メッセージ一覧 現在の呼びかけ人数=191人


福島尚美

原発ありきで、地震対策や避難先の確保に時間とお金を使う組織、その組織で働く人にまで不審を感じます。
風は地球上を吹き渡るのに「ここなら大丈夫」は甘い。子供たちが砂場で遊べなくなっても、屋内に砂場を作ればいいとか、じゃあ 人間以外の生き物はどうなるの?と思います。避難先に犬や猫たちは連れていけないでしょう。東北で訪ねた仮設住宅には、動物たちの姿はありませんでした。
不自由は不幸じゃない。ちょっとくらいの不便は、感謝を教えてくれるいい先生です。脱・原発は、未来を描く場。私はそう思います。当日もよろしくお願いします。


橋本あき

東電福島原発がいまだに危険な状態が続きハラハラしている福島県民として、先日の川内原発再稼働の判決は到底許せないものであり人道的にも外れています。今この全国大会はとても有意義であり何としても再稼働阻止を実現しましょう!


元燃焼炉設計技術者中西正之

チェルノブイリの過酷事故を経験し、主要な海外の新規制基準は、原子炉にメルトダウンが発生した時、溶融核燃料を格納容器の中で大量の水で冷却する事は、水蒸気爆発が起きる可能性が大きいとして禁止した。しかし、日本の新規制基準は「有効性評価に関する審査ガイド」で「メルトダウンの発生時格納容器に落下した溶融炉心は大量の緊急貯水で冷却対策をしても良い」と示唆(しさ)した。こんな危険な新規制基準は認められない。可搬型ポンプ車の格納容器貯水対策とコアキャッチャー対策とは同じとする川内原発の再稼働に反対です。


三輪俊和(「平和とくらしを守る北九州市民の会」事務局長)

原発再稼働に反対。放射能におびえる未来を子どもたちに残したくないというのは、すべての国民の願いです。6.7集会を成功させ、私たちの強い意志を示しましょう。


力久 修・いづみ(個人)

私たちが今生きている空間は、今生きている私たちだけの空間ではありません。縄文、弥生と古代から受け継がれてきたこの美しい空間を、私たちの子、孫に、100年後、1000年後の人びとに引き継がなければなりません。原発があり限り、福島のような事故は必ず起こります。放射能まみれの空間を未来の人びとに引き継ぐわけにはいきません。


熊川果穂

高浜原発の流れが日本全国に波及するように。私たち一人ひとりの声は小さいかもしれないけど、あげ続けていくことが何よりも大事だと思って、原発反対運動に参加していきます。


高忠

賛同します、原発の再稼働に反対です。


sanen-bana(satake kyoko)
賛同します。

佐竹 京子(奄美の藍染Tシャツ屋さねんばな)

「100匹目の猿」現象というのがあるそうですが、先日司法が高崎原発の再稼働にNO!を出したことに加えて
川内原発の再稼働にもNOを宣言してほしいと念じています。
市民の一人一人がNOの意思を訴えればそれは不可能ではないと思います。
声をあげることで、日本中の原発を廃炉にするための100匹目の猿に、あなたも私もなれるかもしれないとおもいつつ。がんばりましょう!


佐竹 京子(奄美の藍染Tシャツ屋さねんばな)

「100匹目の猿」現象というのがあるそうですが、先日司法が高崎原発の再稼働にNO!を出したことに加えて
川内原発の再稼働にもNOを宣言してほしいと念じています。
市民の一人一人がNOの意思を訴えればそれは不可能ではないと思います。
声をあげることで、日本中の原発を廃炉にするための100匹目の猿に、あなたも私もなれるかもしれないとおもいつつ。がんばりましょう!


橋本直行(日本キリスト教団)

絶対に再稼働させてはなりません。共にがんばりましょう。


奥地直樹

福島の現実を直視せよ!再稼働反対。


匿名
賛同します。

匿名
賛同します。

西山進(日本被団協)

 広島、長崎、ビキニ、そして福島と放射能被害はますます深刻に広がっています。高浜の司法の判断を待つまでもなく、原発は廃炉しかありません。再稼働は絶対やってはなりません。真実を隠して、ただ金もうけだけを目指して、突っ走る輩のたくらみを止めましょう。この国を亡ぼす原発再稼働はやめなさい。


西山進(日本被団協)

 広島、長崎、ビキニ、そして福島と放射能被害はますます深刻に広がっています。高浜の司法の判断を待つまでもなく、原発は廃炉しかありません。再稼働は絶対やってはなりません。真実を隠して、ただ金もうけだけを目指して、突っ走る輩のたくらみを止めましょう。この国を亡ぼす原発再稼働はやめなさい。


匿名

私は幼少時、病院の放射線治療で酷い火傷を負い今も苦しんでいる。被爆国の日本人は、本当に放射能、放射線の怖さを知っているはずだ。安全でも何でもない!原発を容認する人は、死にたい人なのだろうか?と疑問に思う。


後藤富和(弁護士)

子どもに笑顔の未来を残すため、原発再稼働は許しません。すべての原発を廃炉に。福岡から、九州から、日本を変えていきましょう。


山口 洋

原発の事故で現状の生活ができなくなった責任は誰も取らない。知事も取らない。本当に安全なら、安全だと言う人たちが資本をだして、事故の際に完全な補償ができる保険組合を作ってください。九州はすでに十分な蓄電池さえ開発すれば、太陽光発電で電気は賄えるはずです。


山口みほ

非科学的な基準を「科学的」と言い張る政府はペテン師だ。一刻も早く、安全に廃炉を進めよう。「廃炉」は一大事業なので、原発で収入を得ていた方々の仕事も無くならないはず。そのへんをもっと考えてアピールしてはどうだろう。市民はもっと団結できるはず。

前頁次頁
12345678・[9]・10