各地

「日本と原発」の自主上映会をしませんか?



去る3月11日、私たち「さよなら原発!福岡」は、ドキュメンタリー映画「日本と原発 ~私たちは原発で幸せですか?」の上映会を主催しました。
こうしたドキュメンタリー映画は、300名の観客があれば成功といわれています。今回の上映会では350名程の方が上映会に参加しました。関心の高さが伺えます。また、鑑賞された方々から、大変良かったと感想が寄せられました。また、映画を見てない人からも、ぜひ再上映をという声が多数よせられています。
この「日本と原発」は、多くの裁判で勝ち続けてきた辣腕弁護士の河合弘之さんが、原発訴訟にだけはどんな方法論を駆使しても負け続けた末、裁判闘争の限界を打破するためには、日本の政治の裏で何が行われているのか、広く国民一人一人が知る必要があると、制作を思い立ったものです。

「河合監督トーク」
「この映画の目的」について、一つは国民にこの映像を通して原発の問題を広く広げたいとのことであった。
上映を広くやってほしい。この映画は日本の原発問題の論点を、「本気でやれば、誰かが助けてくれる」が好きで、この映画は緻密な朋友弁護士 海渡雄一による脚本とプロの映像制作者の協力が得られ、本格的な作品となったとのことである。目的の二つ目は、裁判官を説得するため、原発問題の全体像を見せたいとのことであった。「伊方原発差し止め仮処分訴訟」では、裁判所で映画を見た。裁判官を説得するためには、やさしく、わかりやすく、科学的なものでなければならないと述べられた。

チェルノブイリの悲惨さや福島の現状を描く映画など、これまで数々の原発関連のすぐれた映画が公開されてきました。これはそうした原発映画とは一線を画する、まったく新しい視点から、日本のエネルギー政策のウソと真実を追求したすべての日本人必見の、感動のドキュメンタリーとなっています。

これは人々の意識を変え、行動を促す映画なのです。3.11から4年が過ぎ、原発事故への関心が薄れつつある中で、手遅れにならないうちに、皆様の地域や職場・所属団体・グループ・学校でも「日本と原発」の自主上映をしてみませんか?

上映DVD:ドキュメンタリー映画「日本と原発」DVD
       上映時間:2時間15分 制作年2014年 制作:Kプロジェクト

◆お問い合わせ、お申込み先◆
「日本と原発」の自主上映実行委員会・福岡
青柳行信「原発とめよう!九電本店前ひろば」
E-mail: y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
FAX:092-621-6211 携帯:080-6420-6211
※ 申込書