡協議会・会長)
Ⅱ 報告と提起
・玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 石丸 初美さん
・さよなら原発!佐賀連絡会 豊島 耕一さん
・玄海原発対策住民会議  藤浦 晧さん

と き:2015年10月25日(日)午後2時~4時40分
ところ:福岡市早良市民センター視聴覚室
資料代:500円
定 員:75名

九電は、川内原発に割いていた要員を玄海原発3、4号機再稼働に向けての審査体制にシフトさせると明らかにしています。
私たちは、このまま玄海原発の再稼働を見過ごすことなどできません。
今回の会では、鹿児島・薩摩川内市で再稼働反対をたたかってこられた鳥原良子さんのお話をお聞きする場を設けます。
また、佐賀県において長い間玄海原発に反対し、様々なたたかいをしてこられた3団体の皆さんからのお話もお聞きします。
それらを受け、これから玄海原発再稼働をストップするために、今後、私たち一人ひとりが何をしたらいいのか、
どうすべきなのかを探っていく、そのような話し合いへとつなげていきたいと考えています。
主催:戦争と原発のない社会をめざす福岡市民の会
連絡先 080-8353-5792(工藤)
E-mail?? no_war_no_genpatsu_fukuoka@yahoo.co.jp
http://no-war-no-genpatsu-fukuoka.jimdo.com/?

----集会等のお知らせ------

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
日時:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
場所: 福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
案内チラシ http://tinyurl.com/q8by28h

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  原告総数 9886名 (10/8日現在)
HP: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
新チラシ http://tinyurl.com/nf3xg6a

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月17日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1641目報告☆

呼びかけ人賛同者10月16日合計4014名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】10月16日2名。
  松尾律子 西畑英人
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまです。
川内原発2号機は動き出しましたが、市民の不安は収まっていません。
事故が起こる前に 何とかして止めたいものです。
世界の目が 日本の原発行政を見ています。
あんくるトム工房
来んしゃい金曜脱原発  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3663
川内2号機 臨界   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3662

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆原発も辺野古の海も打ち捨ててシンゾウだけの空蝉外交
      (左門 2015・10・17-1177)
※「新”三本の矢”①強い経済、②子育て、③社会保障」と、
毎度、「羊頭を掲げて狗肉を売る」安倍首相。臨時国会の要
請から逃げて、外面ばかり厚化粧。しかし、国連総会での演
説会場は閑古鳥(ロイター通信の写真)。「米国に追随してい
るだけの国の話を聞いてもしょうがない」(孫崎享さん評)なの
に援助金と騙しの効く間はやる。それも我々の血税なのだ。
「空蝉」=「魂のぬけた虚脱状態の身」にはお引き取りを!

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 ☆ 原発よ 絶えなば絶えね ながらへば
     命も土地も よわりもぞする
       (小倉百人一首第89首に託けて)

    元歌 作者 式子内親王 
 ☆ 玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば
     忍ぶることの よわりもぞする
 [注釈]私の命よ、絶えてしまうならば今絶えて欲しい。このまま生き長らえ
    ていては、あなたを恋してやまない気持ちが弱ってしまうから、その方
    が私はとても困りますのよ。

★ 福岡市の福島久子 さんから: 
青柳さんお疲れさまです。
毎日新聞に(万能川柳)という、ゆるい川柳があります。
私もおばせさんたちを見習って、川柳を投句させて下さい。

☆ 娘婿テントで頼んで4年半

★ 仮面ライダー さんから:
一日川柳
〈川内原発自転車で行けば守衛も微笑む〉
〈微笑む顔が事故で凍りつく前に即停止〉

10月13日、鹿児島デモの翌日〈川内原発2号機稼働〉
阻止抗議行動の正門前へ 大分の島田雅美さんと合流

★ ギャー さんから: 
川内行って腹立てて歌ってた〓
「原発なくても生きられる」

原発なくても生きられる/メシを食わなきゃ生きられない
食べるメシにも放射能/これじゃ生きるに生きられない
この世の中はアベコベだ/だからアベがのさばってるのさ

原発なくても生きられる/メシを食わなきゃ生きられない
メシを食うにはお金がかかる/お金のためには原発労働
原発労働被曝する/被曝したならあの世行き
メシを食うため生きるため/働くことであの世行き
この世の中はアベコベだ/だからアベがのさばってるのさ
ひっくり返ってアベコベの/こんな世の中ひっくり返そう

★ 大澤武男(ドイツ・フランクフルト在住) さんから:
青柳様
百万人近い避難民流入者で全く混乱中のドイツですが、
それでも、日本国民の訴えを無視した川内原発2号機の再稼働
は、大々的に報道され、福島原発事故の収拾もついていない
にもかかわらず、業者と政治家が次々と原発の再稼働を始めた
事に対し、厳し批判の目が向けられています。

流入避難民対処に明け暮れているドイツですが、次々と原発廃炉
が進展している中で、今後の長年に渡る解体作業の莫大な経費と廃炉解体
から出る危険な廃棄物処理の見通しがなく、大きな不安が漂っています。
30年しか使用できない原発の廃炉解体に30-40年もかかるという
不合理な、浪費と危険の伴う原発を、何故今頃になって業者と政治家が結託して次々
と稼働させなければならないのか憤怒の念を禁じ得ません。

ドイツでは「次世代に負担を残してはいけない」と常に言われ、常識となって
いますが、日本の原発再稼働こそ、次の世代への配慮に全く欠けた行動であり、
許し難い無責任な行為です。展望もなく国家の負債を際限なく積み上げてゆく無責任
な政治家や官僚たちの政治行政は、原発再稼働に通ずるものがあります。

日本の今の子供たちや孫たち、そしてその次の世代が背負うであろう苦労を考えると
深刻で同情に堪えません。一日も早く日本国民全体が次世代の負担の深刻さに目覚
め、それを少しでも軽減するよう、現世代の私たちは何としても早期原発廃止を実現しな
ければなりませんですね。遠方よりしっかり応援しています。

★ 舩津康幸 さんから: 
10月17日朝の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号39.まで)
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/oodhauj
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

おはようございます。現時点でネット上で検索できた記事を紹介します。(10.17.4:28)
昨日は、川内(せんだい)原発2号機が起動、臨界に達したと報じられていますが、今朝はその後を伝える記事からはじめます。
※アベ首相が、「被災者に寄り添い、全力を」(21.)と口先だけで言ったその矢先に、環境省の官僚が原発事故被害地域でとんでもない発言をしています。霞が関の人たちはこ
の程度なんです。(22.)

NHKがたんたんと九電の広報のように伝えています、
1.●「川内原発2号機タービン起動へ」NHK鹿児島10月16日 19時33分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/5055614621.html?t=1445022021103

昨日、既報ですが、
2.「川内原発2号機 再稼働 抗議 鹿児島で全国で」しんぶん赤旗2015年10月16日(金)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-10-16/2015101601_03_1.html

こちらの新聞ではこんな記事を、
3.「川内2号機再稼働 暴言、無許可テント居座り…反原発派に住民憤り」産経新聞2015.10.16 07:10
http://www.sankei.com/region/news/151016/rgn1510160015-n1.html

各社が川内原発再稼働を受けて、
4.「原発再稼働、次々と 川内2号機も 説明拡大、求める声」朝日デジタル2015年10月16日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12017851.html?rm=150

5.「新基準で再稼働の原発は2基に 今後の課題は」NHK10月16日 4時54分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151016/k10010271661000.html
「・・・・・・川内原発の2基に続いて新しい規制基準の審査に合格したのは、高浜原発3号機と4号機、それに伊方原発3号機です。このうち、高浜原発について関西電力は3号
機を12月下旬、4号機を来年1月中旬に再稼働させる計画を示しています。しかし、事故が起きた際の周辺の避難計画を巡っては、福井県の自治体と京都府の自治体との調整など
が必要で、内閣府が支援して対応策を検討しています。また、裁判所からは再稼働を認めない仮処分の決定を受けていて、決定が覆らなければ、再稼働することはできません。
伊方原発3号機は、愛媛県議会が今月9日、再稼働を認める決議をするなど地元の同意の手続きが進んでいますが、安全対策を巡っては、原子力規制委員会による設備の詳しい設計
の確認が行われている途中で、四国電力が目指す再稼働は早くて来年の春以降になるとみられます。このほかの審査を申請している全国13の原発の20基については、審査が終わ
る具体的なめどが立っていない状況です。
◎◎原発を再稼働することについては、NHKが今月行った世論調査で、▽「賛成」と答えた人が18%、▽「反対」が43%、▽「どちらともいえない」が33%と、反対が賛成
を大きく上回る状況が続いていて、国や電力各社には、十分な説明とともに安全対策や防災対策を向上させることが求められています。
<後略>

★ 江藤成一(フリーターユニオン福岡) さんから: 
青柳様
今朝は誠に失礼いたしました。
今回は福岡合同労組の方達などから近日中に脱原発、反原発に関する講演会が幾つか開かれると聞きました。
まずは10月25日の14時より福岡市早良市民センター視聴覚室にて川内原発建設反対連絡協議会・会長の鳥原良子さんによる講演会が開かれます。
それと11月1日13時30分より[ふくふくプラザ視聴覚室]にて小倉利丸さんによる講演会が開かれます。
両日とも当日、都合がつけば参列する予定です。互いの都合がつけばまたお会いいたしましょう。
両日とも御講演が成功することを心より祈っております。

★ 佐藤江美 さんから: 
青柳様、
いつも情報有難うございます。
村田先生の多方面へのメッセージ送らせて頂きます。

多方面への発信メッセージ  2015年10月10日
   このたびノーベル文学賞受賞を受賞したベラルーシの作家・スベトラーナ・アレクシエービッチ氏は『チェルノブイリの祈り』の著者として知られ、福島につい ても積極的に
発言していると言われており、また、原発はcontrol できないとものと指摘していると伝えられておリます。
 画期的な受賞といえます。
 スベトラーナ・アレク シエービッチさんは、東京電力福島第一原発の惨事に心を痛めて、自身の作品で取り上げたチェルノブイリ原発事故の教訓と重ね「原子力時代を脱却すべ
きだ」と、日本に向けてメッセージをつづりました。
 メッセージは、福島第一原発事故発生から1カ月後の2011年4月に書かれ、「チェルノブイリで眼にしたような姿に世界がなってしまわないために、他の道を探すべきだ」と訴え
ております。
 10月10日東京新聞に掲載された全文を別添いたします。(こちら)
『チェルノブイリの祈り』は10年ほど前に神田香織さんの講談と私の講演、そして対談が東海村で行われたことを想起しております。
“Under control"発言に立脚する東京五輪の返上及び民事・軍事を問わない核廃絶に取っての格好の追い風です。
 9日、13時からの「ラジオ日本」の番組で元参議院議員の平野貞夫氏は「月刊日本」の南丘喜八郎主幹を通じ手交された私のIOC会長とのやり取りを含む最近の発信資料に基づ
き、東京五輪問題に的確に言及しました。
 福島での再臨界の可能性が取り沙汰されていることも指摘し、来年の夏までに“Under control"の再確認を含めIOCとしても決着をつけることを迫られようとの見通しを述べまし
た。 たいへん時宜を得た発言でした。
 去る3日、午前11時より早稲田大学春秋会秋季大会(大隈会館)で「力の父性文明から和の母性文明へ~核廃絶と日本の歴史的役割」と題する講演を行いました。五輪問題にも
言及しましたが、こころ強い反響がえられました。上述の南丘主幹と平野氏の動きはその一例です。村田光平

★ たんぽぽ舎 さんから:
下記内容全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/od6aq7j
たんぽぽ舎です。【TMM:No2614】
2015年10月16日(金)地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします
                           転送歓迎
━━━━━━━
1.原発事故の時“政府が責任をもつ”は本当か?
   過去、原発事故の時、責任を持ったか?
   東電福島第一原発事故(2011年)の時はどうか?
   JCO事故(1999年)の時はどうか?
    柳田 真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)
2.フクシマ原発、原発再稼働阻止行動、テントひろば創設、
   集団的自衛権閣議決定、戦争法案反対12万人集会デモと
   民衆の闘いは進み、歴史は動いている
   10.8戦争法廃止、安倍内閣退陣、総がかり行動集会レポート
      石垣敏夫 (さいたま市)
3.再稼働阻止全国ネットワーク共同代表の1人である
   近藤誠さんご逝去・訃報
   原発をなくす闘いの遺志をついで
   伊方原発再稼働阻止めざし、今後がんばる
     柳田 真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)
4.新聞より3つ
  ◆危機感なき「安全神話」再び「避難事故起こらぬ」
   川内2号再稼働 「調整システム」形だけ バス運転手の訓練なし
     (10月16日東京新聞朝刊3面「核心」より抜粋)
  ◆汚染土 行き場なし 仮置き場にこのままずっと?
   「3年の約束 国は守って」 山積み 850万立方メートル
   中間貯蔵施設 めど立たず 除染計画の再考必要
     (10月16日東京新聞朝刊28,29面「こちら特報部」より抜粋)
  ◆2号機再稼働“ひな型”は通用しない
     (10月16日東京新聞社説より)

★ 祝島からのアピール さんから:
いのちの海を守れ! さよなら上関原発!
10.24反原発デー県民集会が上関町室津で開催されます。
日時: 10月24日(土)13時30分~16時
場所: 上関町室津地区
主催:上関原発に反対する上関町民の会
上関原発を建てさせない祝島島民の会
上関の自然を守る会
協賛:上関原発を建てさせない山口県民連絡会

----集会等のお知らせ------

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
日時:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
場所: 福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
案内チラシ http://tinyurl.com/q8by28h

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  原告総数 9886名 (10/8日現在)
ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
新チラシ http://tinyurl.com/nf3xg6a

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月16日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1640目報告☆

呼びかけ人賛同者10月15日合計4012名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
 
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまです。
川内2号機の稼働。 本当に憤りを覚えるやり方です。
九電は市民の怒りを畏れて、前日から本店前に通行禁止のイエロー・バーを
設置しました。自分たちが儲けのために、住民の気持ちを踏みにじっていることを
知っているのでしょう。 まさに、お金の優先です。
私たちは 抗議し続けます。
あんくるトム工房
九電に抗議   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3660
九電前で抗議 反核女子部  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3661

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆薩長は帝国主義の先導者 再稼働汚染のゴリ押し役今
      (左門 2015・10・16-1176)
※『明治維新という過ち~日本を滅ぼした長州テロリスト』
(毎日ワンズ、原田伊織著)。「強兵富国」のための殖産興
業は」敗戦でも徹底して変えられず、再軍備へなだれ込み、
核帝国へ暴走している。「再稼働」の続出は、放射線によっ
て、この「まほろば」を自滅させることを気づこうともしない。
「日本の国のかたち」とともに「質」についても真剣なディベ
ートが必要です!「維新」という商標の醜さが露呈中ですね。

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
☆ 夜をこめて 安全神話を はかるとも
    よに川内の 関はゆるさじ
      (小倉百人一首第62首に託けて)

☆ 元歌紹介 作者 清少納言

  夜をこめて 鳥のそらねは はかるとも
      よに逢坂の 関はゆるさじ

 [注釈] 夜の明けないうちに、鶏の鳴きまねで人をだまそうと
しても、この逢坂の関=あなたに逢うことを、決して許しませんよ。
 (小倉百人一首の暗誦のために、パソコンのエクセルを使って、
  便利なカードを作って広めています。)

★ 舩津康幸 さんから: 
10月16日朝の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号48.まで)
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/pus5z6p
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

おはようございます。現時点でネット上で検索できた記事を紹介します。。(10.16.5:02)
昨日は、川内(せんだい)原発2号機が起動、夜半に葉臨界に達したと報じられていますが予定されています。
今朝は、その川内原発関連の記事から始めます。ゲート前をはじめ、九電本店前なの各地で抗議行動があったことを伝える記事も多数あります。

1.「九電の川内2号機再稼働、臨界に 21日に発送電開始」西日本新聞10月15日 23時30分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/201287
「九州電力は15日、川内原発2号機(鹿児島県薩摩川内市)を再稼働した。同日午後11時に核分裂反応が安定的に持続する「臨界」に達した。21日に発電と送電を始め、11
月中旬に営業運転に移行する予定。原発の新規制基準下では、8月の川内1号機に続く2基目の再稼働で、政府の原発推進の姿勢が鮮明となった。
川内原発前では住民らが「脱原発を諦めない」などと声を上げて抗議活動を展開。
●一方、菅義偉官房長官は「新基準に適合すると認めたものは再稼働させていく政府方針に変わりはない」と強調した。
川内2号機では、老朽化によるトラブルを不安視する声もある。」

1’.「川内原発:2号機も再稼働 新基準で1号機に続き2基目」毎日新聞2015年10月15日11時25分
http://mainichi.jp/select/news/20151015k0000e040200000c.html?fm=mnm

2.●「<川内2号機再稼働>「原発回帰」また一歩」毎日新聞?10月15日(木)22時46分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151015-00000119-mai-sctch

2’.●「川内2号機 再稼働 複数炉の危険、想定せず」東京新聞2015年10月15日 13時55分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015101590135531.html

2”.「川内原発2号機が再稼働」NHK10月15日 11時42分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151015/k10010270441000.html

3.「川内原発2号機が再稼働」TVQ(2015年10月15日 17:15)※映像無し
http://www.tvq.co.jp/news/news.php?did=16522

3’.●●「九電、本格回復道半ば 電力自由化対策急務」西日本電子版2015年10月16日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/72889/1/

◇鹿児島現地での抗議行動、
4.「100人が再稼働に抗議 川内原発2号機前で集会 [鹿児島県]」西日本2015年10月15日 20時14分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kagoshima/article/201283

4’.「動画】川内原発2号機再稼働に反対 市民団体が抗議集会」KTS鹿児島放送2015年10月15日11:14  
http://news.ktstv.net/e60318.html

4”.「「命に不誠実」「業界立て直す道筋」 川内原発再稼働」朝日デジタル2015年10月15日13時43分
http://www.asahi.com/articles/ASHBG7H82HBGTIPE04J.html

4”’.「<川内原発>ハンスト内田さん「2号機動かすな」 再稼働に」毎日新聞?10月15日(木)12時51分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151015-00000035-mai-soci

◇九電本店前で、
5.◎「九電本店前で再稼働に抗議活動 」NHK福岡10月15日 12時25分
http://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20151015/5637731.html
「・・・鹿児島県の九州電力川内原発2号機は、15日午前10時半に、核分裂反応を抑える制御棒を引き抜く作業が行われて原子炉が起動し、再稼働しました。
福岡市中央区の九州電力本店前では、再稼働に反対する市民グループらが抗議活動を行いました。
この中では、参加者がマイクを使って「いったん事故が起これば子や孫の世代まで、取り返しのつかないことになると福島の事故から学んだはずだ。経営を最優先させる再稼働は認
められない」と訴えました。
そして、原発反対などを訴える横断幕やのぼりを持ち「原発再稼働反対」と、シュプレヒコールを上げていました。
参加した春日市の69歳の男性は「世界最高レベルの規制基準というが、火山の噴火の危険性もあるし、住民説明会も開かれないままの再稼働で納得がいきません。このあと続く、
玄海原発の再稼働も絶対に許せません」と話していました

(鹿児島県知事が)
6.「「事故なら日本の原子力政策終わる」 川内再稼働に知事」朝日新聞デジタル?10月15日(木)11時40分配信
http://www.asahi.com/articles/ASHBH3GXKHBHTIPE00B.html

6’.「伊藤鹿児島知事「やっとここまで」=川内2号機再稼働」時事通信?10月15日(木)11時22分配信
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201510/2015101500329&g=soc

7.「岩切薩摩川内市長「安全確保を最優先に」=2号機再稼働で」時事通信2015/10/15-14:09

8.(地元紙の社説)「[川内2号再稼働] 不安解消されていない」南日本新聞2015年10月15日
http://373news.com/_column/syasetu.php?ym=201510&storyid=70431
「・・・・・原子力規制委が発足して3年、新規制基準の施行から2年が過ぎた。川内原発の再稼働を機に、規制委が避難計画に関与するよう再考すべき時である。」

9.●●●(鹿児島県)「ヨウ素剤、配布終わらず=使用期限、来年にも―川内原発5キロ圏・鹿児島」時事通信?10月15日(木)10時38分配信
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201510/2015101500089&g=soc

10.(熊本県で)「「説明会を」 川内2号機再稼働で水俣市長要望」熊本日日2015年10月15日
全文「九州電力川内原発2号機の再稼働を受け、原発から40~50キロ圏にある水俣市の西田弘志市長は15日、「市民には強い不安を持つ方もいる」として、九電が応じない住
民説明会開催を重ねて求める意向を示した。再稼働に反対する市民は「九電は住民の声を無視している」と憤った。
水俣市は原発事故発生時、鹿児島県出水市から避難者約6600人を受け入れる。市議会は6月定例会で、九電に住民説明会を求める決議を全会一致で採択。市は九電に再三要望し
てきたが、15日までに前向きな回答を得られていないという。
・西田市長は、同日発表したコメントで「福島の原発事故の教訓をもとに、二度と事故が起きないように安全対策に努めてほしい」と九電に注文。国にも安全、防災対策を要望して
いくとした。
・胎児性水俣病患者で「原発の再稼働ストップ水俣の会」代表の松永幸一郎さん(51)は「原発問題は経済を優先し、市民の危険を顧みなかった水俣病事件と同じ構図だ。反対の
声を無視した2号機の再稼働には、怒りを通り越してあきれる」と肩を落とした。
・鹿児島市などで開かれる反対集会に参加している「原発ゼロをめざす水俣の会」の元村義晴会長(78)は「2号機は経年劣化の危険性が指摘されており、再稼働は許せない。九
電は危険な原発を動かすのだから、最低でも住民に説明を尽くす責任がある」と話した。」

11.(熊本県で)「川内原発:2号機再稼働中止を 市民団体、九電熊本支社に抗議文 /熊本」毎日新聞2015年10月15日 ※有料設定

12.(東京で)「川内再稼働するな 東京で座り込み抗議 規制委前」しんぶん赤旗2015年10月15日(木)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-10-15/2015101515_02_1.html

13.(愛知県で)「川内原発2号機の再稼働反対訴える 名古屋駅前」朝日デジタル2015年10月16日01時54分
http://www.asahi.com/articles/ASHBH6KLJHBHOIPE03D.html

14.(広島県)「川内2号機再稼働 被爆者ら抗議」中国新聞2015.10.16.
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=192742&comment_sub_id=0&category_id=112
<後略>

★ 金信明 さんから: 
イ・ジンソプさんの佐賀市での講演会をユーチューブにアップしました。
どうぞ、ご覧ください。
https://youtu.be/4XsoM1C338M

★ たんぽぽ舎 さんから:
下記内容全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/pg6koc2 
【TMM:No2613】
2015年10月15日(木)地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします
                       転送歓迎
━━━━━━━
1.行政不服審査法に基づく異議申立を無視して再稼働する原子力規制委員会
   ~7件の異議申立を無視して川内原発を再稼動するな~
   原子力規制委員会は原発再稼働推進委員会! その69
木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク)
2. 井筒高雄さんと伊勢崎賢治さんのお話しを聞き、井筒高雄さんの著書
   を読んで思ったこと
   - 安保法制成立によりPKOで自衛隊員が死亡する危険性が高まり、軍法の
   ないことによる自衛隊員の「犬死」は憲法9条改正の世論を高めるので
   はないか?、いま世界が求めているのは非軍事的貢献です。
     冨塚元夫(たんぽぽ舎ボランティア)
3.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
 ◆上岡直見(環境経済研究所(技術士事務所))さんからの告知3件
  ○【ベラルーシ・ウクライナ調査報告】 (10月18日仙台)
○【STOP伊方原発再稼働! 11.1全国集会in松山】 (11月1日)
○【被災原発を再稼働させて大丈夫!?】(11月23日仙台)
4.新聞より
  ◆ 川内2号機 再稼働 複数炉の危険、想定せず
●福島事故の教訓どこへ (10月15日東京新聞より抜粋)
5.テント日誌10月14日(水) 経産省前テントひろば1494日
川内原発2号機再稼働直前ハンガーストライキ座り込み
川内テント通信(10月14日) ―ハンスト4日目―  A

----集会等のお知らせ------

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
日時:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
場所: 福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
案内チラシ http://tinyurl.com/q8by28h

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  原告総数 9886名 (10/8日現在)
ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
新チラシ http://tinyurl.com/nf3xg6a

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月15日。

【転送・転載大歓迎】

本日、 川内原発2号機起動・再稼働を許さない行動
   抗議アピール リレートーク  
 日時:10月15日(木)10:00~15:00 
 場所: 九電本店前 集合:九電本店前ひろば
配布チラシ http://tinyurl.com/nf3xg6a
※いつでも参加できる時間でよろしくお願い致します。

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1639目報告☆

呼びかけ人賛同者10月14日合計4012名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】10月14日3名。
  木下常正 川口達也 北條佶三
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまでした。
安倍は国民の目を戦争法からそらそうとして、「お得」に感じる
小細工を画策しています。
でも、根本的に実質賃金が下がっているので、消費購買力は落ちたままなのです。
アベノミクスは ダメノミクス です。
安倍政権を打倒しましょう。
あんくるトム工房 
景気はよくなったか?   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3659

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆マイナンバー閻魔のでなく電魔王の鏡に撮られたり未来永劫に
      (左門 2015・10・15-1175)
※エンマ様の鏡に写された事態は公正に裁かれるが、コンピュー
ターに読み盗られたマイナンバーは強盗集団の好餌食とされて、
その際限をしらない。これまでに丸裸にすることを許しては秘密も
保護もあったものではない。すでに準備段階から国家機関の役人
が秘密漏えいの売人に成り下がっている。この制度の廃止を!!

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 私たち庶民の常識は、人の意見を良く聴く、他人と喧嘩
になりそうだと良く話し合う、隣の人とも仲良くする、人
の悲しみには共感し励まし合う、人から知恵を学ぶために
年配の方の話にはよく耳を傾け、間違えたら素直に謝る…
等々、実に簡単なことで小学生でも分かることだ。
しかし、これらの常識のどれもが全く通用しない人物がい
る。アベシンゾウという人物だ。この人物は、この国の人
の土地が強奪されたり、美しい海浜が外国の基地にされよ
うとしているのに、その日本人や土地を守ろうとはしない。
 この国は余りにも変だ。いや、変なのはこの国ではなく、
この人物が政権を握っている自公政権だ。姑息で汚らしい政
権を葬りさるために、庶民の常識と賢明さを結集させた連合
政権を一日でも早く打ち立てたい。

 ☆ 2号機も 再稼働するとは 卑怯者
      姑息な供電 直ちにやめよ

 ☆ 電力の その主権者は われらなり
      誤解をするな 公益の九電よ 

★ 舩津康幸 さんから: 
昨日の記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/no9gtlf

10月15日朝の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号40.まで)
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/p2pqtp5
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

おはようございます。現時点でネット上で検索できた記事を紹介します。。(10.15.4:48)
きょうは、川内(せんだい)原発2号機の再稼働が予定されています。その記事からはじめます。
※40.に福岡でのサウンドデモ裁判の記事があります。

1.「川内原発、再稼働前の検査完了 15日に2号機原子炉起動」共同通信2015/10/14 17:19
http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015101401001409.html
「九州電力は14日、川内原発2号機(鹿児島県薩摩川内市)の原子炉内の核分裂を抑制する制御棒の駆動検査を終えた。問題はなく、再稼働前の全ての検査が完了した。15日午
前に原子炉を起動し再稼働させ、21日に発電と送電を始める。
8月の川内1号機に続いて2号機も再稼働することで、綱渡りだった夏冬の電力供給が大きく改善。他の電力会社からの融通がなくても十分乗り切れるようになる。
◎ただ、再稼働に反対する声は根強く、原発に反対する住民らは15日朝から川内原発周辺で抗議活動をする予定だ。」

1’.「川内2号機、15日再稼働 [鹿児島県]」西日本新聞2015年10月14日 13時35分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kagoshima/article/200973

1”.「川内原発2号機 15日再稼働へ」南日本放送 [10/14 18:57] ※映像有
http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=2015101400012568

1”’.「【動画】川内原発2号機 15日再稼動」KTS鹿児島放送2015年10月14日19:07
http://news.ktstv.net/e60307.html
・・・・NHK鹿児島、KKB鹿児島放送でも同様のニュースガあります。

九電のプレスリリース、
1””.「川内原子力発電所2号機の原子炉起動及び発電再開の予定について」九州電力株式会社 平成27年10月14日
http://www.kyuden.co.jp/press_151014-1.html
・・・・・・・・」

1””’.●●●「九電の川内原発2号 15日午前10時半に再稼働 国内2基目」産経新聞?10月14日(水)18時14分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151014-00000558-san-bus_all

2.●●●「<川内原発2号機>15日に再稼働 特定施設は未設置」毎日新聞?10月14日(水)20時39分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151014-00000095-mai-sctch

3.●●●「川内原発近くの集落、孤立の恐れ 対策待たずに再稼働へ」朝日新聞デジタル?10月14日(水)15時17分配信?※絵図有????
http://www.asahi.com/articles/ASHBC5Q74HBCTIPE00Q.html

4.「川内原発再稼働 崩れた知事合意の前提」HUNTER2015年10月14日 08:15
http://hunter-investigate.jp/news/2015/10/post-770.html

川内原発再稼働反対運動、
東京でも、
5.◎◎◎「人の命より再稼働か 九電支社前反原連抗議」しんぶん赤旗2015年10月14日(水)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-10-14/2015101415_01_1.html
<中略>
38.「独で菅元首相、原発ゼロ訴え」朝日デジタル2015年10月14日16時30分
http://www.asahi.com/articles/DA3S12015586.html
<後略>

★ ハンナ&マイケル さんから: 
福岡地裁での「避難者裁判」の第四回口頭弁論、傍聴しました。
大きな法廷に20名弱の傍聴者しかおらず、遠く離れた福島への思いが、時間と共に、九州では増々薄れつつあるのでは、という危機感を抱きました。一方、大勢の弁護団の頼もし
さと、意見陳述をした韓国出身の原告の方の存在感に胸打たれました。

この二日前に「慰安婦と呼ばれた女性たちのドキュメンタリー映画」上映会で、「”記憶”と生きる」の土井敏邦監督が、「『慰安婦』、『被爆者』などという一くくりの言葉だけ
で物事を考えている限り、その人たちの痛みは他者にはわからない。一人の人間の日々の生活や言葉、生きざまなどに触れ、その人を個人として知って初めて、その苦しみが共有で
きる」という旨の発言をなさっていました。

そういう意味で今回の法廷は、十万人以上もいる単なる『避難者』にすぎない存在が、『一人の人間』であることを、裁判官たちに、また傍聴人たちに深く印象づけるものでした。
原告は自分の半生を淡々と描写しました。日本人と結婚し、言葉も不自由ななかで、居酒屋を営み、地域の人々と交流し、20年間幸せに福島で暮してきたこと。原発事故後の自分や
子どもの身体の異変。誰も頼るものもない福岡に避難してきての寂しさ、心細さ。子どもが学校で受けたいじめ。経済的な不安。?  原発事故に対して何の「意見」も陳述せず、た
だひたすら己を語ったが故に、この意見陳述は圧倒的な重みを持っていました。

原告の方々からこうした陳述を引き出すのは弁護団の方々も大変であり、当人も他者の前でプライヴェートなことを語るのは大変な勇気もいることでしょうが、裁判官から人間とし
ての血の通った判決を導き出すためにも、どうか今後もこうした「一人の人間」の声を届けてください。私たちも次回、1月20日(13:30 門前行動、14:00 裁判)、傍聴席を満員に
して見守りたいと思います。

★ たんぽぽ舎 さんから:
下記内容全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/p8bkacj
【TMM:No2612】
2015年10月14日(水)地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします
                           転送歓迎
━━━━━━━
1.10/13井戸川克隆講演会が盛況
   「なぜわたしは町民を埼玉に避難させたのか-
   事故前のウソ、事故後のウソを語る」
    柳田 真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)
2.こんな人権侵害の焼き印法案を定着させてはなりません
   必要になった時に、再発行の手続きを取れば受け取れる
   10月3日(土)の加藤久晴さんの講座後の懇親会で出た
   「マイナンバー」話題の追加情報
     西村俊弘 (たんぽぽ舎講座運営委員)
3.秋晴れの抗議日和、消費カロリーをチェックしつつ、
   今日も関電前から官邸前・国会前へ
   10/9第167回金曜官邸前・国会前抗議行動の報告
     にしざきやよい (たんぽぽ舎ボランティア)
4.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
  ◆10/28『もんじゅ・西村(国賠)裁判』第3回傍聴のお願い
      <裁判後、報告集会へも御参加願います>
   場所:東京地裁703号 報告集会:参議院議員会館B106
5.新聞より3つ
  ◆地震保険4県50%上げ 17~21年地域差3.7倍に拡大
     (9月28日毎日新聞朝刊2面より抜粋)
  ◆処分場調査 越年で「白紙も」 宮城知事、指定廃棄物めぐり
     (10月14日東京新聞朝刊2面より抜粋)
  ◆被災地「期待できない」 復興相に高木氏 「原発推進」選挙で明言
    (10月9日東京新聞29面「こちら特報部」より抜粋)

★ 安間 武 さんから: 
化学物質問題市民研究会 メールサービス 2015年10月14日 第487号 Gr400
-------------------------
 集会・アクション
-------------------------
■ デモ抗議開催情報まとめ ( 2015年10月13日 更新)
http://www57.atwiki.jp/demoinfo/

■ 日本全国デモ情報 (マガジン9)【2015-10-13 更新】
http://www.magazine9.jp/demoinfo/

--------------------
 ウェブ更新情報
--------------------

■15/10/07▼大震災・原発問題/子どもの被ばく/甲状腺がん▼岡山大学津田教授ら
が”福島の小児甲状腺がんは被ばくによる”とする論文を 医学誌に発表したこと
に関連する下記3つの記事にリンクを張りました。

◆福島の小児甲状腺がん「被曝による発生」~医学誌に論文 (OurPlanet-TV 
2015年10月7日)
◆【速報】福島県で子供の甲状腺がんが約50倍に!「被ばくが原因」と論文に明
記へ!津田敏秀教授らのチームが発表! (真実を探すブログ  2015年10月7日)
◆「被ばくで発症」と主張 福島事故後の甲状腺がん (47NEWS/共同通信 2015
年10月7日)
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/nuclear/nuclear_master.html

----------
■沖縄
----------

◆辺野古埋め立て、承認取り消し 国、不服審査請求へ
(朝日新聞 2015年10月13日)
http://digital.asahi.com/articles/ASHBD6GKDHBDTIPE00K.html?rm=482

◆沖縄担当閣僚が視察 政権、地元選出の島尻氏起用で牽制
(朝日新聞 2015年10月12日)
http://digital.asahi.com/articles/ASHBC4QVGHBCUTFK003.html?rm=536

◆辺野古抗議を基地内から撮影 動画説明文に「Monkeys」
(沖縄タイムス 2015年9月25日)
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=134162

◆社説[辺野古テント襲撃]暴力的威嚇に抗議する
(沖縄タイムス 2015年9月21日)
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=133803

----------
■原発
----------

◆プルトニウム47.8トン「日本の備蓄、これ以上増えないよう」 米大統領
補佐官インタビュー
(朝日新聞 2015年10月12日)
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12012386.html?rm=150

◆日本に氾濫する「ドイツは脱原発に失敗した」という誤解
(ハーバー・ビジネス・オンライン 2015年10月11日)
http://hbol.jp/63418

◆玄海原発再稼働、賛成46・8% 県民世論調査 福島事故の記憶風化
(佐賀新聞 2015年10月12日)
http://www.saga-s.co.jp/column/genkai_pluthermal/20201/238631

◆川内原発再稼働は「自殺行為」 鹿児島で1800人集会
(朝日新聞 2015年10月12日)
http://www.asahi.com/articles/ASHBD5416HBDTLTB001.html

◆伊方原発の再稼働 地元同意、まだ早過ぎる
(中国新聞 2015年10月10日)
http://www.chugoku-np.co.jp/column/article/article.php?comment_id=191518&comment_sub_id=0&category_id=1

★ 前田 朗 さんから: 
朝日新聞社説「辺野古移設 沖縄の苦悩に向き合え」について
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/10/blog-post_92.html

----集会等のお知らせ------

本日 ●川内原発2号機起動・再稼働を許さない行動●
   抗議アピール リレートーク  
 日時:10月15日(木)10:00~15:00 
 場所: 九電本店前 集合:九電本店前ひろば
配布チラシ http://tinyurl.com/nf3xg6a
※いつでも参加できる時間でよろしくお願い致します。

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
日時:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
場所: 福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
案内チラシ http://tinyurl.com/q8by28h

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  原告総数 9886名 (10/8日現在)
ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月14日。

【転送・転載大歓迎】

明日、 川内原発2号機起動・再稼働を許さない行動
   抗議アピール リレートーク  
 日時:10月15日(木)10:00~15:00 
 場所: 九電本店前 集合:九電本店前ひろば
※いつでも参加できる時間でよろしくお願い致します。

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1638目報告☆

呼びかけ人賛同者10月13日合計4009名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】10月13日1名。
  匿名者
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまです。
沖縄県知事の決定、辺野古に基地を作らせないという意思表示は
すばらしい決断です。 皆で応援しましょう。
地方から 安倍政権に風穴を開けていきましょう。
あんくるトム工房
辺野古に基地はいりません http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3658


★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆埋め立ての「法的瑕疵」を認めぬと中央政府が駄々をこね出す
      (左門 2015・10・14-1174)
※①辺野古でなければならない必然性は無い。②自然破壊が
強行されている。③沖縄に基地が集中する被害は人権侵害だ。
さらにナイ氏は基地の沖縄集中は戦術的に危険であるとまで指
摘している。そもそも、仲井真弘多前知事が公約を破った所に
原因があるのには三猿だ。駄々っ子ぶりもエエカゲンニせい!
《取り消しも内閣全部馬耳東風》(朝日川柳・渡部米助作)。

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 電気工学と数学が専門の人物が、この欄に短文と短歌らしきも
のを書き続けるのは、辛呻苦闘の連続。それを青柳様や橋本様は
千日以上も続けておられるとは…。凄いの一言では済まされない。
何しろ、書き始めると、「なんて俺は感性が貧弱なのか」と劣等
感に陥る。雑多で狭小な知識を動員しても文化的なものは生まれ
ない。橋本左門様から「恥をかくことが大切です」と、人間の成
長の筋道を戴いた。それでも「これは面白くないから、スペース
がもったいない。もう辞めろ」とどなたか忠告されたら、どんな
に気が済むことだろう。自分の成長はパタンと止まって、堕落して
しまうだろうな。

 ☆ 川内の ハンストかけての 同志たち
      我も今夕 食を抜きたり

 ☆ 川内へ 制服向上 委員会
      声も拳も 天を突きさす

★ 舩津康幸 さんから: 
10月14日朝の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号35.
まで)
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/osqrq42
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

きょうは、新聞休刊日明けです。(10.14.5:02)
今朝も、ネット上には12日の鹿児島中央駅前で開催された集会の様子を伝える記
事がありました。
◇マスコミが、毎日、当たり前のように、川内(せんだい)原発2号機再稼働準備
の様子をを報道し続けます。
ただし、今朝届いた西日本新聞紙面には関連記事は見たりません。1.、2’.
の記事もありません。
◎川内原発のゲート前では、今もハンガーストライキが続けられていると思います。

1.●●●「川内2号機、15日に再稼働 新規制基準で2基目」西日本新聞2015
年10月13日19時13分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/200796
九州電力は15日に川内原発2号機(鹿児島県薩摩川内市)の原子炉を起動し、
再稼働させる。東日本大震災後に施行した原発の新規制基準下での再稼働は8月
の川内1号機に続いて2基目となる。営業運転への移行は11月中旬になる見込
みだ。
●15日は制御棒を引き抜いて原子炉を起動。約12時間後に核分裂反応が安定
的に続く「臨界」に達する見通し。」

◇翌日になって集会を報道しています、
2.◎●「(動画)川内原発2号機再稼働に反対する集会」KTS鹿児島放送2015
年10月13日19:03
http://news.ktstv.net/e60289.html

こちらは今朝になって、
2’.◎「川内2号機再稼働に反対 反原発団体、鹿児島市で集会」西日本電子版
2015年10月14日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/72700/1/

参考までに、
3.●(鹿児島県)「鹿児島県知事サイン・コサイン発言 議事録は事実上の“捏
造”」HUNTER2015年10月13日 07:00
http://hunter-investigate.jp/news/2015/10/-11510015.html

<後略>

★ 味岡修 さんから:
経産省前テントひろば1492日 テント日誌10月12日(月・祝)

近づく川内2号機再稼動を許さない!

暑くも寒くもなく風もない泊まりの日は意外に少ない。連休の夜から朝はそんな
時間が過ぎた。夜中、入口に吊るす(テント設営)1493日目の文字ポスターを書
き上げる。
いよいよ1500日目も間近に迫った。

いつも一緒に泊まるSさんが休み、二人のKさんは早朝5時過ぎに「川内原発2号機
再稼動を許さない!」10.12全国集会に出かけた。
ゲート前ハンストの一報が画像とともに届いたがテントも連動し、
14日(水)の夜は経産省前の抗議行動、手前の昼には再稼動阻止ネットが
原子力規制委員会前で座り込みをしてゲート前に呼応する。
霞が関こそ原発再稼働の中枢だ。関連する省庁、国会、そして裁判所、規制委へ
の要請・抗議行動こそ東京人の務めだ。再稼働を許さない!気合を入れて参加する。

6時以降一人になるので群馬の伊勢崎から休みに駆けつける運送ドライバーの
Tさんが同泊する。水の差し入れなど事欠かない人だ。
長距離ドライバーの現状は過酷で賃金は安く若い人は長続きしないという。
高速道路は料金がかかるので使えない。一体何のための高速道路なのか。
Tさんは「テントをギネスブックに登録したら世界記録は間違いない」という。
考えてもみなかった視点だ。
彼から「あさこはうす」へ送る封筒を渡され自筆で宛先と名前を書いた。
これまでに何度も投函しているそうだ。大間原発敷地内でひとり土地をまもる
小笠原厚子さんにはかつて一度だけ送っただけだった。継続こそ力なりを忘れて
いる。

8時に経産省職員3人がやってくる。朝の挨拶をしたので冷静に対応する。
新大臣との顔合わせはまだしてない、判決日のことは昨日知らされたという。
そんなことはないだろうに。
2週間後の26日(月)午後3時の判決によってはテント存続の最大の
クライマックスになる。こちらも気を張り詰めて対応していくことになる。
(M・I)
<後略>

★ 清重伸之 さんから: 
 <原発企業が 次のエネルギーに着手>
みなさま
原発で大儲けしていた三菱・日立ほかたくさんの企業が、
原発事故の「復興事業」でも儲けて、
今はもう次のエネルギー事業を計画しています。

311のずっと前から原発の限界を知り、
次の研究開発をしていました。

東北地方で進行中のことは、
全国にかかわることですが、
地方版でしか報道しません。

以下転送。拡散よろしくお願いします。
↓ 
●ブログ「ごみから社会が見えてくる」
福島原発事故による放射能汚染ゴミの処理を追う
http://gomif.blog.fc2.com/

●小名浜はイノベーションコースト構想の重要拠点の一つとなっており、
今後火力、風力発電などの産業集積地となります。
私たちは学習会を開き、「洋上風力発電」を手掛けている会社が三菱重工、
IHI、日立など原子力・焼却炉メーカーであり、IHI・JFE・日立造船が
共同出資した軍需企業も入っていることを取上げました。
(学習会資料をご覧ください)
http://gomif.blog.fc2.com/blog-entry-275.html

これらの会社が同時に相馬LNGも手掛けており、以下の事業にも恐らく入り込
んでくると思われます。少なくとも洋上風力で軍需企業にどんどん資金が流れて
いるということで、2030年までに洋上風力だけで200万キロワット(原発2基
分)まで増やす計画です。

施設整備手法検討業務委託(ふ頭・東港)の公募型プロポーザル方式募集要領の
公告について(10月9日)掲載
http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/41400a/puropo2.html
 福島県小名浜港湾建設事務所では平成27年10月9日(金曜日)に、施設整備
手法検討業務委託(ふ頭・東港)の公募型プロポーザル方式募集要領を公告しま
した。

 施設整備手法検討業務委託(ふ頭・東港)を実施するにあたり、公募型プロ
ポーザル方式により業務受託者を募集します。

 内容については、下記募集要領(ダウンロード)を参照してください。
1 業務概要

(1) 業務名 施設整備手法検討業務委託(ふ頭・東港)

(2) 業務内容

 小名浜港は、東日本大震災の影響による地域経済や社会情勢の変化により、火
力発電用の石炭等の取扱貨物量の増大が見込まれ、物流機能の拡充が急務になっ
ている。

 本業務は、小名浜港東港地区における荷役機械等を効率的、効果的に整備する
ため、民間資金等の活用による施設整備の実施方針を作成するものである。
--------------
建設新聞
http://www.kensetsu-sinbun.co.jp/menu/Daily_kensetsu_jyouhou.htm
 福島県小名浜港湾・11月4日まで提案を受付
  小名浜港東港荷役機械等整備の公民連携を検討
   民間への一体的貸付に向け整備実施方針を作成

 福島県小名浜港湾建設事務所は、2018年度の完成を目指して整備が進む小
名浜港東港で、荷役機械等の施設整備について公民連携(PPP=パブリック・
プライベート・パートナーシップ)に向けた検討に入る。福島県としては、港湾
整備で民間活力の導入を目指す初めての試みで、9日からその施設整備手法の検
討業務について、公募型プロポーザル手続きを開始した。
・・・
今回の整備手法検討業務では、PPP事業導入に向けて、PFIや指定管理者制
度、リース方式などについて比較検討を行い事業形態や事業方式を選定、事業契
約締結までの主要プロセスおよびスケジュールを整理する。・・・
---------
(参考)PFIとは (wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/PFI

・・・日本のPFIの場合、官と民間企業の垣根が低くなり、癒着が生じやすくな
り官民癒着の温床との指摘がある。また、本来なら医療本体の赤字をカバーする
役割だった給食、検査、清掃、薬品調達など利益を生む部門を民間に丸投げ、特
別目的会社の構成民間企業のみが利益を得て、医療本体を県民が負担するのみと
いう構造になっているという指摘もある。しかも、完全に民営化した場合は産婦
人科や小児科などの不採算部門が切り捨てられ、地域医療が崩壊するとの指摘も
挙がっている。企業契約のヴェールに包まれていて経営内容が闇の中であり、
もっと情報公開をとの声がある
(2007年10月17日付東京新聞)。和田
   .............
ブログ「ごみから社会が見えてくる」
福島原発事故による放射能汚染ゴミの処理を追う
http://gomif.blog.fc2.com/

★ 坂井貴司 さんから: 
 昨日10月13日、沖縄県の翁長県知事は、辺野古埋立承認を取り消しました。
これにより、辺野古埋立は違法状態になりました。

 沖縄県民の圧倒的多数の意思を受けての翁長知事の埋立承認取り消しは、政治
家として当然の判断です。翁長知事は沖縄県民の意思を実行をしました。

 私は翁長知事の承認取り消しを断固支持します。これは沖縄県民の意思だから
です。

 さて、政府は埋立承認取り消しの執行停止を求める不服審査を申し立ます。こ
れは認められることは明らかです。これに対して、沖縄県は裁判に訴えるとして
います。

 埋立承認取り消しを日本政府は認めないとしています。政府と沖縄県の全面対
決になります。

 さて、日本本土に住む者として私たちができることがあります。

「沖縄を孤立させない、沖縄を支援する」

です。

 すでにネット上では「嫌沖縄」、沖縄叩きが行われています。これからは沖縄
叩きが、産経新聞や読売新聞、週刊新潮など右翼メディアを中心に大々的に行わ
れることが予想されます。テレビでも沖縄叩きの合唱が起こるでしょう。今から
20年前の1990年代の沖縄ブームとは反対に、「嫌沖縄」ブームが安倍政権
の意向を受けたマスコミによって巻き起こされると思います。安倍政権はNHK
をはじめ手なずけたマスコミを使って、沖縄叩きをやらせ、沖縄を孤立させると
思います。

 これに対して、ネット上で沖縄支援を表明する、スタンディングで辺野古埋立
承認取り消し支持を表明する、などを行い沖縄を支援するのです。

 沖縄を孤立させないことが重要だと思います。

★ 前田 朗 さんから: 
「奇妙なナショナリズム」研究に学ぶ(5)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/10/blog-post_13.html

「奇妙なナショナリズム」研究に学ぶ(2)に加筆しました。
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/10/blog-post_91.html

「奇妙なナショナリズム」研究に学ぶ(6)
塩原良和「制度化されたナショナリズム」山崎望編『奇妙なナショナリズムの時
代』
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/10/blog-post_55.html

----集会等のお知らせ------

明日 ●川内原発2号機起動・再稼働を許さない行動●
   抗議アピール リレートーク  
 日時:10月15日(木)10:00~15:00 
 場所: 九電本店前 集合:九電本店前ひろば
※いつでも参加できる時間でよろしくお願い致します。

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
日時:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
場所: 福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
案内チラシ http://tinyurl.com/q8by28h

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  原告総数 9886名 (10/8日現在)
ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月13日。

【転送・転載大歓迎】

★ 川内原発2号機起動・再稼働を許さない行動
   抗議アピール リレートーク  
 日時:10月15日(木)10:00~15:00 
 場所: 九電本店前 集合:九電本店前ひろば
※いつでも参加できる時間でよろしくお願い致します。

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1637目報告☆

呼びかけ人賛同者10月12日合計4008名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
 
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さん
10月10日 広島市の郊外 湯来町で行われた焚火学会に参加しました。
焚火を囲んで語り合い、音楽や踊りに親しんで交流をしました。
あんくるトム工房
広島の焚火学会に参加  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3657

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆自民出の全閣僚が「靖国派」 侵略肯定再現の陣
      (左門 2015・10・13-1173)
※「靖国派」とは、同神社の戦争博物館である「遊就館」の思想、
日本の過去の侵略戦争を「アジアの解放」の「正義の戦争」とし
て美化・正当化するアナクロニズム(時代逆行主義)の人々です。
ポツダム宣言も国連憲章も認めたくないウルトラ右翼です。第三
次安倍内閣の閣僚は、批判も忠告もはねつける石頭・石心の集
団です。「みんなで渡ればこわくない」心底怖~い集団です。

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 青柳様に紹介されて、6日の九州電力本社交渉に初参加した。
 終わってトイレに向かっていたとき、交渉時にマイクを発言
者に渡す係をしていた、社員の女性の方に会った。交渉時に参
加者にマイクを差し出すときの仄かな笑顔が素敵だったから、
「笑顔がすてきでしたね、ありがとう」と率直に伝えたら、「い
いえ」とまた素敵な笑顔で返してくれた。
 交渉とは、やはり批判や追及が伴うので、みなさんの顔が固く
なっている。そこにほんのりとした笑顔が、なんとなく場を和ら
げていた感じがした。とても印象に残った交渉の初参加であった。

 ☆ 鹿児島へ 制服向上 委員会
      飛んで踊って 脱原発の歌

 ☆ 世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る
      人の中こそ 確かな道が
       (小倉百人一首第83首に託けて) 

★ 細井ティヴィーシャワリン さんから:
・・「制服向上委員会」のライブ・・
http://twitcasting.tv/showering00/movie/207932946

★ ギャー さんから:
「紫色のあざ」
紫色の顔のあざがきれいだ
鮮やかな水晶の結晶が
やさしい笑顔のほっぺに
浮き出たようだ
そのひとの笑顔に
紫色のあざが
無理やり貼り付けた落書きと違い
サッカーやコンサートの浮わついた浮かれた熱とは無縁な
静かな光の歌となって
顔の輝きを引き立てている

★ 舩津康幸 さんから: 
10月13日朝の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号9.まで)
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/p83vrgr
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

先程、鹿児島から帰ってきました。
きょうは、新聞休刊日ですが、12日の鹿児島中央駅前で開催された集会の様子を伝える記事を中心に紹介します。(10.13.0:58)
◎玄海原発地域でも重要な記事があります。原発事故被害地域では、●「震災関連自殺、既に13人 福島県、歯止めかからず」という見出しもあります。

1.◎◎◎「川内原発再稼働は「自殺行為」 鹿児島で1800人集会」朝日新聞デジタル?10月12日(月)18時47分配信 ※写真有
http://www.asahi.com/articles/ASHBD5416HBDTLTB001.html
全文九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)2号機の再稼働に反対する集会が12日、鹿児島市のJR鹿児島中央駅前であった。九州各地の脱原発団体メンバーら約1800人
(主催者発表)が参加。九電が15日にも予定する2号機の再稼働中止や、8月から稼働している1号機の停止を訴え、中心街をデモ行進した。
・川内原発建設反対連絡協議会の鳥原良子会長は、8月に川内1号機が再稼働した地元・薩摩川内市について「運転開始から30年が過ぎた川内原発と同じく、まちづくりの発想が
老朽化している。原発に頼り切って、発想の転換がなかなか図れません」と指摘した。
・「原発いらない!宮崎連絡会」の小川渉さんは「川内原発で事故が起きれば、偏西風で自分が住む宮崎県綾町も被害を被る」と懸念を訴え、「九電の姿勢を変えさせるため、電力
自由化されたら、原発を稼働する九電から買わないことを実践しよう」と呼びかけた。
・九州電力は、2009年に2号機の原子炉建屋内にある蒸気発生器を耐食性に優れたものに取り換えることを計画しながら、今回は実施せずに再稼働する。集会ではこれを「自殺
行為」と断じて再稼働に反対するアピールを採択した。」

1’.「九電川内2号再稼働反対で集会 鹿児島、1800人参加」佐賀新聞2015年10月12日 17時27分
http://www.saga-s.co.jp/news/national/10203/238743

1”.「鹿児島市 川内原発2号機の再稼働反対訴える集会」南日本放送 [10/12 18:50] ※映像有
http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=2015101200012530

1”’.「川内2号機再稼働反対の集会」NHK鹿児島10月12日 19時52分 ※映像有
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/5055445341.html?t=1444663482732

玄海原発関連、
2.●●●「玄海原発再稼働、賛成46・8%」佐賀新聞?10月12日(月)13時55分配信
http://www.saga-s.co.jp/column/genkai_pluthermal/20201/238631

2’.◎●「原発再稼働「同意地域広げて」80%超 県民世論調査」佐賀新聞2015年10月12日 10時09分
http://www.saga-s.co.jp/column/genkai_pluthermal/20201/238628

原発施設、
3.●●●「高浜原発3、4号機にMOX燃料装荷へ 再稼働時、関西電力が方針」福井新聞ONLINE?10月12日(月)8時27分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151012-00010001-fukui-l18

原発立地・周辺地域、
4.◎◎「柏崎刈羽再稼働ノー 新潟 17団体が合同集会」しんぶん赤旗2015年10月12日(月)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-10-12/2015101201_04_1.html

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<9月14日の名古屋高裁金沢支部第5回口頭弁論の過酷事故対策の重要性は殆ど知
られていない>を報告します。

 第5回口頭弁論 記者会見・報告集会で

***********    

 円居弁護士が司会進行役で提出した第8 第9 第10準備書面の概要を説明されまし
た。第8準備書面では、基準地震動を超える地震が10年間足らずの間に5回以上原発を
おそっている。小浜市の松本さんが 50年前「君、50年もすれば科学の進歩は著し
く、それは杞憂にすぎない」と言われながら 小浜で原発施設を阻止した経験をはな
されました。その後他の担当弁護士が 問題点を累々と挙げて、準備書面の内容を説
明されました。

 第9準備書面はまとめるのが困難なので是非お読みくださいとのことです。

 「次回の口頭弁論では、関電への反論をしたい。関電は返答していないことが多
く、裁判所から次回に反論することを求められるほどであった。 日本全国のみなら
ず、世界が注目している裁判なので、立派な判決を書いてほしい。」と弁護団がしめ
くくりました。

***********

と報告されていますが、記者会見・報告集会でさえも「第9準備書面はまとめるのが
困難なので是非お読みください」と報告されており、第9準備書面の事はマスコミに
も一切報道されていないようです。

しかし、第9準備書面は「水蒸気爆発及び水素爆発の危険性」であり、その内容は

http://adieunpp.com/download

&link2/kousai5/gen.junbi9.pdf

です。

そして、第9準備書面の証拠説明書は

http://adieunpp.com/download

&link2/kousai5/shyoukosetumei198.pdf

であり、甲198は、『論文「原子炉格納容器内の水蒸気爆発の危険性」、写し、2015.
9.1、高島武雄,後藤政志』、甲199は「大飯原発3・4号機運転差止控訴審意見書、原
本、H27.9.7、滝谷紘一」なので、第9準備書面は現在の川内原発、高浜原発、伊方原
発のパブリックコメントや原子力規制委員会への審査書の異議申し立てなどで明らか
にされた過酷事故対策のもっとも重要な最近の知見が明快に示されている事が分かり
ました。

 そして、この第9準備書面は原子力規制委員会や鹿児島県知事や薩摩川内市長が公
聴会を拒否し、九州電力が住民説明会を頑なに拒否している大きな理由の一つに間違
いないように思われました。

★ 木村雅英 さんから: 
「原子力規制委員会抗議座り込み行動~川内2号機の再稼働を許さないぞ~」
日時:2015年10月14日(水) 12時~16時
場所:原子力規制委員会ビル(六本木ファーストビル)前
   港区六本木1丁目9番9号http://www.nsr.go.jp/nra/map.html )
   東京メトロ 南北線「六本木一丁目駅」から「泉ガーデンタワー」を経て徒歩4分
   日比谷線「神谷町駅」徒歩8分
主催:再稼働阻止全国ネットワーク

「経産省前抗議行動」
日時:2015年10月14日(水) 18時半~19時半
場所:経産省本館正門前
主催:経産省前テントひろば

★ 田中一郎 さんから: 
(イベント情報)
(1)脱被ばく実現ネット 活動ブログ 子ども脱被ばく裁判 放射能は今でもこわいよ! 子どもを守ろう! 11.7土 新宿デモ
 http://fukusima-sokai2.blogspot.jp/2015/09/117.html
 http://fukusima-sokai2.blogspot.jp/2015/09/117.html

(関連)「まんがプラカード」です、脱原発・脱被ばくの活動にご自由にお使いください いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/post-5f16.html

(2)NHK包囲デモさんはTwitterを使っています お知らせ 第3回NHK大包囲 開催! 10月13日(火)18:30~20:00 場所:NHK放送センター(渋谷)西門前
NHK内部を知る元NHKプロデューサーの永田浩三さんとやります。 今回はNHKを支配する板野総局長と政治部に対する抗議です。
 https://twitter.com/nhkhouidemo2015/status/645246820688355328

(3)10・13 官邸前アピール:翁長知事の辺野古埋め立て承認取り消し支持! 政府は対抗措置をとらないで!!
 http://www.foejapan.org/aid/henoko/evt_151013.html

「東芝」だけではない「原発事業」の世界的衰退 新潮社フォーサイト
 http://www.huffingtonpost.jp/foresight/toshiba-nuclear-power_b_8131564.html

★ いで さんから: 
   <10・21国際反戦デー行動>
   ●「福岡から止めよう! 沖縄新基地建設」
~戦争の」ための基地は辺野古にも高江にもいらない~
・10月18日」(日)14時集会開始、14時45分デモ出発。
   西通り経由~きらめき通り~天神中央公園(15時45分迄)
・須崎公園(福岡市中央区天神5丁名)
・呼びかけ:『福岡から止めよう!沖縄新基地建設』実行委員会
・連絡先(井手:080-1760―4767、岡本:090-6635-4981)

----集会等のお知らせ------

●川内原発2号機起動・再稼働を許さない行動●
   抗議アピール リレートーク  
 日時:10月15日(木)10:00~15:00 
 場所: 九電本店前 集合:九電本店前ひろば
※いつでも参加できる時間でよろしくお願い致します。

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
日時:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
場所: 福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
案内チラシ http://tinyurl.com/q8by28h

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  原告総数 9886名 (10/8日現在)
ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月12日。

【転送・転載大歓迎】

本日、10.12全国集会(鹿児島)川内原発2号機再稼働を許さない!
チラシ表 http://tinyurl.com/pqtwdft
裏 http://tinyurl.com/psuobtm

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1636目報告☆

呼びかけ人賛同者10月11日合計4008名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
 
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆☆初めての「市民革命」達せむと ママ・パパ・学者・元判事まで
☆理不尽な「アベの政治は許さない」”ガバメント・オブ・ピープル”
 地より湧き出づ
     (左門 2015・10・13-1173)
※リンカーンの「人民の・人民による・人民のための政治」という
民主政治の大原則を忘れた「アベの政治」の反面教師性に対峙
して、まさに自然発生的に「ピープル」が津々浦々・路地裏から湧
き出てきたのです。仏教では危機に当たって地から菩薩が涌き出
てくる(地涌菩薩)と言います。「人民の政治」は言葉が固いので、
「ピープルの参政」と言いましょうか。これからの目玉ですね!

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 “広場”があれば、いろんな人がそこを通り過ぎたり、集まって
くる人もいろいろ。九電前テント村も正にそうだ。先日4時間ほど
居た時にも、若いが元気なさそうな青年が入り口に立ちすくんだと
き、女性のスタッフの方が「中へどうぞ、お菓子もありますよ」と
招じいれた。その青年はぼそぼそと語りだしていた。これまでに、
酷くストレスを抱え込んだ人や人生に疲れた人、職場や家庭のこと
で悩んでいた人など、沢山の人たちが立ち止まったことだろう。青
柳さまたちは、話を良く聴いて、相談相手をして、ちょっぴり元気
にさせて、また送りだしたことだろう。
 そうした営々とした営みが、もうすぐ2000日を迎えようとし
ている。これこそ「それぞれの人生に乾杯を!」だ。

 ☆ 千早振る 神代も聞かず 核発電
     川内原発 先駆けるとは
       (小倉百人一首第17首に託けて)

★ 舩津康幸 さんから: 
10月11日夕方の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号14.まで)
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/nnul5x3
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu
※明日は10.12集会に行きますので休みます。

川内(せんだい)原発関連の行動の記事をみつけましたのでついでにざっと検索してみました。(10.11.21:39)
◎川内(せんだい)原発ゲート前でハンガーストが始まっています。明日は、鹿児島駅東口で、全国集会に触れた記事もあります。
◎参加は2000人を見込んでいる旨の記事もあります。期待を超える参加者数のためにもみなさん出かけましょう!
※※今朝あった「「みなし仮設」>自主避難9261戸、過半数県外」の記事の全文貼り付けました。(6.の記事)

1.◎◎「<川内原発2号機>再稼働反対の住民らハンガーストライキ」毎日新聞10月11日(日)20時21分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151011-00000046-mai-soci

1’.「川内原発2号機 再稼働阻止の抗議活動」南日本放送 [10/11 17:57] ※映像有
http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=2015101100012513

1”.「川内原発前でハンガーストライキ「KTS鹿児島放送2015年10月11日
http://news.ktstv.net/e60244.html

玄海原発関連、
2.(佐賀県)「解説 実績評価はこれから 2015県民世論調査」佐賀新聞2015年10月11日 10時07分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/238410

2’.(佐賀県)「知事の評価 自民層からも支持67% 2015県民世論調査」佐賀新聞2015年10月11日 10時06分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/238409

2”.(佐賀県)「世論調査結果の知事感想 「元気が出る数字」2015県民世論調査」佐賀新聞2015年10月11日 10時08分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/238411
・・・・インタビュー記事です。
<後略>

★ オフィス・パパン さんから: 
【 香織倶楽部 】VOL.168号  2015/10/11発行 
   http://www.ppn.co.jp/kannda/frame/index.html
    香方見聞録 http://blog.ppn.co.jp/
      神田香織Twitter @kandakaori
      講談サロン香織倶楽部 @salonlaori

BSTBS 週間報道
チェルノブイリの祈り
http://www.ppn.co.jp/kannda/sakuhin/cheru/cheru02.html

一番下に映像があります
お願い
ユーチューブ等にはアップしないで下さい
_______________________________________________
Kaoriclub mailing list
Kaoriclub@ppn.co.jp
http://lists.ppn.co.jp/mailman/listinfo/kaoriclub

★ 大山千恵子 さんから: 
「チェ・ゲバラ 旅、キューバ革命 ボリビア」
http://tinyurl.com/nf4mhl3
伊高浩昭 中公新書
目次 緑字 http://tinyurl.com/pa79r9z (千恵子メモ)

★ 田中一郎 さんから: 
辺野古承認取り消し:前例なき法律闘争、国の対抗策3つのケース 沖縄タイム
ス+プラス
 http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=132782

(関連)辺野古承認取り消し 政府「効力停止」で対抗へ あっしら
 http://www.asyura2.com/15/senkyo192/msg/770.html

(本来は国の権力により不利益や損害を被る私人=有権者・国民が利用すべき行政不
服審査法を国自らが使い、しかもその審査を国自身の行政機関である国土交通省がや
るのだという。かようなバカバカしい茶番手続きが許されるのか。いい加減にしろで
はないか。利益相反行為をはるかに超えて、まさに国家権力の濫用そのものに他なら
ない。また、こうしたことを容認するということは、本来、中央政府としての国と地
方政府としての都道府県=自治体が、2001年の分権改革においてようやく「対等
の関係」と規定されたにもかかわらず、行政法上においては未だに自治体が国の下僕
である・下位にあることを、白昼堂々と認めることになるではないか。かような国の
行政不服申し立てこそ、門前払いしかない。それにしても、日本の法律は、まったく
有権者・国民・市民のために作られていない。こんなもの、ひっくりかえしましょう
ぞ:田中一郎)

●ひっくり返しましょうぞ!のうた♪
 https://www.youtube.com/watch?v=LYKq78wCUsM

●このどうしようもない「平成の世」の日本、ではでは、最後に故鶴田浩二さんにお
出ましいただきましょう。
 https://www.youtube.com/watch?v=NyCG6epl1m8

----集会等のお知らせ------

●イ・ジンソプさん各地で講演会●
<韓国のコリ原発の近くに住んでいて、
奥様の甲状腺癌がそのコリ原発のせいだということを韓国の地裁で認められた>
http://ameblo.jp/aoyagi6211/entry-12079528503.html

10/12鹿児島
各地のチラシは下記からダウンロードできます。
http://yahoo.jp/box/d6u9RY

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
日時:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
場所: 福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
案内チラシ http://tinyurl.com/q8by28h

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  原告総数 9886名 (10/8日現在)
ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月11日。

【転送・転載大歓迎】

明日、10.12全国集会(鹿児島)川内原発2号機再稼働を許さない!●
チラシ表 http://tinyurl.com/pqtwdft
裏 http://tinyurl.com/psuobtm

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1635目報告☆

呼びかけ人賛同者10月10日合計4008名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
 
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
こんばんは。
また、島根の山中に来ていますので、ブログはお休みします。

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆千早振る神ましませば宣りたまへ 原発中毒の為政者面々へ
      (左門 2015・1011-1171)
※二宮尊徳さんの所へ、九州の或殿様から「神道の書」が贈呈
されました。翁は「これは神主の儀式のためのもので神道の真
髄を書いたものではない」と相手にしませんでした。現代の科学
の粋を集めた原発の起工式に神主が司祭します。神様が霊験
あらたかでいらせられるのなら、原発再稼働に熱を上げる知事・
市長・議員たちに顕現されて確と間違いを御指摘ください!!

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 市内の定時制高校の担任をしていた時、九電本社前テント村
から少し天神寄りのガード下の屋台に、生徒たちみんなを連れ
て行って、おでんやラーメンを奮発したことがあった。文化祭
で劇を創る素材の勉強の心算で、屋台にやって来る人間模様を
学ぶためであった。生徒たちはあれこれと議論を重ね「それぞ
れの人生に乾杯を!」という題名の脚本ができて上演。
 夜が白みはじめたころ、屋台のオヤジ役の拓くんがお日様の
方に手を合わせ、「お天道様よ、どうかこの世をもう少し明る
くしてくれんかねー」と叫んで幕を閉じた。30年前のことだ。
 アベ政治は、くらく暗く、暗い方へと導いている。屋台のオ
ヤジ役をした拓くんの声が、現在の今、鮮明に甦る。

☆ 旅立った 若者たちは もうおじさん
       演じたあの日を 今こそ本気に
 
 ☆ 佐賀法廷 イ・ジンソプ様の 声朗朗
       息子とともに 海をわたりて

★ M.Shimakawa さんから:
甲状腺がん「チェルノブイリの多発傾向と酷似」~疫学専門家

 福島県内の子どもの甲状腺がんが多発している問題で8日、岡山
大学の津田敏秀教授が外国人特派員協会で記者会見を開き、多発の
原因が「被ばくによる過剰発生」であるとした論文の概要を説明し
ました。津田教授は現在の状況について、「チェルノブイリにおい
て、4年以内に観察された甲状腺がんと同じような状況にある」な
どと述べ、今後さらに大規模な多発が起きる可能性があると警告し
ています。
 
 津田教授は甲状腺の超音波スクリーニング検査を受診した子ども
約30万人の検査結果を分析したところ、通常より50倍、平均で
も30倍の多発が起きていると指摘。また、2014年から始まっ
た2巡目もすでに10倍以上の多発が観察されおり、1巡目の数を
超えている地域が存在すると説明しました。
 現在は、チェルノブイリで4年以内に観察された甲状腺がんと同
じような状況にあり、今後、チェルノブイリで起こった5年目以降、
6年目以降の大きな多発が起こることは避けがたいとの見方を示し
ています。

News「甲状腺がん『チェルノブイリの多発傾向と酷似』~疫学専門家」
http://ourplanet-tv.org/?q=node/1989

★ 久保田 さんから:
○ 公開質問状
原子力規制委員会 (規制庁)  
福岡県庁 ・ 市役所 (原子力防災担当)  御中

平成 25年 3月、震源を特定せず策定する地震動 ★
原子力規制委員会 (8~11ページ) 
http://www.nsr.go.jp/data/000050725.pdf
http://www002.upp.so-net.ne.jp/bob-k/mw02.jpg

兵庫県南部地震 (阪神大地震)
新潟県中越地震
新潟県中越沖地震
能登半島地震
福岡県西方沖地震

平成以降で、最大級クラス (Mw 6.6 ~ 6.9)
5つの、直下型地震が含まれていました。

平成 25年 4月、以降の地震ガイド等(8ページ)
5つ、全て削除されています。
http://www.nsr.go.jp/data/000050736.pdf

2週間で、科学的根拠無しの削除です。

一方、Mw 5.0~6.2、中規模地震14例 (規模 1/10~1/500) は、
1つも削除されていません。(福岡県西方沖地震の余震は残る)

平成 25年 4月、以降の地震ガイド等は、大規模地震の大半を、
科学的根拠無しに削除した為、極めて不正かつ無効です。

原子力規制委員会は、基準地震動の審査のやり直しが必要です。
以上、科学的反論を、3日以内にメールでお願いします。(2015.1010)


■ 原子力防災に係る福岡県民の安全確保に関する協定書 
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/uploaded/life/67711_14133546_misc.pdf

福岡県、及び糸島市、並びに福岡市は、地域防災計画の的確かつ
円滑な実施を推進し、一体となって福岡県民の安全及び安心を
確保することを目的に、九州電力株式会社と玄海原子力発電所に
係る協定を次のとおり締結する。

本番(玄海・原子力発電所)の、再稼動手続きが始まりました。
交渉窓口は、福岡県庁・福岡市役所となります。

主要論点は4つ

1・安全保障(放射線管理区域)

放射線管理区域(5msv/y <)への、一般住人の立入りは
法的に禁止されているが、現在の日本は、政府の違法行為
(人権侵害)が、強制的に行われている。

電離放射線障害防止規則 (労働安全衛生法 ~厚生労働省)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S47/S47F04101000041.html

2・地震、津波

原子力規制委員会、震源を特定しない地震動の基準は、? 
平成 25年 3月迄

兵庫県南部地震 (阪神大地震)
新潟県中越地震
新潟県中越沖地震
能登半島地震
福岡県西方沖地震

平成以降で、最大級クラス (Mw 6.6 ~ 6.9)
5大、直下型地震を含めていたが、

平成 25年 4月、以降の地震ガイド等は、理由の説明無しに
5つ全て削除しており、極めて不正な基準である。

原子力規制委員会(震源を特定しない地震動)基準、H 25.03
http://www.nsr.go.jp/data/000050725.pdf

3・火山

原子力規制委員会・火山モニタリング会議(H 27.07)で
火山モニタリングは、日本全体で検討するべきと提言。
しかし、九州電力は、独断で再稼動を決行した。

原子力規制委員会・火山モニタリング提言、H 27.07 
http://www.nsr.go.jp/data/000116982.pdf

4・緊急安全対策(免震棟、ベントフィルター)

九州電力は、免震棟、ベントフィルターを完成させる
前に、独断で再稼動を決行した。

九州電力 H 24.07
http://www.kyuden.co.jp/press_120731-1.html

★ 舩津康 さんから: 
10月11日朝の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号38.まで)
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/nfsma34
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu
※明日は休みます。

連休初日、現時点で検索できた記事をざっと並べます。(10.11.5:03)
川内(せんだい)原発関連記事からはじめます。明日は、鹿児島駅東口で、全国集会が予定されています。

NHKがたんたんとニュースを流し続けます、
1.●●「川内原発2号機昇温昇圧工程へ」NHK鹿児島10月10日12時29分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/5055400061.html?t=1444505565335

1’.「川内原発2号機 高温・高圧検査 15日にも再稼働へ」南日本放送 [10/10 12:38]
http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=2015101000012500

玄海原発関連、
〇9日にあった「原発なくそう!九州玄海訴訟の裁判について報道機関での記事は今のところ見当たりませんが、
九電がホームページに次のような文書を発表しています、

2.「玄海原子力発電所操業差止訴訟第14回口頭弁論について」九州電力株式会社 平成27年10月9日
こちらにPDFデータで⇒ http://www.kyuden.co.jp/var/rev0/0048/8220/i69p94o6n0.pdf

〇九電が次のような文書をホームページ上に貼り付けています、
3.「今冬の電力の供給力及び需要の見通しに関する報告について」九州電力株式会社 平成27年10月9日
・・・ここに3通のPDFデータもあります。⇒ http://www.kyuden.co.jp/press_h151009-1.html

【金曜日の声 官邸前】
4.「古里で再稼働つらい」東京新聞2015年10月10日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/kinyoubinokoe/list/CK2015101002000155.html

4’.「国民無視の原発再稼働 新閣僚発言に怒り 官邸前で抗議」しんぶん赤旗
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-10-10/2015101015_01_1.html

原発立地・周辺地域、
5.「佐賀県と唐津市、九電と協定 唐津火力発電所跡地活用」佐賀新聞2015年10月10日 09時43分????????
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/238144

5’.「唐津発電所、跡地活用へ協定締結 佐賀県と唐津市、九電「重要な資源」」西日本電子版2015年10月10日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/72565/1/

<後略>

★ 永島(脱原発・放射能汚染を考える北摂の会) さんから:

★ たんぽぽ舎 さんから: 
下記 全文⇒ http://tinyurl.com/o3rf8m6
たんぽぽ舎です。【TMM:No2610】
2015年10月10日(土)地震と原発事故情報-6つの情報をお知らせします
                           転送歓迎
━━━━━━━
1.電気は十分足りている 夏も足りた 冬も足りる=9つの電力大手発表
   原発ゼロで大丈夫。なのになぜ原発再稼働か?
   再稼働は日本を滅ぼす 連載32回
     柳田 真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)
2.伊方原発を止め続けるためにこれからも
   しびらっこく応援してください
   再稼働反対の声をあげ続けることが大事
    堀内美鈴(伊方原発50km圏内住民有志の会)
3.=未来への負の遺産-原発ゴミはどこへ行く?=
   10月14日(水)倉澤治雄さん講演会のお誘い (1)
    渡辺マリ (たんぽぽ舎ボランティア)
4.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
  ◆10/14東京第一検察審査会要請行動
   主催:東電の刑事責任を追及する会
  ◆11/4おしどりマコさん・ケンさんとトーク&カフェ
   福島の現状・甲状腺検査など縦横無尽に語っていただきます
   主催:六ヶ所から地球を考える委員会
5.新聞より1つ
  ◆チェルノブイリから福島へ
   原発事故に心痛め つづる 日本だけの悲劇?それとも、人類全体の?
   これでも原子力が一番安くつくと言える?
   ノーベル文学賞・アレクシエービッチさんのメッセージ全文(2011年4月)
      (10月10日東京新聞8面より抜粋)
★6.脱原発川内テント通信(10月9日)
   10月11日より「ゲート前ハンスト・座り込み行動」
     脱原発川内テント (E)

★ 味岡修 さんから:
下記 全文⇒ http://tinyurl.com/pd6a4a5
経産省前テントひろば1490日 テント日誌10月9日(金)
  一部 項目
河合弁護士と寺崎さんの陳述書を掲載します。
意見陳述 書
控訴人(一審被告,一審参加人)ら訴訟代理人弁護士河合弘之
1.はじめに
2.我が国が亡びるとすれば原発事故か戦争
3.現政権の推進するその二つの危険は関連しており,テロを呼び込む
4.脱原発への道 
5.テントひろばの闘いの意味

陳述書  第二テント・寺崎明子
 私は経産省前第二テントの運営に関わっている寺崎明子と申します。

1 私は、1979年のスリーマイル島原発事故が発生して以来、
2 2011年3月11日、東日本大震災が起こり
3 2012年3月 17日から、私は、テント当番を引き受けるようになりました。
4 私 のテントでの活動は、週1日の当番のほか、
5 第二テントでは、テントという、照明も十分でなく
6 以上、思いつくままにいくつかの例をあげましたが、第二テントは、設立以来
7 私は、そのようなテントに関わっていることを喜んでおります。
8 70年代後半に当時の西ドイツのジャーナリストの取材に同行したことがあります。。

 東京高等裁判所の裁判官の皆さん、日本を真の民主主義社会とするために、
日々声を上げ続けている私たちの意を汲んで、良識ある判断をしてくださることを切望してやみません。

----集会等のお知らせ------

●イ・ジンソプさん各地で講演会●
<韓国のコリ原発の近くに住んでいて、
奥様の甲状腺癌がそのコリ原発のせいだということを韓国の地裁で認められた>
http://ameblo.jp/aoyagi6211/entry-12079528503.html

10/11北九州(小倉)、10/12鹿児島
各地のチラシは下記からダウンロードできます。
http://yahoo.jp/box/d6u9RY

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
(1)日にち:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
(2)場所:福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
(3)入場料:1000円(当日券のみ) *高校生以下 無料
(4)ゲスト 亀山ののこ(フォトグラファー)、後藤富和(弁護士)
※ 午前と午後の上映終了後30分間、監督とこのお二人に対談をしていただきます。

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  原告総数 9886名 (10/8日現在)
ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月10日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1634目報告☆

呼びかけ人賛同者10月9日合計4008名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】10月8日1名。
   池永佳子
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
金曜行動 来んしゃい金曜脱原発に参加しました。
暗くなるのが早くなりました。
参加者がそれぞれの思いをスピーチしました。
通常の運転でも、住民や作業者が被曝していること、
事故が起こったら 逃げ場がないこと、まして地震や火山など自然の災害に対して
十分な備えがないこと。福島の溶け落ちた核燃料の所在が分かってないこと、
汚染水は増え続けていること、などなど。
金曜行動が終わってから、4~5人の若者が「右から抗議」というアピールをしました。
メガホンを持っての抗議はなかなかいいものでした。彼は30分もコールし続けました。
原発に対しては 右も左もないのです。
あんくるトム工房
来んしゃい金曜脱原発  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3656
若い方のことば    http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3655

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆揺籃で健闘のチュニジア励まして平和賞おくるカルテット爽やか
      (左門 2015・10・10-1170)
※《ノーベル員会は「アラブの春」の唯一の成功例といわれるチュ
ニジアの試みに平和賞を与えた。・・・・チュニジアでは~「カルテッ
ト」のような、宗教やイデオロギーにとらわれない組織が対話への
影響力を組織できた」》(朝日、本日1面)。68年前の日本を励ま
しているような時間差感。戦争法を阻止して、9条もガンバロウ!

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 今日は、ちくし地区からの参加者が少なく、私の新車を出すま
でもなく、ちくし法律事務所の稲村弁護士の高級ハイブリット車
で佐賀地裁へ。案の定、神様は法廷傍聴の抽選籤を外れさせ、模
擬裁判会場へ。
 今日の原告陳述者は、韓国のイ・ジンソプ様。それで、合間に
韓国の原発をiPadで調べると、原発は4か所でおよそ36基。日
本の面積の4分の1に、人口はおよそ5千万人だから、原発の過
密度は日本の倍以上。イ・ジンソプ様の直近は古里(コリ)原発
で10基もあり、日本へも近い。う~んと唸りながら、原告1万
人達成に本気にならないとね…との思いを強くして帰途についた。

 ☆ あの人と 気は合わねども 一点の
       原発やめろと 手を差し伸べる
          (橋本左門様の添削を受けて更新)
 
 ☆ 九電の 社員も家族も 安心か
      不安な原発 即座に廃炉

★ 弁護士 後藤富和 さんから:
【原発なくそう!】イ・ジンソプ氏陳述
昨日、10/9 佐賀地方裁判所で開かれました「原発なくそう!九州玄海訴訟」の口頭弁論に期日におおいて、
韓国の原告イ・ジンソプさんが意見を述べました。以下に紹介します。

1 私の身上・経歴

(1)日本の皆さん、私は、イ・ジンソプと申します。1966年5月18日生まれで、49歳で、現在、NPO法人で働いています。私達夫婦には、「キュンド」
(均道)という名前の発達障害の息子がいます。「キュンド」とは、「正しい道を歩もう」という意味です。

(2)私の家族は、プサン市のキジャン郡にあるコリ原発周辺に住んでいます。息子のキュンドはコリ原発から3kmほどのところで生まれました。コリ原発で
は原子炉6機が稼働中で、2機は完成間近です。また2機が計画中で、合わせると10機の原子炉を抱え、「メガサイト」と呼ばれています。

(3)キジャン郡はプサン市内のどこよりもクリーンな環境を誇っている所で、工場もなく公害設備もありません。しかし、なぜか平均寿命はプサン
市民より短いのです。そして、2011年、私は直腸癌の手術を受けました。翌年の2012年には妻が甲状腺がんの手術を受けました。さらには、私たちの息子は発達
障害をもって生まれたのです。私は、コリ原発に疑いを抱きました。

2 私の訴訟

(1)日本の原発のことは私にはよく分かりませんが、韓国の原発を管理する韓国水力原子力株式会社は数年間にわたり不良な部品問題をすべて隠蔽
し、不条理が蔓延している企業としてマスコミに取り上げられました。私の家族は、私の家族の不幸な出来事に対して「それはあくまでもあなたの家系の問題だ、原発
は安全に運営されている」という安全神話に疑問を投げかける訴訟を、韓国で初めて起こしました。訴訟は27ヶ月かかりました。その間、会社
は一貫して、「分からない。安全だ。わが社の非はない」といい続けました。

(2)しかし、2014年10月13日、プサン地方法院東部支院は、妻の甲状腺がんについて、政府のさせた健康調査の結果、甲状腺ガンの発生と
コリ原発から放出される放射性物質との疫学的関係が明らかになったことを理由に、コリ原発から放出される放射性物質との因果関係を認める判決を下しました
。コリ原発から放出された放射性物質は、いずれも、原発を運転するための基準値を遥かに下回ると国や会社が主張しているものでしたが、原発を運転するための
「最低の基準は住民の安全基準とは異なる」、通常稼働時でも住民に被害が生じ得る、ということを明らかにした画期的判決でした。

3 勝訴判決の余波

キジャン郡の人口は15万人ですが、原発から半径10キロ以内に6万3千人もの人が住んでいます。コリ原発から半径30kmには350
万人もの人口が住んでいるプサンやウルサンがあります。今、裁判は控訴中ですが、自分も訴訟に参加したいと原発から半径10km圏内の住民から300人あまりが
集まりました。皆、甲状腺がんの患者です。手術を受けても申し出ない人が半分くらいはいると思いますので、それまで計算に入れると半径10km圏内の住民の100
人に一人が甲状腺がんを患っていることになります。きれいな空気と澄んだ水が自慢のキジャン郡で、まさに晴天の霹靂のような話しです。韓国では政府が癌
患者を管理していますが、政府と地方政府はこの事について目を瞑っています。

4 原発の現在と未来

(1)いま韓国では原発をさらに増やそうとしています。韓国の原発はどこよりも安全に管理されている、原子力ほど安い電気はないと住民を説得しています。福島事故
の教訓も日本だけの不幸な出来事としてとらえています。

(2)しかし、福島原発事故はたまたま起こったアクシデントではありません。私たちはその事故から多くを
学ばなければなりません。安全を確保しなければ私たちに未来はありません。キジャン郡と玄海原発とは200
kmほどしか離れていません。放射能に国境はないのです。私の家族は、福島のような事故が玄海原発に起こってもキジャン郡
を離れるわけにはいきません。生活のすべてがそこにあるので、そこに住むしかないのです。

5 私の願い

(1)最後になりましたが、私たちは共に生きなければなりません。今日も生きて、明日も生きていくのです。韓国で「キュンド訴訟」と言われるこの訴訟は「正しく
生きて、健やかに暮らしたい」という住民たちの大切な願いが込められています。私がこの裁判を続ける理由はたった一つ。
私は子供たちに恥ずかしくない父親でありたいのです。私の世代が過ちを起こして、未来の世代に負担をかける、卑怯な人間にはなりたくありません。

(2)私にとって、この原発なくそう九州玄海訴訟は、日本の「キュンド訴訟」なのです。
日本の皆さん、韓国と日本の国境を越えて、正しい道をともに歩みましょう。
韓国と日本の、そして世界の未来の世代のために。

●イ・ジンソプさん各地で講演会●
http://ameblo.jp/aoyagi6211/entry-12079528503.html
糸島10/10、北九州(小倉)10/11、鹿児島10/12
各地のチラシは下記からダウンロードできます。
http://yahoo.jp/box/d6u9RY

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<原子力規制委員会への異議申し立ては大飯原発3,4号機及び高浜原発3,4号機の裁
判の訴状に取り入れられている>を報告します。

原子力規制委員会への川内原発審査書への異議申し立てが2014年11月7日に行
われていますが、その後原子力規制委員会は何ら審議をせずに10ケ月が過ぎてお
り、川内原発1号炉は稼働が行われています。

この中の水蒸気爆発問題は、原子力規制委員会が審議しなくても、既に2015年9
月18日に大飯原発3,4号機及び高浜原発3,4号機運転停止. 仮処分命令申立事件.
平成27年(モ)第38号 保全異議申立事件.の準備書面として提出されている事が分か
りました。
http://adieunpp.com/karisasitome/karisasitome4/150918junb15.PDF

***
成26年(ヨ)第31号 大飯原発3,4号機及び高浜原発3,4号機運転停止
仮処分命令申立事件 平成27年(モ)第38号 保全異議申立事件 債 権 者 松田
正 ほか8名
債 務 者 関西電力株式会社 第 1 5 準 備 書 面
~水蒸気爆発及び水素爆発の危険性~ 平成27年9月18日
福井地方裁判所 御中 債権者ら代理人弁護士 河 合 弘 之 ほか
目次 第1 はじめ 第2 水蒸気爆発の危険性について 1 水蒸気爆発とは何かに
ついて
後略

***

33ページ分の資料ですが、大飯原発3,4号機及び高浜原発3,4号機の水蒸気爆発と
水素爆発の審査不備の問題が最近の知見も含めて詳細に報告されています。

 原子力規制委員会は異議申したての審議を非公開にして闇に葬っていますが、裁判
にかけられるので闇にはできないようです。

 日本のマスコミでも、川内原発の水蒸気爆発問題が取り上げられたのは数回ぐらい
しかないと思われますが、大飯原発3,4号機及び高浜原発3,4号機の運転差し止め裁
判の大きな論旨の一つになると思われるので、少しは取り上げてもらいたいと思いま
す。

★ 舩津康 さんから: 
10月10日朝の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号46.まで)
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/o474wfj
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

おはようございます。
現時点で検索できた記事をざっと並べます。(10.10.5:55)
きょうも重要な記事がたくさんあります。昨日冒頭に紹介した福島の子の被ばく調査の続報、東京都の河川の汚染、愛媛県議会再稼働容認、高浜原発審査終了、規制委の書類公開不
備、・・・それぞれ目が離せません。内閣改造関連続報は、福1や原発事故被害地域の項で紹介しています。
今朝は、川内(せんだい)原発、九電、玄海関連(市民団体の動き)とはじめて行きます。

川内原発関連、
1.「川内原発2号機 高温・高圧検査へ 15日も再稼働の見込み」南日本放送 [10/09 18:30]
http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=2015100900012495

1’.「【動画】九電「川内原発2号機の検査、順調」」KTS鹿児島放送2015年10月09日19:26
http://news.ktstv.net/e60227.html

2.●「公共施設に分散しヨウ素剤を保管へ 薩摩川内市」西日本電子版2015年10月10日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/72558/1/

2’.「備蓄の安定ヨウ素剤分散保管検討へ」KTS鹿児島放送2015年10月09日
http://news.ktstv.net/e60229.html

3’.「【九州】今冬の電力 5年ぶり自社のみで安定供給」KBC朝日放送10/09?19:15更新 ※動画有
http://www.kbc.co.jp/news/

3”.「九電 冬の電力需給「安定の見通し」TVQ(2015年10月9日 17:15)

玄海原発関連、
4.(佐賀県)「住民説明会開催を」反原発団体が要請」佐賀テレビ(2015/10/09 11:56)※動画有
http://www.sagatv.co.jp/news/

<後略>

★ たんぽぽ舎 さんから: 
下記 全文⇒ http://tinyurl.com/orm9rq2
たんぽぽ舎です。【TMM:No2609】
2015年10月9日(金)地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします
                           転送歓迎
━━━━━━━
1.全国の自治体議員の声を初めて伊方原発地元の愛媛県と
   県議会に伝えることができました
   9月24日、全国180名の自治体議員
   伊方原発再稼働に反対し、愛媛県議会に請願を提出
        反原発自治体議員・市民連盟 けしば誠一(杉並区議会議員)
2.<小出裕章さんに聞く>子どもの甲状腺がん103人
   原発事故との因果関係はナシ?   アジアプレス・ネットワークより
3.「立教人の会」それぞれの立場で安全保障関連法を問う
   立教大学教員は学生団体“SPAR”の活動に賛同
   安全保障関連法に反対する大学人の連携
   これからの継続した運動に必ず明るい展望
                  吉田照勝(たんぽぽ舎会員)
4.新聞より2つ
  ◆都心の川 残る汚染 東証近くセシウム452ベクレル検出
   日本橋川 下流ほど高濃度 本紙調査
             (10月9日東京新聞1面より抜粋)
  ◆民主主義なき福島原発事故処理 国民負担増加 明確な説明なく
   廃炉、収束 世代またぐ作業
         (10月8日東京新聞24面「こちら特報部」より抜粋)

★ 内富一 さんから:
【沖縄タイムズ】米バークレー市「沖縄支援」可決の背景に県系人パワー
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=133225

【沖縄タイムズ】辺野古新基地「反対」他都市にも 米バークレー市有志ら島ぐるみ会議が
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=134742

(参考記事)
【琉球新報】米バークレー市議会が辺野古反対決議 新基地断念を要求
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-249016-storytopic-3.html

----集会等のお知らせ------

●イ・ジンソプさん各地で講演会●
http://ameblo.jp/aoyagi6211/entry-12079528503.html

糸島10/10、北九州(小倉)10/11、鹿児島10/12
各地のチラシは下記からダウンロードできます。
http://yahoo.jp/box/d6u9RY

●10.12全国集会チラシ(鹿児島)川内原発2号機再稼働を許さない!●
表 http://tinyurl.com/pqtwdft
裏 http://tinyurl.com/psuobtm

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
(1)日にち:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
(2)場所:福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
(3)入場料:1000円(当日券のみ) *高校生以下 無料
(4)ゲスト 亀山ののこ(フォトグラファー)、後藤富和(弁護士)
※ 午前と午後の上映終了後30分間、監督とこのお二人に対談をしていただきます。

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
      原告総数 9886名 (10/8日現在)
ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月9日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1633目報告☆

呼びかけ人賛同者10月8日合計4008名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】10月8日1名。
   匿名者
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまです。
安倍内閣の組閣メンバーを見ましたが、「ひどい」の一言に
尽きます。 早く安倍を引きずり降ろさないと、とんでもない
日本になってしまいそうです。
武器は輸出するし、日本中をアメリカの基地にするし、食料もアメリカに依存する、
アメリカの肩代わりで世界の紛争地に出かけていく。
まさに アメリカの属国になってしまいます。
元最高裁判事の浜田弁護士が「闘争宣言」を出しました。
気骨に溢れた宣言です。 国民すべての連帯が必要です。
あんくるトム工房 
闘争宣言     http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3654

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆文学賞狙う魂胆あさましや スベトラーナの爪の垢煎じて
      (左門 2015・10・9-1169)
※《ノーベル文学賞にアレクシェービッチ氏 日本でも言葉
遺す。日本チェルノブイリ連帯基金理事長で医師の鎌田実
さん。・・・・「なぜ彼女がノーベル文学賞をとったのか。その
意味を日本人が考えることが大事だ」》(朝日、本日38面)。
日本人やハルキストとともに春樹氏自身が没モラルを反省
すべきであろう。異能の関脇は相撲を面白くしても「日の下
開山」(横綱)にはなれないのだ。川端康成は曖昧のお蔭。
『あいまいな日本の私』(岩波新書、大江健三郎、参照)。

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 今日は、私にとっては楽しい骨休めの日。佐賀地方裁判所で
九州玄海訴訟の14回目の裁判傍聴に、新車で初めての遠出。
法廷内での傍聴には抽選で当たらなければ入れない。神様は私
を世界一籤運の悪い人間に育ててくれたから法廷には入れない。
だから、模擬裁判観劇や久しぶりに再会する知人・友人とのお
喋りなど、頭も体も休養できる最高の日だ。さあ「後期高齢者」
の運転で出発進行!
  
  ☆ あの人と 気は合わねども 一点の
       原発許さじと 手を差し伸べるかな

  ☆ 一点の 共同だけで 手を結び
       立憲・民主の 百点政府を!

★ 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟 さんから:
本日、第14回口頭弁論期日10月9日(金) 午後2時 佐賀地裁
(イ・ジンソプさん意見陳述)
<韓国のコリ原発の近くに住んでいて、奥様の甲状腺癌がそのコリ原発のせいだということを韓国の地裁で認められた>

★ 舩津康幸さんから: 
◎10月7日「原発労災給付不支給処分取消請求事件」期日 於:福岡地裁。
原発労働者であった梅田さんの心筋梗塞症状を労災として認めなかった国を被告として訴えた裁判。◎◎若手弁護士が奮闘しています!!
きょうは前回に続いて、国がこれまでの5人の証人の他に2人目の医師を証人として主尋問を行いました。この裁判に対する並々ならぬ国の意気込みをうかがえます。この医師、肩書
は松江赤十字病院の医師ですが、11年にわたって中国電力の産業医で、弁護団の反対尋問で、「11年間一度も放射線被曝の症状と診断した事実がない」など原子力ムラに取り込まれ
た医師であることが明らかになりました。※傍聴席から驚きの声も上がりました。
・報告集会では、「いったい何のために国が証人として呼んだのか。わからない」と原告の弁護士の弁。
・梅田さんからは、「『厚生労働省内に梅田裁判担当部署がある・・・・』とジャーナリストから手紙をもらった、なんとしても生きてたたかっていく」との発言もあった。
●国が何としても原発での被曝労働を認めたくないことで必死になっていることを証明しているのです。
原発被曝で裁判にまで至った事例はないに等しい今、この裁判の重要性が日本国内にとどまらず世界的に意義があるものだと。
次回期日は、最終弁論も。2016年1月8日1時15分~2時。本人に意見陳述も予定されています。16年内には判決もありうるかもです。
写真 http://tinyurl.com/p42mryo

①裁判所前の集会で反対尋問たった若手弁護士のあいさつ ②挨拶する梅田さん ③支援の会代表の石村善治さん(右)と青柳さん ④裁判後の報告集会 
⑤前に並ぶ若手弁護士たち 当初15人だった弁護士が今30人を超えていると ⑥挨拶する事務局の安藤さん

★ 唐津市 吉田恵子 さんから:
感想2015.10.7 元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判
10/6日の裁判傍聴に行きました。放射能から人を守るために大切な
真実が、次々に明らかになっていました。この被曝労働の実態を、
全世界の人々に知ってほしい、みんなで考え、原発を止めて
廃炉にして、核廃棄物の10万年管理の方法を研究して、核兵器
もなくし、被曝から守る法律や制度を作ることで、今後多くの
人の命を放射能から守ることができると思いました。梅田さん、
弁護士の皆様、支援しておられる皆様のご努力に、手を合わせて
おります。

元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判2015.10.7福岡地裁 文責 唐津市吉田恵子
国側証人の陳述は、
①梅田さんの心筋梗塞は、高血圧、脂質異常症、糖尿病、喫煙などの危険因子によって発症したもので、8.6ミリシーベルト程度の放射線によるものではない。
②自分が診断した人に、基準以上に被曝した人はいなかった。
③梅田さんの症状が被曝によるものなら、その場にいた他の作業員も、同様の状態になるはず。
④がんと放射線との関係について、原爆の資料を使うことは、不適切。原爆の場合は一度に大量の放射線を浴びた。原発とは違う。」などの内容でした。

 原告側の弁護士のかたたちによる反対尋問で、
①について、脂質異常は、昭和54年の資料から判断している、先の証人尋問で、梅田さんたち現場の労働者の被曝線量は、鉛筆書きだった。線量が基準値を超えた時に鳴る
アラームメーターを預けて、持たないで現場に入ることが普通に頻繁に行われていたことが明らかになり、8.6ミリシーベルトの根拠はない。
②について、証人の医師は、島根原発の嘱託医師として、11年ほど勤務し、200人くらい診断したと言っていたが、緊急のけが人以外はすべて電力会社の社員が対象で、
下請けの現場の作業員の対応はしていないことが明らかになりました。
③について、
息子も原発作業員だったが、体調を崩して今は家にひきこもっている。息子の話はしないでくださいといわれたことがあります。訴えても、証明が難しいから、泣き寝入りしている
という実態を新聞で読んだこともあります。それが実態です。
④について、
原爆も原発も同じ放射線の問題なのに、違うというのは、あまりにも非科学
的な話だと思います。2009年8月7日共同通信などの報道によれば、長崎原爆で死亡した被爆者の体内に取り込まれた放射性物質が、被曝から60年以上たっても、放射線を放
出している様子を、長崎大学の七条和子助教らの研究グループが撮影しています。その時だけ被曝して障害を及ぼすだけでなく、ずっと体内にあって、放射線を出し続け、傷つけつ
づけている可能性があることが、明らかになっています。

内部被ばくの"証拠"撮影 長崎大・七条和子助教らの研究グループ
http://tinyurl.com/p9tppm2

原発での労働で、体内に放射性物質がとりこまれれば、そういうことになります。梅田さんは、現場で、具合が悪くなったら、行く病院が指定されていた。そこで、ビールを飲まさ
れたといわれました。
原爆の時も、黒い雨で高濃度汚染地域になったところに、被曝しながらしらずに生活しておられた人々もおられたはずです。被曝の程度も様々です。
高木仁三郎試算で、原発の使用済みウラン燃料は、1tにつき1年後でも8京9千兆ベクレル以上。セシウム137は、3700兆ベクレル。広島原爆セシウム137は、89兆ベ
クレル。セシウム137で比べると、広島原爆の約40発分です。使用済みウランの放射能がもとのウランと同じ放射能になるまで10万年以上かかります。原発の放射能は、原爆
よりはるかに多いのです。
JCOの臨界事故で被曝した大内さんは、リンパ球が全くなく、白血球も10分の1、染色体もばらばらに破壊され、皮膚を失い、臓器も筋肉細胞もぼろぼろでした。
この裁判で、放射能から人を守るために必要な大切な真実が次々に明らかになっています。明らかにされた被曝労働の実態を、全世界の人々に知ってほしい、みんなで考え、被曝か
ら守る法律や制度を作ることで、、今後、多くの人々の命を放射能から守ることができると思いました。ご努力くださっておられる梅田さん、弁護士の皆様、支援しておられる皆様
のご努力に、心の中で手を合わせております。

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<ロシアのKHABENSKYの論文を翻訳すると、VVER-1000のコアキャッチャー
はIVRとEPRの良いとこ取りで有ることが分かった>を報告します。

フランスのアレバ社が開発したEPRのコアキャッチャーは日本でも良く知られ様に
なってきました。しかし、ロシアのVVER-1000コアキャッチャーは日本では
これまではほとんど知られていませんでした。

 ロシアのVVER-1000コアキャッチャーは図面だけは、ウエーブで紹介され
ていましたが、その設計意図は全く分かりませんでした。しかし、ロシアの
KHABENSKYの論文で詳しく紹介されていたのですが、英文で読んだだけでは理解不足
でした。今回、google翻訳を利用して、一部修正して日本語訳を製作すると、
これまで理解できなかったその設計意図が初めて分かりました。

 ロシアのKHABENSKYの論文のアドレスを示します。

http://www.kns.org/jknsfile/v41/JK0410561.pdf

その設計意図は原文の562ページ右列8行目から25行目までに記載されていま
す。

*************

るつぼ型キャッチャーとEVRの概念は、最初はVVER-1000用に開発され、中国とインド
のTyanvanとKudankulamプロジェクト内に実装した。この概念は、IVRアプローチ、固
定バリアの関節機能を有する金属製のキャッチャー容器の受動的水冷(るつぼ)、お
よびEPR溶液、犠牲材料すなわち使用を組み合わせる。・・・・・

るつぼ型キャッチャーオプションは、IVRのコンセプト開発内で行われた以前の研究
の結果が組み込まれています。
以下のセクションでは、VVER-1000原子炉による原子力発電所のためのルツボ型コア
キャッチャーの効率をさらに詳細に説明する。
*************

 VVER-1000はアレバ社のEPRのコアキャッチャーの本体キャッチャーを
撤去し、原子炉圧力容器下部のプレキャッチャーのみを製作し、プレキャッチャー周
りを容器内コリウムの保持(IVR)と同じように最小限の水で水冷したもので有りま
した。

 アレバ社のプレキャッチャーは本論文で説明されているが、Sacrificial
materialsとProtective Layer で構成されており、Sacrificial materialsはFe
2O3を大量に含有しており、核燃料に大量に使用されているZr(ジルコニウム)と
Fe2O3(酸化鉄)と反応させて、テルミット反応で金属鉄とZrO2(ジルコニ
ア)に変えて水素の発生を大幅に削減する事を目的に設計されている。VVER-1
000コアキャッチャーはこの設計思想とIVRの設計思想を組み合わせて、非常に
安価で確実なメルトダウン対策を行う設計思想により作成されている。

 九州電力の水素爆発対策は大量に発生した水素にイグナイターで着火して爆燃さ
せ、水素を水に変える方法であるが、VVER-1000コアキャッチャーは水素の
発生を少しだけに抑える方法である。

 この論文の全体を読めば、格納容器が水蒸気爆発しないような綿密な対策が行われ
ている事が分かります。

 この論文をあまり詳しく読んでなかったことは、実に恥ずかしいのですが、全部読
んでみると、海外の原発メーカーや原子力規制委員会の知識と日本の九州電力や原子
力規制委員会の安全対策の知識とでは、月とスッポンほど違う事がよく分かりまし
た。

★ 舩津康 さんから: 
10月9日朝の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号51.まで)
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/oajba8n
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

現時点で検索できた記事をざっと並べます。(10.9.5:00)
昨日、「経産省前テント裁判の日時が決まりました。判決期日を10月26日 15:00~」というお知らせをくださる方がありました。
さて、今朝は、一昨日冒頭にもあった原発事故での被曝の記事からはじめます。川内・玄海・九電等の記事は、原発立地地域・電力などのそれぞれの区分のところで紹介していま
す。内閣改造関連の記事も19.以下に紹介しています。

7日の夕方は、こんな記事から始めたのですが、
1.◎「「福島の甲状腺がんは過剰発生」――岡山大教授らが論文」オルタナ?10月8日(木)21時32分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151008-00010003-alterna-soci

一方で、きょうは次のような記事があります!!
2.●「子どもの内部被ばくなしと発表 福島など2700人」共同通信2015/10/08 17:59
http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015100801001587.html

2’.●「<福島原発事故>乳幼児から放射性セシウム検出されず」毎日新聞?10月9日(金)1時3分配信
http://mainichi.jp/select/news/20151009k0000m040163000c.html

原発立地・周辺地域、
〇川内原発の立地自治体で、何事もなかったように、
3.「薩摩川内市で電気自動車出発式、20台を実証実験」南日本新聞(2015 10/08 22:00)
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=70307

4.「川内川にウナギ1万3500匹放流 薩摩川内と大隅の養殖業者」南日本新聞(2015 10/08 20:15)
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=70312

5.●●(鹿児島県)「核ゴミ疑惑の南大隅町 選挙直前、町長後援会に業者側の献金」HUNTER2015年10月 8日 09:20
http://hunter-investigate.jp/news/2015/10/post-764.html

6.●(佐賀県)「内閣改造に期待と不安 県内 TPP、諫早開門、オスプレイ」佐賀新聞2015年10月08日 10時13分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/237413

<後略>

★ 永島(脱原発・放射能汚染を考える北摂の会) さんから:
青柳 さま
戦争法案の闘いの盛り上がりを、安倍政権打倒の闘いにどのように
汲み上げていくかという課題。大阪ではその前に橋下維新との闘い
を勝利しなければなりません。橋下維新と安倍政権に代表される
大日本帝国に復古するファッショ勢力との闘いに全力を尽くしましょう。

「脱原発・放射能汚染を考える」のニュースNo108ができました。
http://tinyurl.com/nvbf8sl

9月23日に開かれた「さよなら原発・さよなら戦争全国集会」は東京代々木公園
に22,000人の参加者を集めて開かれました。また大阪ヨドバシカメラ前でのSEALDs
・KANSAIの街頭行動には4500人が参加して、闘いの継続を誓い合いました。
関電本社前での抗議行動は、10月は2,16,30日の3回も呼びかけられ、粘り強く
闘われています。

大阪では5月に退治したはずの「ゾンビ」との闘いが再び始まります。関西の私たち
にとって、ハシズムの跋扈を根元から断つのは、全国の民主主義者への義務でもあり
ます。11月に向けて可能な行動に参加し、公職選挙法の厳しい制約がありますが、
必要な情報の宣伝もまた我々の課題として頑張りたいと思います。

10月の大阪での関電本社前での次の抗議行動は、16日、30日に
行なわれます。19時からの1時間、ぜひ集まって声をあげましょう。

★ たんぽぽ舎 さんから: 
下記 全文⇒ http://tinyurl.com/ol3kvbr
たんぽぽ舎です。【TMM:No2608】
2015年10月8日(木)地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします
                              転送歓迎
━━━━━━━
1.東京電力は福島原発事故の責任をとれ!東電の情報隠しは許せない!
   放射能汚染水止めろ!柏崎刈羽原発再稼働するな!
-第25回東電解体!東電本店合同抗議の報告-
                渡辺秀之(たんぽぽ舎ボランティア)
2.2号機は30年前の運転開始以来「加圧水型原発」のアキレス腱と言われる、
  蒸気発生器を最新型に交換しないままに、再稼働しようとしています。
    九州電力への申し入れ書(10月7日)
                  再稼働阻止全国ネットワーク
3. 今でも相当線量が高いのではありませんか? (ロナルド・レーガン)
             長友くに (神奈川県在住)
4.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
  ◆市民放射線量測定会(10月18日(日))市川
☆福島原発告訴団より2つ
◆10.27ひだんれん 再び!福島県民集会&県申入れ行動(福島)
◆10.30東京第一検審激励行動&院内集会 (東京)
5.新聞より
  ◆「被災地原発 基準適合なら再稼働」 就任会見で高木復興相
             (10月8日東京新聞より抜粋)

★ 味岡修 さんから:
経産省前テントひろば1489日 テント日誌10月8日(木)
  高裁の判決日が10月26日(月)15時に確定しました
【脱原発テントと命をまもる裁判】控訴審の判決日時
通常は2ヶ月は空けるといわれておりましたが本日、突然、(伊方原発再稼働阻止の大集会直前の)10.26(月)15時、との通告がありました。

★ 満田夏花(みつた・かんな)国際環境NGO FoE Japan さんから: 
昨日、「翁長知事支持! 国は対抗措置をとらないで」署名(賛同団体:181、
個人賛同5,221人)を防衛省に提出し、交渉・集会を行いました。
沖縄から抗議船の船長もされている、北上田毅さんが駆けつけてくれました!

政府交渉の冒頭、知事が埋め立て承認を取り消した場合、防衛局側は埋め立て行
為の法的根拠を失うため、すべての作業を中止すべきと申し入れたのに対して、
防衛省側は、「知事の取り消しは違法」と発言し、場内が騒然となりました。

市民側は、埋め立ての承認や取り消しは知事の権限、「違法」だというのならば、
何法の第何条に違法なのかをしめせと迫ったのですが、結局、先方は回答できま
せんでした(当たり前ですが)。
当方から
は、公務員たるもの、法的根拠も示せないのに、知事の判断を「違法」
とするなどというのはとんでもない話であると強く抗議しました。

そんな一幕もありましたが、交渉では、以下の成果もあがりました。今後、防衛
省側が強引に工事を進めようとしても、事実上のハードルになると思います。

・防衛省は、かねがね辺野古側の浅瀬部分の護岸工部分を先行させる意図を示し
ていたが、交渉の中では、「施行手順も含めて願書に書かれている内容にそって
施行していく」とした。すなわち変更の場合は、変更申請、知事の承認が必要と
なる。
・防衛省は、名護市教委の文化財調査の対象箇所となっている仮設ヤード、仮設
道路の施工箇所については、「名護市教委との調整が必要に
なる」と認めた。

井上防衛局長ははボーリング調査終了前でも、最初の本体工事として、仮設ヤー
ド、仮設道路の設置工事に着手すると述べていますが、これらについては、防衛
省は「仮設物については実施設計協議の対象ではない」と言い張り、それを沖縄
県も認めていると発言しましたが、実際にはこれはウソで、沖縄県は「仮設ヤー
ド、仮設道路等の仮設物についても実施設計協議の対象」と防衛局に伝えている
とのことでした。

・署名は、今度は内閣府あてに、10月13日(火)に提出します。署名の締め切り
を13日の朝9時まで延長しますので、引き続き、拡散にご協力ください。拡散の
場合は、以下のURLからお願いします!
http://www.foejapan.org/aid/henoko/150929.html

・FFTVで昨日の交渉の模様を、昨日(10/8)22:30からお送りします(45分程度)。
Ust…http://bit.ly/1o4acVL
YouTube(アーカイブのみ)…http://bit.ly/1o4acoR

・官邸前で抗議行動2件
その1)
日時:10月13日(火)18:30~
翁長知事が、埋め立て承認を取り消すとみられている10月13日(火)18:30~、
FoE
Japan、美ら海にもやんばるにも基地はいらない市民の会などの呼びかけで
官邸前でアピール行動を行います。
詳細は主催団体のウェブサイト、ブログサイトなどにアップ予定です。
(問い合わせ先:090-6142-1807/満田)。

その2)「埋め立て承認が取り消しとなった翌日」の18:30から、官邸前にて、
「沖縄・一坪地主会関東ブロック」が抗議行動を行うそうです。こちらもぜひ!
(問い合わせは沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック/090-3910-4140)

・以下に北上田毅さんの資料、および防衛省との交渉の詳細な議事録をアップし
ました。今後、国が強行するともみられている工事をどのように具体的にとめて
いくかのヒントが満載です。ぜひご一読ください。
http://www.foejapan.org/aid/henoko/evt_151007.html

・昨日の署名呈出の模様は、NHKオンライン、琉球新報が報じました。
以下をご覧ください。
環境181団体、共同声明発表 辺野古判断で知事支持 - 琉球新報?
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-250130-storytopic-271.html
環境団体など 辺野古の作業中止求め署名提出- NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151007/k10010262111000.html

----集会等のお知らせ------

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第14回口頭弁論期日10月9日(金) 午後2時 佐賀地裁
(イ・ジンソプさん意見陳述)
<韓国のコリ原発の近くに住んでいて、
奥様の甲状腺癌がそのコリ原発のせいだということを韓国の地裁で認められた>
訴訟ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html
  原告総数 9886名 (10/8日現在)
   ニュースレター http://tinyurl.com/oot7wzb

◎イ・ジンソプさん各地で講演会のお知らせ◎
http://ameblo.jp/aoyagi6211/entry-12079528503.html

佐賀10/8、糸島10/10、北九州(小倉)10/11、鹿児島10/12
各地のチラシは下記からダウンロードできます。
http://yahoo.jp/box/d6u9RY

●10.12全国集会チラシ(鹿児島)川内原発2号機再稼働を許さない!●
表 http://tinyurl.com/pqtwdft
裏 http://tinyurl.com/psuobtm

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
(1)日にち:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
(2)場所:福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
(3)入場料:1000円(当日券のみ) *高校生以下 無料
(4)ゲスト 亀山ののこ(フォトグラファー)、後藤富和(弁護士)
※ 午前と午後の上映終了後30分間、監督とこのお二人に対談をしていただきます。

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa


●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月8日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1632目報告☆

呼びかけ人賛同者10月7日合計4007名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】10月7日2名。
   匿名者
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまです。
福島では 甲状腺がんが多いことを岡山大学の研究チームが発表しました。
当然の研究成果ではありますが、一つ一つの積み重ねが大事だと思います。
佐賀県唐津市の周辺でも、白血病が多いのですが、それは「風土病」である、
として原発との因果関係を県や九電は 認めていません。
もっとたくさんの疫学調査が必要だとおもいます。
あんくるトム工房
フクシマ 放射線の影響   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3653

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆宰相を「わがままにおぼしきまつりごとせんため」ならむ泡沫大臣の列
      (左門 2015・10・8-1168)
※右大将道綱の母の辛口評論『蜻蛉日記』(下)より。「帝を~」に続く言
葉。バブルが弾けたら政界の人材まで払底したのか?否!小選挙区制
の詐術が、泡沫人間しか居ない自民党に「蜃気楼勝ち」させたからである。
そして、その国家的脱線である「違憲状態」の人権侵害を「違憲無効」と
断罪しない腰抜け最高裁判所があるからだ!「司法をなめたらいかんぜ
よ!」と大見得を切られた元判事を信頼します。がんばって下さい!!!
違憲塗れの泡沫議員らを大掃除するために、声を上げよう!!!

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 九州電力との2時間半に亘っての交渉の後、近くの小さな
レストランで交流会。県外から3人の方も含めて10人が参
加。呑みながらもユニークな自己紹介に、思想信条の様々な
人や凄い闘争歴をもった人など、なんと素敵な方々がテント
村に集うのかと深く感銘。一通り巡ってから今度は、次回に
九電に望むことや政治への思いなども自由に語られ、将に楽
しい勉強にもなり、一機に皆さん方と親しくなれた。青柳様
の気遣いの素晴らしさに感嘆しつつ電車駅へと向かった。

 ☆ 呑みつつも 聴く楽しみの 秘訣とは
     芯から外さぬ 進行技か!

 ☆ 闘いも 楽しくあらん 民衆の       
    知恵と力は 稼働止め必至 

★ 金信明 さんから:
イ・ジンソプさん講演会ご案内
日時  10月8日(木)19時~ 入場無料
場所  神野公民館
(佐賀市神野西1丁目4-10/電話0952-30-6702)

2014年10月17日、釜山(プサン)地方裁判所において、
韓国における「甲状腺ガンの発生の責任は古里(コリ)原発にあるとする判決が出されました。
この判決で奥様の甲状腺ガン訴訟を原告として闘ってこられたイ・ジンソプさんをお招きいたします。

この勝訴判決で、韓国では多発している原発周辺の甲状腺ガンの被害者が540名以上、集団訴訟の準備を進めています。
ジンソプさんの裁判は現在、韓国で控訴審が戦われています。
日本での反原発の運動や裁判にジンソプさんの裁判勝訴は大きな糧となることは間違いありません。

イ・ジンソプさん講演会 各地のチラシは下記からダウンロードできます。
http://yahoo.jp/box/d6u9RY ふるってご参加ください。

★ 弁護士 八木大和 さんから:
講演会*「脱原発の進め方と九州玄海訴訟の意義」*ご案内
*10月31日(土)午後2時から*
福岡市東区 浜男公民館2階
講師*吉岡斉* 九州大学大学院教授
入場料無料

★ 舩津康 さんから: 
舩津 康幸 さんのコメントを転送します:
10月7日夕方の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号36.まで)
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/o53yzg6
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

現時点で検索できた記事をざっと並べます。(10.7.21:16)
原発事故での被曝の記事からはじめます。その後に九州電力をめぐる記事へとつづけます。

1.◎◎●「「被ばくで発症」と主張 福島事故後の甲状腺がん」共同通信2015/10/07 04:00 
http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015100601002207.html

関連記事、
2.◎◎●「<小出裕章さんに聞く>子どもの甲状腺がん103人 原発事故との因果関係はナシ?」アジアプレス・ネットワーク?10月7日(水)10時57分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151007-00010001-asiap-soci

九電関連、
3.●●●「九電、公開住民説明会「開かず」 宮崎の市民団体に回答」西日本電子版2015年10月07日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/72266/1/

4.●●●「九電が5年ぶりテレビCM 自由化控えイメージ向上狙う」朝日デジタル2015年10月7日15時10分
http://www.asahi.com/articles/ASHB54D1DHB5TIPE01K.html

5.●●●「九電、再生エネ接続の個別協議開始」西日本電子版2015年10月07日 03時00分 更新

6.●●「九電と新電力検討 福岡にバイオマス発電所」西日本電子版2015年10月07日 20時11分 更新
http://qbiz.jp/article/72366/1/

7.(政府が)「使用済み核燃料の貯蔵拡充を要請 政府、九電など電力各社に」西日本電子版2015年10月07日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/72271/1/

<中略>

33.「歴代ワースト総理・安倍晋三が犯す日本史上最大の犯罪――担当編集による著者インタビュー【中篇】」ダイヤモンド・オンライン?10月7日(水)8時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151007-00079227-diamond-soci
「『原子炉時限爆弾』で、福島第一原発事故を半年前に予言した、ノンフィクション作家の広瀬隆氏。

<後略>

★ 田中一郎 さんから:
1.(メール転送です)重要情報です:福島の小児甲状腺がん「被曝による発生」~医学誌に論文&明日会見(津田敏秀岡山大学大学院教授(疫学・公衆衛生学))
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
みなさま、お疲れさまです。白石です
岡山大学津田教授が、福島県の小児甲状腺がんについて、被曝による過剰発生であるとする論文を国際的な医学雑誌に投稿し、本日、オンライン版に掲載されまし
た。明日、これを受けて、津田教授が外国人特派員協会で記者会見を行います。

【新着記事】福島の小児甲状腺がん「被曝による発生」医学誌に論文
 http://ourplanet-tv.org/?q=node/1984

 論文はこちら
 http://journals.lww.com/epidem/Abstract/publishahead/Thyroid_Cancer_Detect
ion_by_Ultrasound_Among.99115.aspx#

共同通信が配信し、河北新報が大きく扱っているようですが、オンライン版は小さい。
【河北新報】「被ばくで発症」と主張 福島事故後の甲状腺がん
 http://www.kahoku.co.jp/naigainews/201510/2015100601002207.html

東京新聞も、同じ共同記事が載ってます。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015100601002207.html

=====================================
本日、津田教授が外国人特派員協会で記者会見を行います。OurPlanetTVでは、その模様をライブ配信します。
【ライブ配信】8日15時~「甲状腺がん多発」津田教授会見
 http://ourplanet-tv.org/?q=node/1989

会見のご案内(プレスリリース))
http://www.fccj.or.jp/events-calendar/press-events/icalrepeat.detail/2015/1
0/08/3459/30/press-conference-toshihide-tsuda-professor-of-okayama-univerist
y.html?filter_reset=1

(関連)<福島の小児甲状腺がん137人>津田敏秀教授「最初に4名出た時点でもう”多発”だったわけです」8-31ourplanet(文字起こし)
- みんな楽しくHappyがいい♪
 http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-4345.html

2.(報告)函館市 大間原発建設差し止め裁判 第6回口頭弁論(10月6日:火曜日)
 下記録画では、只野靖弁護士による「基準地震動の決め方とそのインチキ性」のお話が必見ですので、
ぜひご覧になってみてください(録画開始後20分目くらいから)。
なお、「大間原発反対関東の会」では、今月10月19日(月)正午から1時間、東銀座の電源開発本社前で、
恒例の「スタンディングデモ」を行いますので、ご都合のつく方はぜひご参加ください。
 ≪当日の録画>
● 20151006 UPLAN【報告集会】函館市大間原発建設差し止め裁判第6回口頭弁論 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=GJKT92nwaZI

★ たんぽぽ舎 さんから: 
下記 全文⇒ http://tinyurl.com/pf635vk
たんぽぽ舎です。【TMM:No2607】
2015年10月7日(水)地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします
                           転送歓迎
━━━━━━━
1.「なぜわたしは町民を埼玉に避難させたのか-
   事故前のウソ、事故後のウソを語る」
   10/13(火)井戸川克隆さん学習会にご参加を!
   「東電は責任を取れ」連続講座第17回
2.原発による環境汚染が生態系に及ぼす影響を監視するため
   2004年からサクラ調査を継続
   近日、サクラ調査報告集(第12集)をホームページに掲載します
             山田昌郎(たんぽぽ舎サクラ調査ネットワーク)
3.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
  ◆10.11被ばく学習会
   『甲状腺がん多発と広範な健康障害を考える』
   お話:高松 勇さん、山本英彦さん(小児科医・医療問題研究会)
  ◆10・11守田敏也さんお話会~子どもの未来を守るために
   ―食と放射能・内部被ばくってなに?―
   お話:守田敏也さん 主催:放射能から豊中の市民・子どもを守る会
  ◆10/17【原発避難計画】「原発避難問題の現況と検討」
   報告:上岡直見〔環境経済研究所(技術士事務所)〕
   主催:交通権学会  http://www.kotsuken.jp/
4.雑誌・新聞より2つ
  ◆東芝が自民党資金団体に“違法スレスレ”献金
   5年間で1億円超も!粉飾決算露呈後も続けるのか!?
                (週刊金曜日 2015.10.2より抜粋)
  ◆「被ばくで発症」と主張 福島事故後の甲状腺がん
               (10月7日04時00分東京新聞WEBより)
5.テント日誌10月4日(日) 経産省前テントひろば 1485日
   ヘイトスピーチ撃退法もあるのだ…    (I・K)
   核兵器と原発による被ばく被害を隠すな! (K・M)

★ 安間 武 さんから:
デモ抗議開催情報まとめ (2015年10月6日 更新)
http://www57.atwiki.jp/demoinfo/

日本全国デモ情報 (マガジン9)【2015-10-07 10:58 更新】
http://www.magazine9.jp/demoinfo/

★ 前田 朗 さんから: 
「奇妙なナショナリズム」研究に学ぶ(3)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/10/blog-post_7.html

また、下記に加筆しました。

「奇妙なナショナリズム」研究に学ぶ(1)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/10/blog-post_29.html

----集会等のお知らせ------

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第14回口頭弁論期日10月9日(金) 午後2時 佐賀地裁
(イ・ジンソプさん意見陳述)
<韓国のコリ原発の近くに住んでいて、
奥様の甲状腺癌がそのコリ原発のせいだということを韓国の地裁で認められた>
訴訟ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html
  原告総数 9868名 (10/1日現在)
   ニュースレター http://tinyurl.com/oot7wzb

◎イ・ジンソプさん各地で講演会のお知らせ◎
http://ameblo.jp/aoyagi6211/entry-12079528503.html

佐賀10/8、糸島10/10、北九州(小倉)10/11、鹿児島10/12
各地のチラシは下記からダウンロードできます。
http://yahoo.jp/box/d6u9RY

●10.12全国集会チラシ(鹿児島)川内原発2号機再稼働を許さない!●
表 http://tinyurl.com/pqtwdft
裏 http://tinyurl.com/psuobtm

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
(1)日にち:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
(2)場所:福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
(3)入場料:1000円(当日券のみ) *高校生以下 無料
(4)ゲスト 亀山ののこ(フォトグラファー)、後藤富和(弁護士)
※ 午前と午後の上映終了後30分間、監督とこのお二人に対談をしていただきます。

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa


●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月7日。

【転送・転載大歓迎】

本日、元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判
第15回口頭弁論10月7日(水)13:00~門前集会@福岡地裁正門前
    法廷13:30-15:30 (302号)
【傍聴のお願い】http://tinyurl.com/nzq8zeu

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1631目報告☆

呼びかけ人賛同者10月6日合計4005名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】10月6日3名。
   匿名者
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまです。
自衛隊をスーダンに派遣するという話し。
日本が戦争する国に転がり落ちていく感じを受けます。
安倍の話しは 1から10まで嘘で固めています。
彼の喋りを聞くとまさに 独裁者を連想します。
早く政権の座から、引きずり下ろしましょう。
あんくるトム工房
スーダンに自衛隊派遣! http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3652

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆アメリカはウソを言わないTPP 骨の髄まで日本をしゃぶる
      (左門 2015・10・7-1167)
※「農は天下の大本なり」という原則を忘れて、目先の稼ぎが
高い自動車などを主役に立てて、日本経済を破壊・腐蝕させ
る無政策だ。「TPP合意 次の手は 日本 農家保護策に着
手」、《農水産相は・・・・『輸入米と同じ量の国産米を確実に政
府が備蓄米として買入れ、国産米に影響がないようにする」・・
(朝日、本日)。同じ税金を国産五穀の自給率150%へと上げ
ながら、食糧不足の人々を支援するのが「積極的平和主義」
であることを、どの国も否定しない。「アベの政治は許せない」。

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 昨日の九州電力本社での、公開質問とその回答交渉に、鹿児島、
大分、長崎など遠方からも。21名の方とともに参加した。九電
側は7名。質疑や回答めいたものが行われたが、九電側の発言は
よく「自己コントロール」されているのか、中枢部にいるだけの
賢明さや人間味を全く感じさせなかった。
 終盤になって、女性の方たちの発言は、九電側の幹部たちの表
情も変えるような、人間らしい倫理の訴えで圧倒した。
 素晴らしい2時間半だった。

 ☆ 2号機の 稼働準備に 粛々と
       喋る幹部の 菅官に似て

 ☆ 今日もまた 女性の凄さ 大発見
       倫理を説いて 凛と美しき

★ 舩津康 さんから: 
10月6日夕方の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号50.まで)
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/pqgklk9
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

現時点で検索できた記事をざっと並べます。(10.6.22:25)
週明け、伊方原発をめぐる動きが活発になっています。また、玄海原発をめぐって市民団体や佐賀県議会の動きなどの記事もあります。
それでは、いつものように川内(せんだい)原発関連からはじめます。(2.、3.の記事に注目)

1.●「川内原発2号機、事故訓練終了 「トラブルなし」と規制庁」南日本新聞2015 10/05 22:00)
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=70237

2.●●「川内2号機の高経年化対策を審査 11月までに認可見込み」西日本電子版2015年10月06日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/72182/1/

3.●●●「鹿児島県 放射性物質拡散予測を保有せず??崩れる避難計画の信頼性」HUNTER2015年10月 6日 08:45
http://hunter-investigate.jp/news/2015/10/post-768.html

4.◎(いちき串木野市)「原子力防災の要支援者避難で意見書」KKB鹿児島放送10/6 18:51??※映像有
http://www.kkb.co.jp/news_move/jchan_move_detail.php?news_flg=0¶m1=0¶m2=0¶m3=0

玄海原発関連、
5.◎◎●「【福岡】説明会開催を九電へ要請」KBC朝日放送10/06?19:07?更新

6.●(佐賀県)「30キロ圏対応で(愛媛・福井から)情報収集へ」NHK佐賀10月05日18時50分 ※映像有
http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5084082881.html?t=1444124682971

6’.●「原発事故時の住民避難判断 「放射能影響予測」活用求めず 県議会特別委で県意向 国の方針是認」佐賀新聞2015年10月06日 10時14分
http://www.saga-s.co.jp/column/genkai_pluthermal/20201/236718

6”.●(佐賀県)「原発、安全協定見直し 三者、大筋合意 廃炉計画も事前了解」佐賀新聞2015年10月06日 10時13分

<後略>

★ 松本英治 さんから:
>安倍総理大臣は、「万が一、原発事故が起き、災害になってしまうような事態が生
じた場合、国民の生命や財産を守ることは政府の重大な責務で、責任を持って対処する」

安倍総理大臣、同じ事を福島県で言えますか?
<首相「原子力災害 政府が責任持ち対処」> 動画 NHK 2015年10月6日(火)12時20分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151006/k10010260541000.html

★ 広瀬隆 さんから:
ダイヤモンドオンラインで、「川内原発は、ほどなく大事故を起こす!!」を
掲載しました。
http://diamond.jp/articles/-/78686
http://diamond.jp/articles/-/78689
http://diamond.jp/articles/-/78702

★ たんぽぽ舎 さんから: 
下記 全文 http://tinyurl.com/oal2vop
【TMM:No2606】
2015年10月6日(火)地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします
                           転送歓迎
━━━━━━━
1.「発電所の主要な安全施設が…地盤振動の影響を受けたことを
   示す兆候はない」の大嘘!
   ~IAEAにこう言い切らせる原子力規制委員会~
   原子力規制委員会は原発再稼働推進委員会!その67
              木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク)
2.10/10(土)第2回学習・討論会
   安保(戦争)法制と原発再稼働は密接に関連
   原発御三家(三菱、東芝、日立)は同時に兵器産業の大手企業
3.特定の高さの建物を襲う「地震波」の恐怖
   メキシコ地震では14階建てが高い倒壊率
   「警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識」コラムその122
                      島村英紀(地震学者)
4.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
  ◆注目される高浜原発異議審の動向!
   さいなら原発 10.10びわこ集会のご案内 講師:鹿島啓一弁護士
   主催:さいなら原発・びわこネットワーク
5.新聞より3つ
  ◆伊方再稼働「同意しないで」 知事あて13万人署名
               (10月6日東京新聞2面より抜粋)
  ◆福島事故の指定廃棄物 「5県に処分場」見直さず
   1県1カ所 地元の反発無視  (10月5日東京新聞2面より抜粋)
  ◆電力関連に71人天下り 「本体」自粛骨抜き
   原発事故後 経産省17人  (10月4日東京新聞1面より抜粋)

★ いで さんから:
10・18(日)須崎公園<10・21国際反戦デー行動>のお知らせ 
 「福岡から止めよう! 沖縄新基地建設」
 ~戦争のための基地は、辺野古にも高江にもいらない~
●期日:10月18日(日)14時集会開始、14時45分デモ出発。
●会場:須崎公園(福岡市中央区天神)
●(デモ)14時45分須崎公園~パルコ前~西通り~
     きらめき通り~天神中央公園(15時45分着)
●呼びかけ;『福岡から止めよう!沖縄新基地建設』実行委員会
●(連絡先・井手080-1760-4767、岡本090-6635-4981)
※今後、継続した行動を行って行きます。

★ 大山千恵子朗 さんから: 
「沖縄「辺野古の海」は、いま 新しい巨大米軍基地ができる」
新藤 健一
/編著
七つ森書舘

辺野古を中心とした写真群。高江、白保、泡瀬干潟も。様々な25名の作品。
裏表紙にあるコンクリートブロックに潰されたサンゴ。そして、やんばるの森。
編著である新藤 健一

の解説。そう、いま新しい巨大軍事基地ができる。オール沖縄が反対している。
辺野古の海へカヌーを漕いで抗議し続ける芥川賞作家・目取真俊 の報告も、生々しい。

----集会等のお知らせ------

本日、●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
第15回口頭弁論10月7日(水)13:00~門前集会@福岡地裁正門前
    法廷13:30-15:30 (302号)
    証人尋問 国側の証人 大居慎治・医師(松江赤十字病院)
報告集会16:00 福岡市立中央市民センタ 第一会議室 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図: http://tinyurl.com/ll3slxq
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa
◎最終弁論 2016年1月8日(金)

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html
  原告総数 9868名 (10/1日現在)
    ニュースレター http://tinyurl.com/oot7wzb
  第14回口頭弁論期日10月9日(金) 午後2時 佐賀地裁
(イ・ジンソプさん意見陳述)
<韓国のコリ原発の近くに住んでいて、
奥様の甲状腺癌がそのコリ原発のせいだということを韓国の地裁で認められた>
◎イ・ジンソプさん各地で講演会のお知らせ◎
http://ameblo.jp/aoyagi6211/entry-12079528503.html

佐賀10/8、糸島10/10、北九州(小倉)10/11、鹿児島10/12
各地のチラシは下記からダウンロードできます。
http://yahoo.jp/box/d6u9RY

●10.12全国集会チラシ(鹿児島)川内原発2号機再稼働を許さない!●
表 http://tinyurl.com/pqtwdft
裏 http://tinyurl.com/psuobtm

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
(1)日にち:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
(2)場所:福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
(3)入場料:1000円(当日券のみ) *高校生以下 無料
(4)ゲスト 亀山ののこ(フォトグラファー)、後藤富和(弁護士)
※ 午前と午後の上映終了後30分間、監督とこのお二人に対談をしていただきます。

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月6日。

【転送・転載大歓迎】

本日、九州電力と公開質問状に対する交渉 九電本店
日時:10月6日(火)13:30~15:30 
【交渉ご案内】 http://tinyurl.com/o6pj8rs
ご参加よろしくお願い致します。

※明日、元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判
第15回口頭弁論10月7日(水)13:00~門前集会@福岡地裁正門前
    法廷13:30-15:30 (302号)
【傍聴のお願い】http://tinyurl.com/nzq8zeu

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1630目報告☆

呼びかけ人賛同者10月5日合計4002名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】10月5日1名。
   桂木恵美子
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さん
お疲れさまです。
夜のニュースで TPPのことが流れていました。
本当に 国民の生活はよくなるのか?
NHKはバラ色のニュースしか流していません。
いったいどこで 検討したのかも不明です。
おかしな国です。この日本は。
安倍政権を倒すしかありません。
あんくるトム工房
金にまみれた政権  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3650
木彫り仏像展のご案内  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3651

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆検察と裁判所とふ因襲が 名張の恨み千載に刻む
      (左門 2015・10・6-1166)
※《第7次請求審で名古屋高裁は2005年、「状況証拠から
奥西さんが犯人と推認できず、自白の信用性にも疑問があ
る」として再審開始を決定。しかし同高裁の別の部が検察側
の異議を認めて決定を取り消しました。最高裁は真理を差し
戻しましたが、同高裁は12年5月に再び開始決定を取り消し、
最高裁も改めて弁護側の特別抗告を棄却。第9次再審請求
で争っています》(赤旗、10・5)。名張の仕法山に鬼が棲む。

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 本日は、青柳さまが9月10日に九州電力に提出されていた、
5点にわたる公開質問状に対する回答を、午後1時半からして
もらう日です。
 私は初めての参加ですので、公開質問状を全文印刷して読み
込み、まだ理解できていな箇所を調べて備えました。川内原発
の1号機の問題だけでなく、2号機の無責任な稼働準備にも言
及された、非常に重要な回答になる筈です。内容によっては、
抗議や交渉も展開されそうですので、是非駆けつけて参加いた
します。

 ☆ バカだとか 九電人には 言わねども
       アベシンゾウには 鬼だと叫びたし

 ☆ 警察も 検察官も 裁判も
       奥西殺しの 共犯者たり
    (名張毒ぶどう酒事件冤罪の奥西さん獄中にて死す)

★ 舩津康 さんから: 
10月5日夕方の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号38.まで)
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/pwpso3w
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

現時点で検索できた記事をざっと並べます。(10.5.19:05)
※新シリーズのプロメテウスの罠は、最後段に紹介しています。
それでは、川内(せんだい)原発関連からはじめます。

阿久根市、川内原発から20キロくらいの距離、
1.「鹿児島で震度4」時事通信2015/10/03-04:56
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date2&k=2015100300049

1’.「阿久根で震度4観測」KKB鹿児島放送10月3日

2.「(川内)2号機 事故想定の訓練終わる」NHK鹿児島10月04日19時15分 ※映像有
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/5055367751.html?t=1443953742

玄海原発関連、
3.「玄海原発事故対策 福岡・糸島両市の怠慢? 軽視される放射能影響予測?」HUNTER2015年10月 1日 09:00
http://hunter-investigate.jp/news/2015/10/post-765.html

3’.「原発事故 軽んじる福岡・糸島両市? 杜撰対応にも反省なし」HUNTER?2015年10月 2日 09:20
http://hunter-investigate.jp/news/2015/10/post-766.html

九電にも、
4.●●●「電力関連に71人天下り 原発事故後 経産省最多17人」東京新聞2015年10月4日 07時12分 ※絵図有
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015100490071253.html

5.●●「原子力規制庁研修資料全量流出か 経路特定できず」共同通信2015/10/03 12:27

6.「【Q&A原子力規制庁職員のノーリターン・ルール】推進官庁への異動可能に 規制の独立、守れるか」共同通信2015/10/04 16:40
http://www.47news.jp/47topics/e/269651.php

7.◎◎「【金曜日の声 官邸前】「安保法成立強行 忘れない」 日比谷野音で抗議集会」東京新聞2015年10月3日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/kinyoubinokoe/list/CK2015100302100007.html

8.政府が、
「「核のゴミ」処分場巡り疑問や不安相次ぐ」NHK10月4日 17時32分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151004/k10010258411000.html

<後略>

★ 味岡修 さんから:
下記 全文 http://tinyurl.com/qez3jaf 
経産省前テントひろば1485日 テント日誌10月4日(日)

一部

核兵器と原発による被ばく被害を隠すな!

原子力発電による放射能被害もずっと過少評価されてきている。原発は、核分裂反応によって十万年以上放射能を持ち続ける高レベル放射性廃棄物を生成するばかりか、常に被ばく
労働を必要とし、周辺を放射能汚染してきた。さらにひとたび原発事故が起これば、多大な放射能被ばくをあらゆる生命に与える。福島第一原発事故による甲状腺他のがんや白血病
や心筋梗塞等、多くの致命的被害を、国も県も自治体も過少評価し隠している。

そう、核兵器による被ばく被害も原発による被ばく被害も、核推進者たちが隠して続けているのだ。その事実を再認識し、反原発運動の中で、被ばく被害を明らかにし続けることが
重要だ。

★ たんぽぽ舎 さんから: 
下記 全文 http://tinyurl.com/pxpbz4m
【TMM:No2605】
2015年10月5日(月)地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします
                           転送歓迎
━━━━━━━
1.10/3“戦争法”強行採決の世論操作映像とは
   「戦争・核と映像メディア」最終回に参加して
                西村俊弘(たんぽぽ舎講座運営委員)
2.海に浮かぶ原発、モチロン要らないヨン
   金曜行動番外篇「10.2米原子力空母ロナルド・レーガン横須賀配備抗議!
   母港撤回を求める全国集会」に参加して
               にしざきやよい (たんぽぽ舎ボランティア)
3.原発事故の収束のメドは立っておらず、私達は低線量被曝を
   強要され続けています
   全てが放射能に汚染されたことにより起きた事実です
   今も続いています
   意見陳述書 平成27年8月28日 東京地方裁判所民事第24部 (下)
                      原告 森園かずえ
4.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
  ◆10/6函館市大間原発建設差し止め裁判第6回口頭弁論
   10月6日(火)午後3時より 東京地裁103号法廷
   裁判報告集会・午後4時から参議院議員会館講堂にて

★ 前田 朗 さんから: 
「奇妙なナショナリズム」研究に学ぶ(2)
伊藤昌亮「ネット右翼とは何か」山崎望編『奇妙なナショナリズムの時代』(岩
波書店)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/10/blog-post_91.html

★ 脇 義重 さんから:
青柳様
お疲れさんです。
次のお知らせを「九電本店前テント」通信に載せてください。

戦争法廃止! 天神デモ!
10月18日(日)午後3時30分 警固公園集合
  4時から天神一周デモに出かけます。
天神デモは、戦争法に反対するみなさんに開かれています。ご気楽にご参加ください。

廃止しければならない。        

9月、みなさんは、なにもしなければ戦争になってしまうのではないか、止めなければと声を挙げました。天神アピール・スタンディング、天神デモや福岡デモに、市民は手を振
り、共感しました。戦争法廃案にする、廃案にしなければならない気持ちは、法となった今も強くお持ちだと思います。廃止せねばらないと。

特別委員会採決不存在、本会議可決は無効!違憲行政、違憲立法、適用違憲!

9月17日からの国会で、特別委員会の決議はなかった、故に本会議可決は無効だとお思いのことでしょう。戦争法不存在確認訴訟も準備されています。法案は作成と国会提出で違
憲行政、国会は違憲立法、具体的に政策を実施すれば、戦争法を適用して自衛隊を海外に派遣すれば適用違憲だと思います。違憲取消訴訟も提案されています。

法施行と南スーダンへの自衛隊派兵に待った!

来年3月までに、内閣は戦争法を施行すると公表しています。また、施行を受けて5月には、南スーダンに、「駆けつけ警護」や「他国軍警護」などの新たに任務を与えて、自衛隊
を派遣しようとしています。武器使用基準は、憲法が禁じる武力行使になっており、派兵だといても過言ではありません。自衛隊が海外で軍隊のように実戦することになるのではな
いでしょうか。施行させず、南スーダンなどに派兵させないことも必要ではないでしょうか。

特定秘密法と戦争法で日本を「戦争する国」に変えることを許さない!

特定秘密保護法と国家安全保障会議設置法は「戦争は秘密とともにやってくる」と思わせました。そして、戦争法は、特に武器使用適用を緩和・拡大する「自衛隊を軍隊にする」す
る解釈改憲、あからさまな憲法破壊の攻撃だと警戒を強くしました。

今回、「戦争法をつくらせない会」は「戦争法を廃止する会」と名を改め、引き続き、戦争法の廃止運動を進めることを決めました。(w)
戦争法を廃止する会  090-3011-9375(脇)

----集会等のお知らせ------

明日 ●九州電力と公開質問状に対する交渉●
日時:10月6日(火)13:30~15:30 
場所: 九電本店
集合:九電本店前ひろば 13:00
交渉ご案内 http://tinyurl.com/o6pj8rs
※皆さまのご参加よろしくお願い致します。

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
第15回口頭弁論10月7日(水)13:00~門前集会@福岡地裁正門前
    法廷13:30-15:30 (302号)
    証人尋問 国側の証人 大居慎治・医師(松江赤十字病院)
報告集会16:00 福岡市立中央市民センタ 第一会議室 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図: http://tinyurl.com/ll3slxq
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa
◎最終弁論 2016年1月8日(金)

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html
  原告総数 9868名 (10/1日現在)
    ニュースレター http://tinyurl.com/oot7wzb
  第14回口頭弁論期日10月9日(金) 午後2時 佐賀地裁
(イ・ジンソプさん意見陳述)
<韓国のコリ原発の近くに住んでいて、
奥様の甲状腺癌がそのコリ原発のせいだということを韓国の地裁で認められた>

◎イ・ジンソプさん各地で講演会のお知らせ◎
http://ameblo.jp/aoyagi6211/entry-12079528503.html

佐賀10/8、糸島10/10、北九州(小倉)10/11、鹿児島10/12
各地のチラシは下記からダウンロードできます。
http://yahoo.jp/box/d6u9RY

●10.12全国集会チラシ(鹿児島)川内原発2号機再稼働を許さない!●
表 http://tinyurl.com/pqtwdft
裏 http://tinyurl.com/psuobtm

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
(1)日にち:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
(2)場所:福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
(3)入場料:1000円(当日券のみ) *高校生以下 無料
(4)ゲスト 亀山ののこ(フォトグラファー)、後藤富和(弁護士)
   ※ 午前と午後の上映終了後30分間、監督とこのお二人に対談をしていただきます。

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月5日。

【転送・転載大歓迎】

明日、九州電力と公開質問状に対する交渉 九電本店
日時:10月6日(火)13:30~15:30 
【交渉ご案内】 http://tinyurl.com/o6pj8rs

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
第15回口頭弁論10月7日(水)13:00~門前集会@福岡地裁正門前
    法廷13:30-15:30 (302号)
【傍聴のお願い】http://tinyurl.com/nzq8zeu

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1629目報告☆

呼びかけ人賛同者10月4日合計4001名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
  
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまです。
フェリーに乗っていつも思うことがあります。
瀬戸内海を いつまでも きれいな海にしておきたい、と言うことです。
あんうるトム工房 
瀬戸内海をきれいに   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3649

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆官房長「生めよ殖やせよ」と檄飛ばす 「一億総動員」のいつか来た道
☆「三本の矢」は折れたのに軍備増やし 銃持つ子供を「生めよ殖やせよ」
      (左門 2015・10・5・1165)
※ママの会の池田亮子さん、「私たちは国家のために子どもを生み育てて
入るわけではありません。『だれの 子どもも ころさせない』を合言葉に、
安保関連法に反対し全国で立ち上がったママたちに共通の思いでした。
「官房長官の発言はまさに戦前の『産めよ殖やせよ』と同じ発想です。
『ママをなめるな!』といいたい」(赤旗、10・1号)。「なめたらあかんぜよ」。

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 橋本左門さま、おはようございます。
 青柳様を通してご丁寧なメールを下さいまして、ありがとうござ
います。拙い句も歌も、大切にして下さいまして、心から嬉しゅう
ございます。橋本さまの「無核無兵・毎日一首」1095首が、フ
クシマの3.11に肖って311首に纏める作業中とのこと、とても喜
んでいます。素晴らしい冊子の誕生のために、是非お役に立たせて
下さいませ。楽しみでございます。

 ☆ 明日1時 九電本社との 交渉に
      テント村へと 我も馳せ参じたり
 
 ☆ 安アパートの 我が住人にも 響きたり
      五嶋龍の 提琴の音
  (提琴=ヴァイオリン  「題名のない音楽会」の司会に
              佐渡氏から27歳の五嶋氏に…)

★ 西山 進 さんから:
10月3日の日、赤レンガ館で私の漫画展と話の会を開いたところ、
サヨナラ原発のお馴染みさんがたくさん見えられて、元気をいただきました。
10月2日鹿児島地方で震度4の地震があってぞっとしましたが、
無事だったからよかったものの、
安全ではないということが良くわかりました。
やっぱり川内原発は更地にすべきです。毒食わば皿までの金もうけはやめなさい。
企業家も人間としての倫理観と人間の命の問題をかんがえるときではないでしょうか。

★ 弁護士 八木大和 さんから: 
 【傍聴のお願い】10月14日(水)福島原発避難者訴訟
いつもお世話になっております。
傍聴参加のお願いでメールさせていただきました。

来る2015年10月14日,福岡地方裁判所において福島第一原発事故を契機に九州へ避難された方々の損害賠償を求める裁判の
第4回口頭弁論が行われます。
この日は,原告側から*放射性物質の危険性に関する重要な書面を提出*し,その要旨を述べる予定です。

* また,九州に避難された原告ご本人による意見陳述も行われる予定です。*
口頭弁論が予定されている法廷は,福岡地裁の中で一番広い法廷です。
傍聴席を満員にして,東電,国,さらに裁判所に対しても,この裁判には多くの市民が関心を寄せていること,
脱原発の世論によって注目されている裁判であることを知らせ,原告の思い,脱原発の声を裁判所に届けましょう。
みなさまのご参加を,心よりお願い申し上げます。

【当日の行動予定】
*集合日時 2015年10月14日(水) 午後1時20分*
集合場所 福岡地方裁判所玄関(福岡市中央区城内1丁目1-1)
当日の流れ
午後1時30分 門前集会→法廷へ移動
午後2時 口頭弁論
午後2時30分ころ終了 その後,報告集会。
(弁護団の一部は,裁判所との進行協議後,報告集会へ合流。)
午後4時ころ 終了

★ 黒木 さんから: 
下記の記事等紹介内容全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/n9tssum

*福島第一 止まらぬ汚染水流出 溝上流でもくみ上げ
東京新聞 2015年10月4日 朝刊

*電力関連に71人天下り 原発事故後 経産省最多17人
東京新聞 2015年10月4日 朝刊


*もみ殻で高性能セメント 原発廃棄物最終処分に利用
東京新聞 2015年10月4日 18時08分

*<福島産米>全袋検査を継続…「信頼回復まだ完全ではない」
毎日新聞 10月4日(日)21時10分配信

*対米従属から自立せよと書いた朝日の衝撃
ブログ「天木 直人のブログ」  2015年10月4日

★ 木村雅英 さんから:
下記の紹介内容全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/pledfqn
(転送します)
経産省前テントひろば1484日 テント日誌10月3日(土)

★ 久留米 今村 さんから: 
青柳さま
鹿児島集会への参加バスを思い立ちました。以下、お知らせをよろしくお願いいたします。

10月12日、鹿児島までのバスを準備することになりました。20名程度 。マックス28名です。
西鉄久留米 東口岩田屋デパート前 8:30
広川パーキング 9:00
でピックアップを予定しています。
費用は、参加人数によるのですが、1人5000円で計画しています。
参加をご希望の方は下記までご連絡ください。思い立ったのが、一昨日ですので、定員になり次第を締め切りとします。
申し込み先 ecoecoiyou@gmail.com 09037324942 (いまむら)
●10.12全国集会チラシ(鹿児島)川内原発2号機再稼働を許さない!●
表 http://tinyurl.com/pqtwdft
裏 http://tinyurl.com/psuobtm

----集会等のお知らせ------

明日 ●九州電力と公開質問状に対する交渉●
日時:10月6日(火)13:30~15:30 
場所: 九電本店
集合:九電本店前ひろば 13:00
交渉ご案内 http://tinyurl.com/o6pj8rs
※皆さまのご参加よろしくお願い致します。

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
第15回口頭弁論10月7日(水)13:00~門前集会@福岡地裁正門前
    法廷13:30-15:30 (302号)
    証人尋問 国側の証人 大居慎治・医師(松江赤十字病院)
報告集会16:00 福岡市立中央市民センタ 第一会議室 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図: http://tinyurl.com/ll3slxq
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa
◎最終弁論 2016年1月8日(金)

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html
  原告総数 9868名 (10/1日現在)
    ニュースレター http://tinyurl.com/oot7wzb
  第14回口頭弁論期日10月9日(金) 午後2時 佐賀地裁
(イ・ジンソプさん意見陳述)
<韓国のコリ原発の近くに住んでいて、
奥様の甲状腺癌がそのコリ原発のせいだということを韓国の地裁で認められた>

◎イ・ジンソプさん各地で講演会のお知らせ◎
http://ameblo.jp/aoyagi6211/entry-12079528503.html

佐賀10/8、糸島10/10、北九州(小倉)10/11、鹿児島10/12
各地のチラシは下記からダウンロードできます。
http://yahoo.jp/box/d6u9RY

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
(1)日にち:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
(2)場所:福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
(3)入場料:1000円(当日券のみ) *高校生以下 無料
(4)ゲスト 亀山ののこ(フォトグラファー)、後藤富和(弁護士)
   ※ 午前と午後の上映終了後30分間、監督とこのお二人に対談をしていただきます。

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月4日。

【転送・転載大歓迎】

★ 九州電力と公開質問状に対する交渉
日時:10月6日(火)13:30~15:30 
場所: 九電本店 集合:九電本店前ひろば 13:00
交渉ご案内 http://tinyurl.com/o6pj8rs
※皆さまのご参加よろしくお願い致します。

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1628目報告☆

呼びかけ人賛同者10月3日合計4001名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
  
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆軍国の政府にも無かりし「武器輸出庁」 安倍首相といふ稀代の狂気
      (左門 2015・10・4-1164)
※《防衛施設庁ロゴ 〇 「戦車」に「艦船」(に「軍機尾翼」) 「兵器輸出
をネットで物議」(赤旗、10・3)》。緑と藍の地球に3本の線画きで、尾翼・
戦車・フリゲート艦が書かれています。他の新聞も、物議を醸すべきです。
《まさに兵器を輸出する安倍政権のシンボルにふさわしい構図です》。
 小選挙区制の詐術で、2割ぐらいの得票で8割の議席を掠め取らせた
私たちの失敗が、この狂気を許しているのです。まさに「オール日本」の
連帯を創り出して、この呪術から「本当の民主主義」へ脱出しましょう!

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
またミスをやりました。10月1日付の短歌のミスです。
「民社党」すくっと立って 今チャンス 連立政権 かなめの要に。
 民主党さんにはいろんな考え方の議員さんがいて、一本に纏めるの
がいつも大変で、私たち庶民から見ているとイライラすることが多い。
連合政権づくりの呼びかけにも受け止め方がいろいろ。しかし、戦争
法の廃案を真面目に受け止めている議員さんたちを励まし、共同のテ
ーブルについてその要になって欲しい。この私たち庶民の願いに、虚
心坦懐、小異を横に置いて、大同でまとまる民主党であって欲しい。

 ☆ 民主党 すくっと立つか もう一度
      過去の挽回 今こそチャンス
 
 ☆ スリーマイル チェルノブイリに 我がフクシマ
      自公政治は どこ吹く風か

★ 九電社長への公開質問状に対する交渉参加のご案内

     原発とめよう!九電本店前ひろば
     さよなら原発!福岡
     原発いらない!九州実行委員会
      代表世話人 青柳 行信

 時下、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 私たちは、未だ収束していない福島原発の教訓から、全ての原発の再稼働に反対して、九電本店前ひろばで「原発の再稼働は許さない」の訴えを続けています。
世論調査でも川内原発再稼働「反対」が6割というなかで、九州電力は国民の声に背を向けて通常運転を強行しました。私たちは、去る9月10日(木)、九州電力社長あてに「再
稼働中止などを求める公開質問状」を提出していますが、それに対する回答と交渉を、下記の要領で行いますので、皆さんの参加を呼びかけます。交渉で九州電力の原発再稼働を直
ちに中止するよう求めましょう。

    記

九州電力との交渉
(集合:九電本店前ひろば、打ち合わせ:13:00~13:30)
日時   10月6日(火)13:30~15:30 
 場所   九電本店

公開質問状に対する交渉
(質問状 http://tinyurl.com/nmcpgkr は9月10日に提出済み)

川内原発の再稼働中止と九州電力の原発事業撤退を求める公開質問状
1. 原子力規制委員会への川内原発許可の取り消しを求める異議申立て書・執行停止の申立・1月21日 原子力規制委員会での口頭意見陳述会について
2.貴社が住民説明会を行わない問題
3.格納容器内で水蒸気爆発は起こらないは間違いについて
4.1号機の試運転間の大問題について
5.2号機の蒸気発生器の更新を行わず、再稼働を行おうとする問題


問い合わせ              原発とめよう!九電本店前ひろば
                   世話人         青柳行信
                   福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
                   電話:080-6420-6211 y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
                    http://sayonaragenpatu.jimdo.com/  

★ 弁護士 池永修 さんから: 
来る10月7日、元原発労働者梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判の口頭弁論期日が開かれます。
国は、梅田さんが島根原発と敦賀原発の作業中に被曝した放射線量を8.6mSvと主張し、梅田さんの放射線被曝と心筋梗塞発症との因果関係を争っています。
9月25日に開かれた口頭弁論では、琉球大学名誉教授の矢ヶ崎克馬さんが、国が主張する梅田さんの被曝量の過小評価、低線量、内部被曝リスクの過小評価を、科学的見地から厳しく
弾劾するとともに、低線量被曝による心筋梗塞発症のリスクを否定する意見書を提出していた国側の専門家証人に対する反対尋問も行われました。
10月7日の口頭弁論では、梅田さんの他原因(喫煙、高血圧、高脂血漿、糖尿病等の心筋梗塞のリスクファクター)を指摘して因果関係を否定する意見書を提出していた国側の証人
(大居慎治医師 松江赤十字病院)に対する主尋問、反対尋問が行われます。
リスクの過小評価と他原因を用いた不可知論、多くの被曝者の救済を阻んできたこの二つの誤魔化しを福島第一原発事故後も繰り返そうとする国の姿勢を絶対に許さない、梅田さん
の裁判はいよいよ大詰めです。
思いを同じくする傍聴席の皆様からの温かいご支援を心よりお願い申し上げます。

  ●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
第15回口頭弁論10月7日(水)13:00~門前集会@福岡地裁正門前
    法廷13:30-15:30 (302号)
    証人尋問 国側の証人 大居慎治・医師(松江赤十字病院)
報告集会16:00 福岡市立中央市民センタ 第一会議室 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図: http://tinyurl.com/ll3slxq
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa
◎最終弁論 2016年1月8日(金)

★ 西岡淳子 さんから: 
 <西山進さん福岡市赤レンガ 漫画展 http://tinyurl.com/ossmc2l>
済生会病院から退院してすぐでしたので、念のために杖をついて行ったのですが、
赤煉瓦記念館に行った途端、入口の石段で、転びそうになりました。
入ってすぐ、案内を受けると、目も眩みそうな螺旋階段…ズズズ…
私は杖をついて、係の方の介助を受けて、上に上がりました。
作品も凄い迫って来るものがありますし、本を読んで西山さんの歴史から、
戦争反対! 核保有反対!
原発反対!と声を大きくして、叫んでいかねばねー!と思っております。
アメリカのポチのアベになんか負けるもんか!
いいのかな~と思いつつもゼッタイ勝つ!との意気込みで浜勝のサービスランチ650円。♪

★ 黒木 さんから: 
記事等紹介内容全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/pfayh9s

* 全国の原発再稼働など要望 西日本経済協議会
産経新聞 2015.10.3 07:01更新

* 原子力規制庁:資料大量流出 原発関連、経路特定できず
毎日新聞 2015年10月03日 東京朝刊

* 防止装備(武器)庁発足、いよいよ軍事国家へ
ブログ「そりゃおかしいぜ第三章」  2015-10-02

* 「国境なき医師団」職員3人が死亡…米軍誤爆か
読売新聞 10月3日(土)18時40分配信

* “最新鋭艦船”日本に…米軍の狙いは?
日本テレビ系(NNN) 10月3日(土)23時15分配信

* 米、国際団体の病院誤爆=16人死亡、司令官謝罪―アフガン
時事通信 10月4日(日)0時22分配信

★ たんぽぽ舎 さんから:
下記の紹介内容全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/o43brgk
【TMM:No2604】
2015年10月3日(土)地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします
                         
1.東京湾に浮かぶ2つの原子炉は超危険
   米軍核空母反対集会・デモにたんぽぽ舎参加
         柳田 真(たんぽぽ舎・再稼働阻止全国ネットワーク)
2.全国のみなさま
   10/31から11/1伊方現地行動と松山集会を成功させましょう!
                        広瀬 隆
3.ストップ伊方原発再稼働!11.1全国集会in松山
   &伊方現地行動のご案内 10月31日(土)から11月1日(日)
   参加申し込みを受け付けています。(交通費の補助1万円)
                 「再稼働阻止全国ネットワーク」
4.新聞より2つ
  ◆汚染水流出 東電役員ら書類送検 福島県警 公害処罰法違反容疑
    (10月3日東京新聞朝刊27面より)
  ◆「安保法成立強行 忘れない」
    (10月3日東京新聞朝刊1面「金曜日の声 脱原発+安保法反対」より)

★ 前田 朗 さんから: 
沖縄差別に徹底的に向き合う写真家
初沢亜利『沖縄のことを教えてください』(赤々舎)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/10/blog-post_3.html

----集会等のお知らせ------

●九州電力と公開質問状に対する交渉●
日時:10月6日(火)13:30~15:30 
場所: 九電本店
集合:九電本店前ひろば 13:00
交渉ご案内 http://tinyurl.com/o6pj8rs
※皆さまのご参加よろしくお願い致します。

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
第15回口頭弁論10月7日(水)13:00~門前集会@福岡地裁正門前
    法廷13:30-15:30 (302号)
    証人尋問 国側の証人 大居慎治・医師(松江赤十字病院)
報告集会16:00 福岡市立中央市民センタ 第一会議室 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図: http://tinyurl.com/ll3slxq
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa
◎最終弁論 2016年1月8日(金)

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html
  原告総数 9868名 (10/1日現在)
    ニュースレター http://tinyurl.com/oot7wzb
  第14回口頭弁論期日10月9日(金) 午後2時 佐賀地裁
(イ・ジンソプさん意見陳述)
<韓国のコリ原発の近くに住んでいて、
奥様の甲状腺癌がそのコリ原発のせいだということを韓国の地裁で認められた>

◎イ・ジンソプさん各地で講演会のお知らせ◎
http://ameblo.jp/aoyagi6211/entry-12079528503.html

佐賀10/8、糸島10/10、北九州(小倉)10/11、鹿児島10/12
各地のチラシは下記からダウンロードできます。
http://yahoo.jp/box/d6u9RY

●10.12全国集会チラシ(鹿児島)川内原発2号機再稼働を許さない!●
表 http://tinyurl.com/pqtwdft
裏 http://tinyurl.com/psuobtm
川内原発前ハンストチラシ http://tinyurl.com/n9hnsu7

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
(1)日にち:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
(2)場所:福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
(3)入場料:1000円(当日券のみ) *高校生以下 無料
(4)ゲスト 亀山ののこ(フォトグラファー)、後藤富和(弁護士)
   ※ 午前と午後の上映終了後30分間、監督とこのお二人に対談をしていただきます。

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私の>●
facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月3日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1627目報告☆

呼びかけ人賛同者10月2日合計4001名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】10月2日2名。
  生島和憲 生島恵美子
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 九州電力と公開質問状に対する交渉
日時:10月6日(火)13:30~15:30 
場所: 九電本店
集合:九電本店前ひろば 13:00
※皆さまのご参加よろしくお願い致します。

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまです。
清々しい いいお天気でした。
天神地区は車の駐車場が少なくなっているので、駐車場を探すだけでも
大変です。 また、駐車料金が高くなりました。
自転車で走るのがいいですね。
あんくるトム工房
駐車場がない   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3648

  今夜(2日)はこれから所用で四国松山に出かけます。
  明日のブログは 移動中のため お休みにします。

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆巨人でも龍でもなくて燕勝つ 歯牙は無くとも知恵と信とで
   (左門 2015・10・3-1163)
※ヤクルト・スワローズ(燕たち)が15年ぶりに優勝しました。
「ひと」欄、朝日、本日。真中監督は、《スター選手ではなかっ
た。/その経験から、選手目線に徹した。ミーティングにはほ
ぼ不参加。練習内容を選手任せにしたこともある。いかに自
主性を持ってもらうか》。金力任せで「giants=巨人たち」を集
めたり、百獣もかなわぬ「dragons=龍たち」を集めたりしなく
とも勝てるのだ。これはプロ野球に限らない。阿部首相に学
んでもらいたい。「本当の平和主義」のお手本だね!!!

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
   秋ぞらや 夕ひがおちる あかい川
 戦後4年目の小学4年生の秋、運動会が終わった日の宿題が
「俳句を一つつくってくること」でした。筑豊の炭鉱長屋の一
番西の我が家の横はすぐ川でした。馬見、古処などの山な
みからの夕日が川に反射して眩しい。今から思えば、季語もダ
ブって稚拙な句だ。先生たちから「本当にあんたが作ったとね」
と疑われましたが、僕にとってはベタ褒めに聞こえ、それから
学校と俳句が大好きになりました。今76歳になるまで、短歌は
一度も詠んだことはありませんでした。

 ☆ 左門さまの 歌を見るたび 背筋伸び
      原発ゼロの 短歌に入門

 ☆ 川内は 我がふるさとの 薩摩なり
      姑息な知事と 市長の退治を 

★ 長友くに さんから: 
青柳さま
 スローガン短歌でお恥ずかしいのですが、以下作ってみました。

原発の癒えることなき傷口を洗って洗って秋の豪雨は
権力者の意のままに人を殺せるか赤紙受け取らぬ必死の民意
国民の所得・貯金を把握するマイナンバーは軛(くびき)の引き綱
「武力による平和」などなし武力による滅亡ばかり世界史の闇
新聞もテレビも報じぬ不条理をあばくチラシは濡れてにじんで

★ 松本英治 さんから: 
こんにちは 止めましょう!
「川内原子力発電所2号機の状況について」 平成27年10月2日(金) 九州電力株式会社
http://www.kyuden.co.jp/var/rev0/0048/7071/news_2_151002.pdf

★ 弁護士 池永 修 さんから: 
チェルノブイリ医療支援ネットワークの河上さんより勉強会のご案内です。

チェルノブイリ連続学習会 第4回 福島第一原発事故について
日時 10月10日 18:30~20:30
場所 福岡市中央区大名2-6-46-5F 福岡市NPO・ボランティア交流センター(あすみん)セミナールーム

-事故の経過から甲状腺検査まで-
事故発生から4年半が経過した福島第一原発事故。
もう一般の関心は薄れてきているようですが、現在も多くの方が避難生活を続けており、甲状腺検査の結果も気になるところです。
そこで、これまで報道されたり出版された内容をもとに、事故の経過を振り返り、その核心に迫ります。
特に、長年のチェルノブイリ医療支援で得た知識をもとに、福島県における甲状腺検査の結果の意味について考えてみます。

★ 舩津康幸 さんから: 
10月2日夕方の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号43.まで)
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/qxd4blu
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu
※次の記事紹介は、10月5日(月)の夕方を予定しています。

現時点で検索できた記事を並べます。(10.2.21:01)
きょう、「福島県警、東電役員らを書類送検 汚染水流出で32人」という記事があります。(19.の記事)
さて、いつもの川内(せんだい)原発関連の前にきょう開催された集会の記事からはじめます。

1.◎◎「<日比谷野音>安保反対、脱原発集会に1万5000人」毎日新聞?10月2日(金)20時30分配信
http://mainichi.jp/select/news/20151003k0000m040055000c.html

2.●「川内2号機、14日にも再稼働 九電、新規制基準で2基目」【共同通信】2015/10/02 15:29
http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015100201002345.html

2’.●「川内2号機、再稼働14日以降=規制委に報告-九電」時事通信2015/10/02-16:30
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015100200640

2”.●「川内原発2号機 今月14日以降再稼働へ」南日本放送 [10/02 18:53] ※映像有
・・・・KTS鹿児島放送、KYT鹿児島読売テレビ、NHK鹿児島でも同様の記事有。

3.●●●「川内原発2号機の重大事故訓練開始 九州電力」西日本電子版2015年10月02日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/71938/1/

4.●(宮崎県)「:「再稼働前に説明を」 九電が「対話の会」 不安、疑問の声続出 高原町 /宮崎」毎日新聞 2015年10月02日 地方版

昨日既報ですが、
5.◎「原告「破局的噴火も」と即時廃炉求める 川内原発再稼働差し止め訴訟弁論」西日本電子版2015年10月02日 03時00分 更新

こちらの方々が、
6.●「九経調、27年度の成長率1.1%に下方修正 福岡」産経新聞2015.10.2 07:02更新
http://www.sankei.com/region/news/151002/rgn1510020034-n1.html

こちらの新聞が、再稼働中止を求める記事、
7.◎「主張 この夏電力足りた 根拠ない原発再稼働は中止を」しんぶん赤旗2015年10月2日(金)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-10-02/2015100201_05_1.html

玄海原発関連、
8.(佐賀県唐津市)「原発の屋内避難を説明 唐津市、離島で工事一部完了」読売新聞2015年09月30日
http://www.yomiuri.co.jp/local/saga/news/20150929-OYTNT50141.html

原発立地・周辺地域、
9.●(大分県)「対岸の原発㊤ 愛媛県知事、可否「まだ白紙」」大分合同新聞10月2日朝刊21ページ
http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2015/10/02/005122235

<後略>

★ たんぽぽ舎 さんから:
下記の紹介内容全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/q7xzyh4
【TMM:No2603】
2015年10月2日(金)地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします
                         
━━━━━━━
★1.日本の核武装は可能-岸信介首相(当時)
   紹介・毎日新聞が連載『核回廊を歩く』
        柳田 真 (たんぽぽ舎)
★2.「電力需給のピークを乗り切った」本当の理由
   もはや右肩上がりの電力需要環境ではない
        山崎久隆(たんぽぽ舎)
★3.原子炉格納容器内の水蒸気爆発の危険性
   ~ここにも世界最低水準「新規制基準」と事業者任せの
   甘い甘い「審査」の落とし穴~
   原子力規制委員会は原発再稼働推進委員会!その66
      木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク)
★4.落選運動の戦略【3】
   上岡直見 [環境経済研究所(技術士事務所)]
★5.新聞より
  ◆避難基準あいまい 横須賀の原子力空母交代
   04年のマニュアル変えず   (10月2日東京新聞1面より抜粋)                           

★ 『週刊金曜日』大分読者会の永山 さんから: 
今回、映画「首相官邸の前で」の上映会を開催します。
映画「首相官邸の前で」は歴史社会学者である慶応大教授の小熊英二さんが初監
督した作品であり、福島第一原発事故後の東京で、政府の原発政策に抗 議する
ために起こったデモの全貌を記録したドキュメンタリーです。
公式サイトは次のとおりです。http://www.uplink.co.jp/kanteimae/

月日 10月25日(日)13:00~
場所 大分市 コンパルホール視聴覚室
上映カンパ 1,000円(高校生以下無料)
連絡先 永山 090-8296-7288
上映後、意見交換を行いたいと考えています。
是非とも知り合いの方にお知らせください。

★ 前田 朗 さんから: 
植民地支配を問う主体形成を
梶村秀樹『排外主義克服のための朝鮮史』(平凡社ラブラリー、2014年)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/10/blog-post_2.html

教育を滅ぼすブラック化の現在
大内裕和『ブラック化する教育』(青土社、2015年)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/10/blog-post.html

----集会等のお知らせ------

●九州電力と公開質問状に対する交渉●
日時:10月6日(火)13:30~15:30 
場所: 九電本店
集合:九電本店前ひろば
打ち合わせ:13:00~13:30
質問状 http://tinyurl.com/nmcpgkr

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
第15回口頭弁論10月7日(水)13:00~門前集会@福岡地裁正門前
    法廷13:30-15:30 (302号)
    証人尋問 国側の証人 大居慎治・医師(松江赤十字病院)
報告集会16:00 福岡市立中央市民センタ 第一会議室 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図: http://tinyurl.com/ll3slxq
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa
◎最終弁論 2016年1月8日(金)

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html
  原告総数 9868名 (10/1日現在)
    ニュースレター http://tinyurl.com/oot7wzb
  第14回口頭弁論期日10月9日(金) 午後2時 佐賀地裁
(イ・ジンソプさん意見陳述)
<韓国のコリ原発の近くに住んでいて、
奥様の甲状腺癌がそのコリ原発のせいだということを韓国の地裁で認められた>

◎イ・ジンソプさん各地で講演会のお知らせ
http://ameblo.jp/aoyagi6211/entry-12079528503.html

佐賀10/8、糸島10/10、北九州(小倉)10/11、鹿児島10/12
各地のチラシは下記からダウンロードできます。
http://yahoo.jp/box/d6u9RY

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
(1)日にち:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
(2)場所:福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
(3)入場料:1000円(当日券のみ) *高校生以下 無料
(4)ゲスト 亀山ののこ(フォトグラファー)、後藤富和(弁護士)
   ※ 午前と午後の上映終了後30分間、監督とこのお二人に対談をしていただきます。

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私のフェイスブック>●
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月2日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1626目報告☆

呼びかけ人賛同者10月1日合計3999名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】10月1日3名。
   平川一郎 香川信太朗 岡部寛喜
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 九州電力と公開質問状に対する交渉
日時:10月6日(火)13:30~15:30 
場所: 九電本店
集合:九電本店前ひろば
質問状 http://tinyurl.com/nmcpgkr
※皆さまのご参加よろしくお願い致します。

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまです。
雨がひどくなりました。
福島で 大雨が降ると 汚染水が海に流れ出してしまいます。
根本的な歯止めが出来ないものかと、はらだたしい限りです。
あんくるトム工房  
もんじゅ  なんじゃ?  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3647

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆特攻出動「トモダチ作戦」の被曝兵士ら 東電相手に訴訟中なり
      (左門 2015・10・1162)
※《「東京電力福島第一原発事故で東電が正しい情報を示さず、被
曝した」としてカリフォルニア州の連邦地裁に東電を相手取って提訴。
・・・・米国防省は昨年、連邦議会へ報告書を提出。乗組員らが受け
た放射線量は一般の米国人が自然界から受けるより低いとし、健康
被害との因果関係は県が得られないと主張している》(朝日、昨日、
夕刊)。此処でも政府機関の非科学性・非良心性は同様である。

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 3日前に、九電本社前テント村を訪ねて、4時間ほど
経ってからテントを畳む時間になった。幟や旗、ポス
ターなどを外す作業をしていると、たくさんのことが
頭を過ぎった。強いビル風に襲われ、篠突く雨に打た
れ、玄界灘からの嵐雪に見舞われ、時には、右翼や在
特会などから攻撃され…。テントは耐え忍び1825日を
迎えた。そうだ、私が居た間だけでも、見知らぬ青年
が入ってきて訥々と言葉を紡ぎ始めた。高知市から来
たという女性は、名物の「土佐ぶんたん」を土産にし
て楽しく懇談して帰った。署名をして行く人、手を挙
げて通り過ぎて行く人などなど……。帰路、「テント
は凄い力と知恵を持っているのだなあ」と感激しなが
ら、「また来よう」と西鉄薬院駅へと急いだ。

☆ 本社前の テントは黙して 語らずも
     人を結びつ 原発許さじ 
☆ 民社党 すくっと立って 今チャンス
     連立政権 かなめの要に

★ 上杉英樹 さんから: 
青柳 行信 様
早速、「呼びかけ人」に掲載くださいまして恐縮です。
熱しやすく冷めやすい性分ですので、東海第2原発の
差止訴訟に入れて貰ったり、赤旗を併読したりして、
怒りの沈潜持続をはかっております。
「呼びかけ人」となったからには、友人知人にボチボチと連絡をして参ります。
どうもありがとうございました。

★ ギャー さんから: 
「あなたのために歌う言葉」
あなたのために
生まれようとしている言葉
生まれようとしているあなたのために
新しい言葉
この宇宙の果てから
生まれてきた言葉
渦巻く星たちが
風となって
あなたのために歌う言葉
あなたのために
生まれてきた言葉
生まれてきたあなたのために
歌う言葉
この宇宙の果てから
生まれようとしている言葉

★ 梶原商成 さんから: 
青柳さん、おはようございます。
更新ブログの紹介です。
◆資源の循環について
http://ameblo.jp/46493236/entry-12079414931.html
新たな生き方へとシフトすることで、
無駄な消費がなくなることは勿論の事、
資源も循環して使用されるようになります。

★ 工藤逸男 さんから: 
「玄海原発再稼働をSTOP!させるには」の学習会
案内チラシ: http://tinyurl.com/ouolsgq
Ⅰ 講 演
  「鹿児島での反原発、再稼働反対のたたかい」 
鳥原 良子さん (川内原発建設反対連絡協議会・会長)
Ⅱ 報告と提起
・玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 石丸初美さん
・さよなら原発!佐賀連絡会 豊島耕一さん
・玄海原発対策住民会議  藤浦 晧さん

と き:2015年10月25日(日)午後2時~4時40分
ところ:福岡市早良市民センター視聴覚室
資料代:500円
定 員:75名

九電は、川内原発に割いていた要員を玄海原発3、4号機再稼働に向けての審査体制にシフトさせると明らかにしています。私たちは、このまま玄海原発の再稼働を見過ごすことなど
できません。
今回の会では、鹿児島・薩摩川内市で再稼働反対をたたかってこられた鳥原良子さんのお話をお聞きする場を設けます。また、佐賀県において長い間玄海原発に反対し、様々なたた
かいをしてこられた3団体の皆さんからのお話もお聞きします。それらを受け、これから玄海原発再稼働をストップするために、今後、私たち一人ひとりが何をしたらいいのか、ど
うすべきなのかを探っていく、そのような話し合いへとつなげていきたいと考えています。
主催:戦争と原発のない社会をめざす福岡市民の会
連絡先 080-8353-5792(工藤)
E-mail: no_war_no_genpatsu_fukuoka@yahoo.co.jp
http://no-war-no-genpatsu-fukuoka.jimdo.com/?

★ 舩津康幸 さんから: 
10月1日夕方の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号73.まで)
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/oudk4gu
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

現時点で検索できた29・30日の2日間を含む記事を忘備録として並べておきます。(10.1.22:50)
きょうも原発被害地域の被害者の様子を伝える大事な記事が中断以降に多数あります。
川内(せんだい)原発関連記事からはじめます。

1.◎「川内原発:運転差し止め訴訟 「核燃料搬出は不可能」 巨大噴火巡り住民側 /鹿児島」毎日新聞 2015年10月01日 地方版
全文「九州電力川内原発(薩摩川内市)の再稼働を巡り、住民らが九電と国を相手に運転差し止めを求めた訴訟の第10回口頭弁論が30日、鹿児島地裁(鎌野真敬裁判長)であっ
た。
複数のカルデラをひとくくりにして巨大噴火の周期は約9万年と主張する九電に対して、住民側は中田節也・東京大地震研究所教授ら専門家の見解に触れ「噴火の間隔の平均値は予
測には全く役に立たない」と主張した。
また、巨大噴火の兆候を事前に把握し核燃料を運び出せるとする九電の主張についても、住民側は藤井敏嗣・火山噴火予知連絡会長などの発言を引用し「兆候を把握して事前に核燃
料を搬出するのは不可能」と訴えた。次回期日は12月10日。」【杣谷健太】

1’.「【動画】川内原発裁判・住民側「巨大噴火が起きる可能性が小さいとは言えない」」KTS鹿児島2015年09月30日
http://news.ktstv.net/e60069.html
「30日は鹿児島地裁で開かれた第10回の口頭弁論で福島第一原発の事故後、茨城県から鹿児島市に移り住んだ女性が「茨城では家の窓が開けられず
洗濯物も部屋に干す毎日で心身ともに疲れた」と意見陳述を行いました。
このあと住民側の弁護士は火山学の専門家の発言を引用しながら、「巨大噴火になるかどうかの前兆は1カ月くらい前にならないと分からない」
「姶良カルデラの状態から巨大噴火が起きる危険性がある」として川内原発を廃炉にするよう求めました。
九電側は巨大噴火について今後、反論するかどうか検討することにしていて、30日は「基準地震動を超える地震が発生しても耐震性には余裕がある」と安全性を主張しました。」

2.●(九電が川内原発)「2号機で重大事故想定し訓練へ」NHK鹿児島10月01日 12時28分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/5055273411.html?t=1443693472537
「1号機に続き再稼働に向けた準備が最終段階に入っている川内原子力発電所2号機で、1日午後2時から重大事故を想定した大がかりな訓練が始まります。
福島第一原発の事故のあと国の検査に加えられた訓練で、2号機の再稼働に向けた大きな関門となります。
東京電力福島第一原発の事故を踏まえて作られた新しい規制基準に基づき川内原発では非常用の設備や機器が増設されていて、2号機では1日午後2時からこれらを使って適切な事
故対応ができるかを確認する訓練が行われます。
訓練は冷却水がポンプから徐々に漏れ出したとの想定で行われ、事故を収束させるまでのシナリオを4日間に分け発電所の所員や協力会社の社員あわせて52人が大容量の発電機や
ポンプなど非常用の設備を使って緊急対応にあたります。
訓練には原子力規制委員会の検査官が立ち会い、決められた時間や手順通りに行われるか検査することにしています。
今回の訓練は原発事故のあと、国の検査に新たに加えられたもので、原子力規制委員会は訓練を通じて、所員らの事故対応の能力を最終確認するとしていて2号機の再稼働に向けた
大きな関門となります。」
<中略>
3.◎●「【動画】いちき串木野市議会が原発関連で意見書案を可決」KTS鹿児島2015年09月29日
http://news.ktstv.net/e60041.html
「いちき串木野市議会は、29日、最終本会議を開き、原発事故を想定した今年12月の防災訓練で、要支援者の避難体制が整っているかどうか十分な検証を知事に求める意見書案
を、賛成多数で可決しました。
意見書では、川内原発で重大事故が起きた際に、高齢者や支援が必要な人の避難に使う福祉車両を充実させることや、医療・福祉施設で避難についての説明会を開くことを求めてい
ます。そして、今年12月20日に行われる、原子力防災訓練では医療施設と連携をとった避難訓練を行い、支援が必要な人の避難体制が整っているか十分な検証を行うことも求め
ています。
 いちき串木野市議会は、この意見書を、近く知事に提出することにしています。」
<中略>
5.(佐賀県)「県平和運動センター、川内1号機停止など要請 九州電力に」佐賀新聞2015年09月29日 10時09分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/234244
「佐賀県平和運動センターなど3団体は28日、再稼働した川内原発(鹿児島県薩摩川内市)1号機の運転停止と2号機の再稼働中止を九州電力に申し入れた。福島原発事故は今も
収束せず、事故が起きれば国益も損なうなどとして再稼働に反対している。
平和運動センターと原水禁県協議会、社民党県連の関係者が九電佐賀支社を訪れ、申し入れ書を手渡した。九電が10月中旬の再稼働を目指す2号機に関し、2013年までに行う
としていた蒸気発生器の交換がされていないと指摘、説明も求めた。
●九電の担当者は、再稼働について、国のエネルギー基本計画の方針や新規制基準に基づき安全性を確保していることなどを挙げ、「総合的に勘案して再稼働を判断した」と理解を
求めた。2号機の蒸気発生器は「長期的な信頼性向上のために交換を準備している。現在の細管の健全性は確認しており、ただちに取り替えが必要とは考えていない」と答えた。」
<後略>

★ 味岡修 さんから:
 ☆経産省前テントひろば1480日 テント日誌9月29日(火)
下記の紹介内容全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/owbc55g

一部 項目。
テント裁判の傍聴記を掲載します。
  今回はその1回分です。
法廷もテントひろばだ!
テント裁判控訴審第3回 最終弁論傍聴記(そのⅠ) 森瑞枝
2015年9月18日15時、東京高等裁判所102大法廷において、〓野伸裁判長はテント裁判控訴審を開廷した。ついに結審を迎えた。
1 第1テント 江田忠雄さんの意見
2 第2テント 寺崎明子さんの意見
3 第3テント 高瀬晴久さんの意見

 ☆経産省前テントひろば1482日 テント日誌10月1日(木)
下記の紹介内容全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/qgl6t34

一部 項目。
法廷もテントひろばだ!
テント裁判控訴審第3回 最終弁論傍聴記(その2) 森瑞枝
9月29日掲載分の続きです。前号から続いてお読みください

4.被告 正清太一さんの意見
5. 被告 渕上太郎さんの意見
6. 弁護団長 河合弘之さんの弁論
経産省テントひろば裁判、結審す。 
裁判長「これで審議は終りました。全部終結します。判決の言い渡し日は追って指定します。本日はこれで終了いたします」。
妥当な判決にむけて、期限を区切らず検討するということだ。

★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2602】
2015年10月1日(木)地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします
下記の紹介内容全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/psocte5
                           
1.原発事故の収束のメドは立っておらず、私達は低線量被曝を強要され続けています。
   全てが放射能に汚染されたことにより起きた事実です。今も続いています。
   意見陳述書 平成27年8月28日 東京地方裁判所民事第24部  (上)
                   原告 森園かずえ
2.9・30 JCO臨界事故16周年 (決議文)
   事故から16年、未だにこの事故の原因の検証もきちんとしていない
   東電福島事故を忘れない!原発再稼働を許さない
                    たんぽぽ舎
3.雨、雨、雨の中、銀杏踏みしめ、チョット臭くなりながら、
   でも、頑張ってきました。
   9月25日第167回金曜官邸前・国会前抗議行動の報告
             にしざきやよい(たんぽぽ舎ボランティア )
4.新聞より
 ◆空母レーガンが横須賀に 安保法下の入港に抗議 (10月1日東京新聞より抜粋)
 ◆動く原発なぜ居座る 安全性不明 市民らに危機感 (10月1日東京新聞より抜粋)

★ 内富一 さんから: 
【東京新聞】 国防関連法案に「辺野古が唯一」盛り込まず 米議会、沖縄問題を懸念か
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2015093002000233.html

★ 安間 武 さんから: 
-------------------------
 集会・アクション
-------------------------
■ デモ抗議開催情報まとめ (2015年09月30日 更新)
http://www57.atwiki.jp/demoinfo/

■ 日本全国デモ情報 (マガジン9)【2015-09-30 13:03 更新】
http://www.magazine9.jp/demoinfo/

---------------------
■ 違憲戦争法公布
---------------------
◆特集ワイド:安保関連法「違憲」は出るか
(毎日新聞 2015年10月01日)
http://mainichi.jp/shimen/news/20151001dde012010002000c.html?fm=mnm

◆安保法公布で国連外交も変質 首相「PKO拡大」で常任理狙う
(東京新聞 2015年10月1日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015100102000123.html

◆社説[安保法あす公布]声を上げ続けることだ
(沖縄タイムス 2015年09月29日)
https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=134908

◆集団的自衛権:憲法解釈変更 法制局、経緯公文書残さず 審査依頼、翌日回答
(毎日新聞 2015年09月28日)
http://mainichi.jp/shimen/news/20150928ddm001010223000c.html
--------------------
■じっくり読もう
--------------------
◆焦点:遠い「原発復権」、再稼働は6割に不透明要因
(ロイター 2015年9月1日)
http://jp.reuters.com/article/2015/09/01/nuclear-plant-idJPKCN0R12DO20150901?sp=true

◆なぜ原発は推進されるのか
(原子力教育を考える会 2008-10-28 更新)
http://www.nuketext.org/suishin.html
少し古い記事ですが、今読んでも新鮮(ピコ坊)

----集会等のお知らせ------

●九州電力と公開質問状に対する交渉●
日時:10月6日(火)13:30~15:30 
場所: 九電本店
集合:九電本店前ひろば
打ち合わせ:13:00~13:30
質問状 http://tinyurl.com/nmcpgkr

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
第15回口頭弁論10月7日(水)13:00~門前集会@福岡地裁正門前
    法廷13:30-15:30 (303号)
    証人尋問 国側の証人 大居慎治・医師(松江赤十字病院)
報告集会16:00 福岡市立中央市民センタ 第一会議室 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図: http://tinyurl.com/ll3slxq
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa
◎最終弁論 2016年1月8日(金)

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html
  原告総数 9868名 (10/1日現在)
    ニュースレター http://tinyurl.com/oot7wzb
  第14回口頭弁論期日10月9日(金) 午後2時 佐賀地裁
(イ・ジンソプさん意見陳述)
<韓国のコリ原発の近くに住んでいて、
奥様の甲状腺癌がそのコリ原発のせいだということを韓国の地裁で認められた>

◎イ・ジンソプさん各地で講演会のお知らせ
http://ameblo.jp/aoyagi6211/entry-12079528503.html

佐賀10/8、糸島10/10、北九州(小倉)10/11、鹿児島10/12
各地のチラシは下記からダウンロードできます。
http://yahoo.jp/box/d6u9RY

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
(1)日にち:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
(2)場所:福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
(3)入場料:1000円(当日券のみ) *高校生以下 無料
(4)ゲスト 亀山ののこ(フォトグラファー)、後藤富和(弁護士)
   ※ 午前と午後の上映終了後30分間、監督とこのお二人に対談をしていただきます。

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私のフェイスブック>●
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************




戻る

青柳行信です。10月1日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1625目報告☆

呼びかけ人賛同者9月30日合計3996名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】9月30日1名。
   上杉英樹
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 九州電力と公開質問状に対する交渉
日時:10月6日(火)13:30~15:30 
場所: 九電本店
集合:九電本店前ひろば
質問状 http://tinyurl.com/nmcpgkr
※皆さまのご参加よろしくお願い致します。

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまです。
☆29日は イベントがたくさんありました。
夕刻、天神で 「女たちは戦争法を許しません」
夜は 毎週火曜日の Terra Cafe Kenpou 天神 光円寺
従軍慰安婦について 木村牧師が話をしてくれました。
あんくるトム工房
九電本店前テント   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3642
強行採決は無効だ    http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3643
日本軍が起こした性犯罪  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3644

☆箱崎で 憲法の学習会がありました。
講師は弁護士の後藤さんです。
戦争法 憲法13条の大切さ、自民が憲法改悪を狙っている話などを
聞きました。
あんくるトム工房
9月30日九電前テント  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3646
民主主義ってなんだ  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3645

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆「今日よりは顧みなくて」堂々と二兆円もの武器輸出する
      (左門 2015・9・1-1161)
※万葉集の本歌では、「 」に続いて、「大君の醜(しこ)の御
楯と出でたつ我は」(=天皇を守る強力な楯として出陣する)
決意表明の歌。しかし、今は、《防衛省の外局となる防衛装
備庁が1日、約1800人で発足する。自衛隊が持つ武器の
開発から購入、民間企業による武器輸出の窓口までを一元
的に担い、約2兆円の予算を握る巨大官庁だ》(朝日、本日)。
何のことはない「軍需産業」を守り発展させる楯・槍なのだ!

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 《 あんくるトム工房 》さま、こんにちは。9/30
 貴工房のブログをお気に入りに入れて随分なります。
今朝久しぶりにアクセスしますと、なんと昨日の訪
問時の写真が4枚も掲載されていることを大発見しまし
た。私は、いつも他人を撮ってばかりで撮られること
はありませんので、とても嬉しく素晴らしい記念にな
りました。ありがとうございます。近いうちに、ゆっ
くりと話を聞かせて下さいませ。お願いいたします。

☆ 九電の 巨大なビルの 直ぐ前の
     小さなテントの なんと偉大さ
            
☆ 東北を 住めなくしても 殺しても     
         原発狂人 アベを許さじ
 
★ 金信明 さんから: 
イ・ジンソプさんの糸島での講演会の詳細が決まりました。
期日:2015年10月10日(土)
場所:伊都文化会館大会議室
住所:福岡県糸島市前原東2丁目2-7 (092-323-1128)
時間:13:30~16:00
会費:無料です。ジンソプサンの交通費・資料代など席上カンパをお願いします。

2014年10月17日、韓国 釜山(プサン)地方裁判所において、
「甲状腺ガンの発生の責任は古里(コリ)原発にあるとする判決が出されました。
この判決で奥様の甲状腺ガン訴訟を原告として闘ってこられた
イ・ジンソプさんを糸島にお招きして、講演会を開催します。
ジンソプさんの闘いは必ずしも順風満帆だったわけではありません。
心ない罵声を浴びせことから始まったと言います。
ジンソプさんご家族は現在控訴審を闘っておられます。
また、韓国では540名を超える甲状腺がんに罹患した女性の集団訴訟も決定されました。
日本での反原発の運動や裁判に、ジンソプさんの裁判勝訴と控訴審の闘い、
女性たちの集団訴訟は大きな糧となることは間違いありません。

◎イ・ジンソプさん各地で講演会:
佐賀10/8、糸島10/10、北九州(小倉)10/11、鹿児島10/12
各地のチラシは下記からダウンロードできます。
http://yahoo.jp/box/d6u9RY

★ 黒木 さんから: 
下記の記事紹介内容全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/nn2gme5
*****
福島第一 高濃度汚染水210リットル漏れる 除染装置の排水悪化
東京新聞 2015年9月30日 朝刊

*電力供給予備率/原発の必要性問う契機に
河北新報 社説 2015年09月30日水曜日

*美浜3号機審査「深刻」=期限内終了を疑問視―規制委
時事通信 9月30日(水)12時58分配信

*原発事故、ストレス減少限界か 福島の親子調査
東京新聞 2015年9月30日 18時30分

*安保対応、安倍首相に苦言=「原発やめる方向で」―小泉政務官
時事通信 9月30日(水)16時59分配信

*"もんじゅ"管理に深刻な問題「極めて異常」規制委
テレビ朝日系(ANN) 9月30日(水)19時30分配信
*****

★ 田中一郎 さんから: 
(資料集)国際放射線防護委員会(ICRP)は生まれながらにして内部被曝をゴ
マかすインチキ組織だった:広島・長崎での放射線障害の過小評価から始まった 
いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/post-7b19.html

★ たんぽぽ舎 さんから:
たんぽぽ舎です。【TMM:No2601】
2015年9月30日(水)
┏┓
┗■1.JCO臨界事故(1999年)から16年 私たちは忘れない
 |  9月30日、経産省別館前で16周年の追悼と抗議
 └──── 坂東喜久恵(たんぽぽ舎)

 1999年9月30日午前10時35分ごろ、茨城県東海村の「核燃料加工施設=JCO・東海事業所」で臨界事故が発生しました。2名の方が大量の中性子線等を浴びて亡くなり、多くの
被曝者が出ました。
 今年も朝10時から経済産業省別館前で、16年目の「追悼と抗議行動」を行いました。
参加者は20余名。
 JCO臨界事故の経過や、労働者に責任を押し付けて収束を図った政府への抗議。原子力政策の問題点と原発推進への抗議。そして、強行採決された安保(戦争)法案から見えてく
る「日本核武装」への疑惑等々アピールが続きました。
 10時35分から1分間の黙祷。その後、参加者が、白菊を献花台に捧げ2名の犠牲者を追悼しました。
 声明文を読み上げ、私たちはこの事故を『絶対に風化させない』と誓い、最後はMさんの力強いコールで締めくくりました。

┏┓
┗■2.戦争法案反対集会の参加人数の報道=テレビ、新聞の報道は大問題
 |  「所長命令に違反・撤退」は誤報ではない 第3弾
 |  9月24日(水)鎌田慧さんの講演を聞いて
 └──── 渡辺マリ(たんぽぽ舎講座運営委員)

○12万人(主催者発表)と3万3000人(警察関係者の発表)
 8月30日、戦争法案に反対する国会包囲があった。この数字は各新聞社が翌日発表した参加者人数だ。この両者の大変な差に驚く。
 鎌田さん:「日本の人は“官”に弱く、“官”の言う事を信じる傾向が強い。その為、並列された2つの数字を見た場合、主催者発表の数字を半分にしてしまう(中和という言い方
をなさっていました)」。
 という事は、書き方次第ではこの歴史的な第3の安保闘争(という人もいる)を貶める事も可能だという事になる。以下は翌31日の記事。
 ・東京新聞、北海道新聞、西日本新聞は主催者発表の12万人のみ
  →警察関係者の発表はない
 ・朝日、毎日、読売は主催者発表12万人の後に「警察関係者の発表によると」3万3000人。
 ・産經新聞は、3万3000人のみ
 この産經新聞は凄い!(ほめているわけではありません)
 国会正門前では誰が見ても3万人以上はいた。しかし人々が集まったのは国会周辺だけではなかったのは皆さんご存知の通り。
 ところが、産經新聞は国会正門前だけを取り上げて3万3000人と断定したのだ。
 しかし、だ。逆に言えば、国会正門前参加者数(3.3万人)プラス周辺5~6カ所の会場の参加者数イコール12万人になる。とりもなおさず、産經新聞が12万人を証明したことにな
る。
 ハイ、産經新聞さん、残念でした!
 各新聞社の立ち位置が見えてくる。
・そして鎌田さんが問題にした事の第2点
 「警察関係者の発表」の「関係者」とは誰をさすのか、または何を指すのか?(図書館に行って調べてみたら日経新聞は「警視庁の調べではないが、警察関係者の発表によると」
という言い方をしていた)。
 本当に何なんだろうか?
○朝日新聞の「イエス、バット」
 「イエス、バット」とは→原子力開発は容認。しかしそれには条件や注文をつける。安全には気を付けてね、という事だ。原発への獏とした信頼と突っ込んだ議論の欠落。
 これを原子力船「むつ」に関連付けて話してくれました。
・むつ:1969年に進水、翌年、大湊港(青森県)に接岸。1972年に核燃料を積み込み出力試験が行われる予定だったが、沿岸漁民たちの反対行動にあい、2年近く同港にくぎ付けに
なった。1974年出航。(青森県知事「むつ」の母港を返上すると発言)。臨界実験に成功したその4日後、放射線漏れを起こす。
 朝日新聞は漏れ出た放射線が僅かであることを強調。「日本が初めて手がけた純国産実用動力炉であるが自主開発には、多少のトラブルはつきものである」
 安全審査については、「その責任は運輸省にあるという。だから原子力委員会は「むつ」問題について何の見解も公表しない。これで国民が納得するか、大きな問題」とした。
→「イエス、バット」ちゃんとしてね、ならば、オーケーという事だ。
(注:2011年7月13日社説で「提言 原発ゼロ社会を」を掲げ社論の転換宣言をしている)
○60年安保の時のあの盛り上がりはなぜ衰退していったのか。
 確かに30万人という大変な数の人々が国会を包囲した。これは労働組合などによる「動員」がかなり多く、プラス学生自治会と自発的な学生の多数も占めていた。(「自発的な学
生」たちは、その後も「持続的な志」をもって活動していった)。
 しかし、今回の場合、誰に言われたのでもない、「これは大変なことなのだ」、「こうしてはいられない」という己(おのれ)自身の考えで参加した人が多数だった(1人参加の多
かったこと)。だから、この運動は今後も続くだろう。
○違憲審査は確かに良い方法だが、いかんせん、時間がかかり過ぎる。とりあえず今やるべき事は、「選挙で落とす(安保=戦争法案に賛成した議員を次の選挙で)」ことだ。そして
デモ。
 参加者からの質問「12万人ではまだまだ少ないのでは?」の質問に、「初めは1万人~2万人しかいなかったのですよ」と鎌田さん。
 たんぽぽ舎代表の柳田さんは「私たちは1986年のチェルノブイリ原発事故以来、ずっと反原発運動をしてきましたが、ここ10年、東京での月例デモは20人くらいしかいませんでし
た」とコメント。
 持続が大事だ!
・鎌田さん、ひどく疲れて見える。その為、参加者として来ていた東電株主代表訴訟事務局長の木村結さんにバトンタッチ。
○「所長命令に違反・撤退」は断じて誤報ではない。本当の事だ。
○政府が公開を拒んでいた吉田調書を入手し報じた事により、大変な力になった。
 「効果あり」だった。
○時間の許す限り、テレビなどを見て、メディアの監視をしている
 そして「メディアを味方につけよう」と。

 お疲れなのに、講演して下さった鎌田さん、急な依頼に答えて下さった木村さん、そして小雨降る中、参加して下さった皆さん、ありがとうございました。

┏┓
┗■3.タイトル『原子力規制委員会は 再稼働推進委員会』
 |  -人と環境を守らない規制なんて要らない-
 |  新刊パンフ(No95)が発行されました
 └──── たんぽぽ舎

  報告:木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク)
  編集:丸山哲郎

  この冊子は、2014年5月から「たんぽぽ舎」日刊メールマガジン=「地震と原発事故情報」に連載してきたものを抜粋、編集したものです。
 ここから浮かんでくるのは、イチエフ(福島第一原発)事故による「国民」の原発離れの状況下で、世界の原子力マフィアの意を汲んで日本の原発の再稼働を「科学的・技術的」に
推進する恐るべきペテン師=原子力規制委員会の事態です。
 彼らに騙されず何としても再稼働阻止・脱原発を実現したい。
 この冊子がその運動の一助になればうれしいです。
                    ―2015年8月1日 木村雅英
 発行:たんぽぽ舎  B5判 36頁 頒価400円

目次の紹介
1.国民の生命、健康、財産、環境を守らない原子力規制委員会
2.記者会見から露わになる規制委・規制庁の真の姿
3.「科学的・技術的・客観的」ではなく非科学的・政治的提言
4.現存原発を再稼働させるための「新規制基準」
5.「国民」より事業者のための、不透明で強引な審査手続きの強行
6.イチエフの放射能汚染水対策・廃炉対策を放置・隠蔽
7.原子力マフィアのための原子力規制委員会
はじめに―
○イチエフは収束したでしょうか?収束していません。
○廃炉への道が見えているでしょうか?
○イチエフ事故の被害者は救済され、日常の生活を取り戻したでしょうか?
○イチエフの作業労働者は安全でしょうか?
否、厳しい被ばく労働を強いられています。

 ご注文はメール、電話で「たんぽぽ舎」までご連絡ください。
代金は郵便振込にて、パンフ代金と送料(5冊まで100円、5冊以上はご相談ください)の前納をお願いしています。
 お振込後に、メールかお電話をいただければ、郵便局からの振込通知を待たずに発送準備にはいれます。クロネコDM便でお届けいたします。

たんぽぽ舎は、月曜~土曜13:00~20:00オープン、日曜・休日はお休みです。
〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
┏┓
┗■4.新聞より
 └──── 
 ◆浪江町民 重い負担 高額印紙代 長期化 無用な苦労
  ADRでの和解 拒否する東電を提訴の動き
  避難生活の中「強い喪失感訴える」

  福島県浪江町が福島原発事故に伴う慰謝料の増額を申し立てた裁判外紛争解決手続き(ADR)で、東京電力側は月額5万円の上積みを求めた和解案を4度にわたって拒んでい
る。このため、和解案の尊重の約束をほごにする東電を相手取った訴訟を起こす動きが町民の間に出ている。だが、訴訟は避難生活を送る人びとにとって厳しい負担となる。 (後
略) (9月27日東京新聞朝刊26面「こちら特報部」より抜粋)

★ 佐藤江美 さんから: 
青柳様、
いつも有難うございます。
以下、 映画 「日本国憲法」 ジョン ユンカーマン監督について少し申し上げます。
2005年に制作された映画ですが、今是非ご覧頂きたい映画です。

2004年の自衛隊のイラク派兵が世界に及ぼした影響は大変大きなものでした。
戦後の憲法制定で戦争を放棄したかに思えた日本がイラク派兵で世界を落胆させた様は
世界がいかに恒久平和を望んでいるかこの映画は教えてくれます。

日本国憲法を日本及び日本の外側から見た人たち(アメリカ、韓国、中国、レバノン人等)の視点を通して
「日本国憲法」がどれほど貴重なものであるか、それぞれの言葉で訴えています。

日本は自分の言葉で自分の意思を伝えなければならない、アメリカのポチになるなとアメリカ人が言っています。
日本国憲法は日本国のみならず世界の理想である と教えられます。
以下は映画を製作したジョン ユンカーマン監督の言葉です。(当時日本はイラク派兵によって改憲への動きが活発化しておりそれに危機感を覚えたことがこの映画を制作し
たきっかけでした。)

ユンカーマン監督の言葉

 日本国憲法は、それが公布された時点では先駆的な文書であったし、私たちが今回の取材で再確認したように、今も世界中の人々が求めてやまない理想を示している。
日本にとって、この時期にそれを捨てることは、歴史の潮流に逆らう行為だ。
 私が初めて日本を訪れたのは1969年のことである。その頃、ベトナムのジャングルでは50万人以上のアメリカ兵が戦っていた。
私は16歳だった。当時のアメリカには徴兵制があったから、いずれは自分も不当で無節操な戦争に参加しなければならないという不安を感じていた。
日本の平和憲法は、アメリカにあふれ返る軍国主義と明確な対照を成す、悟りと知恵の極致のように思えた。
そのことが、日本にいるといつもやすらぎを感じられた理由の一つであろうし、私が長い間、日本に住み、日本で子供たちを育てようと決めた大きな理由ともなっている。
将来、私の子供たちが、平和憲法をもつ国で子供を育てる道を選択できなくなるかもしれないと考えると、恐ろしくてならない。
 平和憲法と、それに守られている人権は、空気のようなものである。私たちはそれらを当然のものと感じ、ことさら考えてみることがない。
現在の改憲論議は、私たちに憲法の意味をふたたび気づかせてくれる。
日本に住み、日本で働き、日本で家族を育んでいるすべての人にとって、それがなぜ、どのようにして書かれたのか、そしてどうすればその精神を守り、広げていけるかを考
えるよい契機となる。

----集会等のお知らせ------

●九州電力と公開質問状に対する交渉●
日時:10月6日(火)13:30~15:30 
場所: 九電本店
集合:九電本店前ひろば
打ち合わせ:13:00~13:30
質問状 http://tinyurl.com/nmcpgkr

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
第15回口頭弁論10月7日(水)13:00~門前集会@福岡地裁正門前
    法廷13:30-15:30 (303号)
    証人尋問 国側の証人 大居慎治・医師(松江赤十字病院)
報告集会16:00 福岡市立中央市民センタ 第一会議室 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図: http://tinyurl.com/ll3slxq
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa
◎最終弁論 2016年1月8日(金)

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html
  原告総数 9832名 (9/18日現在)
    ニュースレター http://tinyurl.com/oot7wzb
  第14回口頭弁論期日10月9日(金) 午後2時 佐賀地裁
(イ・ジンソプさん意見陳述)
<韓国のコリ原発の近くに住んでいて、
奥様の甲状腺癌がそのコリ原発のせいだということを韓国の地裁で認められた>

◎イ・ジンソプさん各地で講演会:
佐賀10/8、糸島10/10、北九州(小倉)10/11、鹿児島10/12
各地のチラシは下記からダウンロードできます。
http://yahoo.jp/box/d6u9RY

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
(1)日にち:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
(2)場所:福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
(3)入場料:1000円(当日券のみ) *高校生以下 無料
(4)ゲスト 亀山ののこ(フォトグラファー)、後藤富和(弁護士)
   ※ 午前と午後の上映終了後30分間、監督とこのお二人に対談をしていただきます。

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私のフェイスブック>●
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆       
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************

戻る