連絡会

当日配布リーフレット

第二回、「さよなら原発!北九州集会」実行委員会・議事録
2018年1月18日(木)18:30/小倉北生涯学習総合センターにて


1、集会企画の確認

12:50 開会あいさつ(司会 久保教子/第一法律事務所)
    ・オープニング/(北九州うたごえ連絡会)
13:00 集会開始/黙祷(司会)
    ・主催者挨拶(棚次奎介/代表世話人)           5分
    ・Q&A/断末魔の原子力(深江守/事務局長)      10分
    ・原発にすべてを奪われて・・(齋藤直志/原発事故避難者)10分
    ・玄海原発運転差し止め訴訟の可能性(九州玄海訴訟弁護団) 5分
    ・各団体からの挨拶(1団体3分)
      ①エフコープ生活協同組合 ②あらかぶさんを支える会・北九州
      ③グリーンコープ生協ふくおか ④全港湾労組青年部(依頼中)
      ⑤健和看護学院学生
    ・カンパの呼びかけ(深江)
    ・集会参加議員の紹介(司会)
    ・「さよなら原発!金曜行動」によるアピール       10分
    ・集会宣言(健和会労組/依頼中)             3分
    ・NO NUKUS女子部によるパフォーマンス         5分
    ・デモ行進諸注意(地区労連)
    ・閉会(司会)
14:20 デモ出発/(うたごえによるデモ隊送り出し)

2、チラシついて

 ① 一次ビラを6000枚印刷 (約2万円)
 ② 二次ビラについて
  ・内容  /表、NONUKESの文字色を工夫する。
     裏面に、当日の簡単なスケージュールを入れる。地図を分かり易く。
  ・賛同団体〆切(1月28日)・・印刷所発送2月10日/(1月25日現在 54団体)
  ・印刷  2万5千枚印刷 ・・一枚2円30銭ぐらい
 ③ ポスター・・A2サイズ、200枚印刷(約1万2000円)

3、デモ、コース、申請等について
・デモコース/モノレール下を小倉駅に向かうコース。
・デモ隊列/300人隊列×5 程度を想定。
・街宣車3台、全港湾・ユニオン北九州・小倉民商に依頼する。
・ハンドマイクはそれぞれ調達してもらう。次回会議で確認。
4、ステージ関係について

・ステージ、音響は昨年と同じ、バンケットクリエーター、ARTISTPROに依頼。
・ステージ大きさ/ 5.4メートル×3.6メートル・・昨年より一回り小さい。
・テント/2張り
・机、椅子は小倉民商に依頼する。/本部(机8つ、イス16個、デモ要員用(机2つ、イス4つ)

5、集会宣言・・棚次担当(次回実行委員会にて確認)

6、Q&A、断末魔の原子力・・深江担当

・チラシ裏面参照/エネルギー革命が進行中
・破たんした核燃サイクル事業
・行き場のない使用済み核燃料と最終処分
・被ばく労働の問題
・神戸製鋼不正問題等も触れる

・次回、実行委員会で確認

7、賛同人・団体登録について

・1月25日現在、賛同団体(54団体)、賛同人(138人)です。
・チラシ印刷〆切は1月28日です。2月末までに申し込みのあった団体は、当日配布のリーフに一覧として印刷します。個人賛同人も全員の名前を一覧をして別刷りで資料を作り配布します。
・賛同人・団体登録用紙は早めに郵送・FAX・持参(金曜行動)をお願いします。集中すると、他の作業に支障をきたします。

8、HPについて
・準備中、メッセージを送る。

9、資料作成/作業日

・3月6日(火)17:00~ 小倉北生涯学習総合センターで作業を行います。
・それまでに印刷し、資料等の帳合い作業、会場周辺に掲示するポスター作製
・資料折込希望者は、当日チラシを持参ください。資料は1500部作ります。

10、その他/2月25日(日)ウェル戸畑多目的ホールで、広瀬隆さんの講演会を行います。
*「日本列島の全原発が危ない!」と題した、九州8か所連続講演会です。ぜひ、ご参加ください。

11、次回実行委員会(2月16日(金)19:00、小倉生涯学習総合センターにて、金曜行動終了後開催)